今年もワイン用葡萄、カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫が始まります。

こんにちは、大崎の田中です。

南魚沼の9月は長雨にたたられ、稲刈りが遅れています。

田んぼが乾かないとコンバインが、

デコボコ埋まったり傾いたり作業が進みません。

実った穂が重く稲が倒れてしまうので、

機械の前に棒で稲を起こす助手が必要になったりで、

さらに作業は難航して時間が掛かってしまいます。

農作業が天候に左右されるのは、昔も今も同じですね。

それでも9月末になり、あたりはすっかり秋らしくなりました。

実りの秋・味覚の秋です、そこで収穫間近のぶどう畑に行って来ました。

0
1-1
1-2
美味しそうなぶどうがいっぱい実っています。

これは水尾の「元気なスイカ」で有名な

エル・グリーンファームが販売している「八色葡萄ジュース」と、

カベルネ・ソーヴィニヨンジャムの原料になる葡萄なんです。

2
ここは八海山の大崎里宮の下にあるぶどう畑、山は朝もやが掛かり、

小鳥のさえずりと秋の爽やかな風が吹いて、のどかな里山そのもの。

3
向かい側は稲刈り前の田んぼと、その奥には坊谷山(ぼたんやま)が見えます。

夏にスイカを見に来た畑より、さらに山際です。

5反部ほどの畑に、赤ワインの代表的品種のカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。

この葡萄は収量は少ないが、味が良い事で知られる品種だそうです。

この近くでもワイン用の葡萄は沢山栽培されていますが、

葡萄の品種は色々あるのだそうです。

10年位前にワイン用に栽培を始めて、その後試作でジュースを作ってみたら、

あまりの美味しさに惚れ込んで、ジュース造りに転換したそうです。

4
毎年の天候次第で収穫日は変わりますが、今年は9/29と10/4の2回を予定。

たわわに実った葡萄が、収穫日を待っています。

この2回の収穫日に見学に行くと、無料で収穫のお手伝いができるそうですから、

是非ご自分で葡萄を確認してジュースを予約購入してみて下さいね。

5
ここにもありましたよ、畑の必需品、電気柵です。

八色スイカの時期にも大活躍でした。

八色スイカのブログはこちらから↓

【お待たせしました、シーズン真っ盛りになりましたよ、八色スイカです】

スイカの収穫が終わると葡萄畑に移設し活躍してもらいます。

何せ山際ですから、スイカより先に猿の被害が出たそうです。

猿も近場にこんな美味しい葡萄があったら大喜びでしょうね。

でも電気柵を設置してからは被害が無いとの事。

ソーラーで発電し、バッテリーに蓄電する優れもの。

本体とランニングコストは以外に少ないが、畑が広いので設置に掛かる労務費は大きいです。

(どんな仕事も、一番高いのが人件費ですからね)

6
秋ですねエ、赤とんぼがいっぱい飛んでます、

そして電気柵にもいっぱい止まっています。

(何とトンボは感電しないようです)

7
その回りには白と黄色の蝶チョたち、本当に自然豊かな風景。

8
草が伸びて柵に絡まると電気が逃げて弱くなるので、

電気柵の下は除草剤を撒いています。

ちょっとでも電気が弱まっていると、すかさず猿が寄って来るらしい。

知恵比べも大変。

9
トンネル栽培の畑の中は、除草剤を使用しないで草刈で、

きれいにお手入れされています。

10
苗は病気に強い山葡萄系を植え、それにカベルネ・ソーヴィニヨンを

挿し木にしているので、土から20㎝位の所から幹の感じが変わっています。

その土ぎりぎりの所を食い荒らす虫がいるらしく、

根から水分と栄養が上がらなくなると木が弱ってきます。

11
葉が紅葉のように赤くなって、落葉しています。

12
もっとひどくなると、木が茶色に枯れてしまいます。

でもこんな木は、広大な畑の中にたった2~3本しかありません。

常に目を掛け、気に掛け、手間を掛けている証拠、思い入れの強さがうかがえます。

13
虫にやられなくても、一番山際の列は水はけが悪く、

周りに水路を掘っても、なかなか収量が上がらないのだそうです。

ぶどうの房の数が全然違いますよね。

栽培の苦労は猿や狸の獣類だけではないんです。

この日は鳩も来ていました。どんな生き物も、美味しいものを嗅ぎ分けているようです。

14 15
この写真のように房の付き方も、実の付き方も一定ではありません。

同じ面積でより多くの葡萄を成らせる、尚且つ美味しくなくちゃですから手抜きはできません。

1.2m位で枝先を選定し、栄養を実に集中させているとの事。

他の畑で採れた葡萄と食べ比べると、その味の濃さにびっくりします。

糖度は20度前後、熟し過ぎて甘くなりすぎないよう

収穫時期を早めて調整するのだそうです。

(う~ん、スイカの時にも熟し過ぎてポサらないようにしてるって聞いたな)

ワイン用なら糖がアルコールに発酵するので、甘いほうが良いけれど

ジュースは皮も種も一緒に絞って、熱処理で発酵を止めているので

その年の葡萄の出来がそのままジュースの味になるのだそうです。

その上、他の葡萄を一切混ぜていませんので、この畑のこの葡萄で一発勝負です。

そんなジュースは珍しいのだそうです。

甘いだけじゃない、ワインのようなほんのり広がる渋み

そのバランスが難しいけど、それが大人の味を追及する

強いこだわりなのだそうです。

社長の佐藤浩之さんは、造園業でも各地に出掛け、

色々な葡萄ジュースを飲んでみるが、負けたと思った事がないと自信たっぷりに語ってくれました。

無加糖・無濃縮で保存料も無添加、

アルコールが苦手な大人にも、高齢者にも小さいお子様も

安心して飲めますから、贈答品にぴったりです。

(無加糖ですが十分甘くて美味しい、よく振ってから注いで下さい)

特に大瓶は、毎年早々に売り切れてしまう人気の品。予約した方が確実です。

お得意様からは、白ワイン用の品種も栽培して

紅白のセットで売ってくれと要望があるそうで、

今後の取り組みを検討中との事、飲み比べできる日が楽しみ♪

16 17
葡萄の収量に応じて、カベルネ・ソーヴィニヨンジャムも販売しています。

これも同じ畑で収穫した、南魚沼産ぶどう100%です。

私はパンに塗って食べましたが、

ヨーグルトやちょっと塩気があるクラッカー、チーズケーキにもピッタンコの美味しさですよ。

豊かな自然と豊富な湧き水で有名な、八海山の麓で栽培した自信作の

南魚沼産ぶどう100%の味を是非堪能して下さいね。

あぐりぱーく八色でも購入できます。

 

エル・グリーンファーム(園主:佐藤浩之)

新潟県南魚沼市水尾126

Tel 025-779-3270

HP http://lgreenfarm.sakura.ne.jp/

メール l.green@estate,ocn.ne.jp

 

記:田中 せつ子

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 | コメントする

第5回「雲天きのこと山菜の会」のご案内です!

こんにちは~

高野友香です☆

 

日暮れが早くなりましたね~

風も冷たくなり、すっかり秋です。

 

秋といえば、きのこ~

きのこといえば、山~

山といえば、巻機山~

巻機山といえば、雲天~

雲天といえば、山菜と鮎!

でも、秋なんできのこの会☆

(春には山菜の会も行いました♪ http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=35548)

 

%e9%9b%b2%e5%a4%a9%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e5%a4%89%e6%8f%9b%e5%be%8c-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%a4%89%e6%9b%b4%e5%be%8c
お待たせしました~

第5回

「雲天きのこと山菜の会」

山にきのこ、取りに行くんです。

もー、美味しいのなんの!

春の山菜も、ちゃんと保存してあるので、食卓に並びます。

そして、またまた、やりますよ~餅つき!

だって、大好評なんですもん。

大根おろしでいただくつきたてのお餅の美味しいこと!

いくらでも食べれちゃうんです☆

も~たまりません。

甘さ控えめの、王道あんこもあります。

 

秋は日暮れが早いので

素晴らしい大広間の借景が見れるよう

今回は初の試みで

日曜開催!

17時30分~開宴と致しました☆

 

10月30日(日)

17時30分~19時30分

また、六日町駅、塩沢駅に送迎車が出ます。

皆さま、

秋の味覚を愉しみに、雲天へGOです!

泊まっちゃうのもありですね!

 

お申込みは雲天へ☆

※電話に出られる時間は 18時~22時の間です!

 

山の宿 雲天

新潟県南魚沼市清水674−348

025-782-3473

http://unten-fan.com/room/

 

記:高野 友香

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 温泉&お宿 | コメントする

10月1日(土)に龍言で素敵なイベントがあります(^^♪

こんにちは。初田敏美です。

豪農の館「龍言」で毎月イベントが開催されています。

10月のイベントは何かな~と思いお邪魔しました。

00 01
龍言の門をくぐると、手入れの行き届いたお庭と水の音に安らぎを感じます。

玄関脇にも湧き水がありました。

02
龍言は六日町の豪農の館・塩沢の庄屋屋敷などを移築した歴史ある古き良き建物。

フロントもとっても雰囲気がよく、趣きがあります。

03
「ごめんくださ~い」

おっ!いいもの見つけました。

04
お着の際、太鼓を一打願います。

ボンと一打打ちました。

05
何回かお邪魔しているのですが、今回はじめて太鼓を発見しました。

 

龍言のイベント企画を発案されています須藤歩さんからお話を伺いました。

06
10月1日(土)は新月。

新月は月と太陽が重なったため夜空には月が出ていない日。

新しいことを始めるのに最適と言われています。

龍言では「新月の日、豪農の館で天と地を味わい尽くす」イベントが開催されます。

07
今年の7月7日に開催しました「七夕の会」に引き続き、講師は『景山えりか』さん。

(七夕の会のブログ↓)

http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=36494

景山えりかさんは、星の文筆家・暦文化研究家。

08
(この写真は七夕の会の時、八海山ロープウェー山頂にて)

「星空を人生の一部に」をモットーに、星空や宇宙の魅力を伝える記事を多数執筆。

一方、暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーの入れ方やブレンドのコツが学べる

「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰。

イベントは昼と夜の二部構成。

昼「ハーブの会」

自然のリズムに合わせたお茶を楽しみながら、心身を穏やかにするティーセラピー

こちらは定員30名様、満員御礼(^^)

私はハーブやアロマが大好きなので、とっても興味があります。

 

夜「星の会」

17:00  受 付

17:30  講 座  今の季節の星空のお話をしていただきます

18:30  お食事  秋の味覚をお楽しみいただけます

19:30 星空観測出発 八海山ロープウェーで山頂へ

21:30 龍言到着・解散

★料金 10000円(税込)

★定員 50名様

こちらは、ご予約受付中です(^^♪

ご予約・お問い合わせは、龍言 電話025-772-3470まで

前回(七夕の会)は残念ながら星空は見られませんでした。

霧で真っ白の中、八海山ロープウェーで山頂に向かう時が私は面白かったです。

今回はリベンジですね。

今の時期の八海山ロープウェー山頂、夜の気温は約10度。

※寒いので、温かい服装でお越しください。

 

11月のイベントも決定

09
詳しくは後日ご案内いたします。

 

温泉御宿 龍言

南魚沼市坂戸79

電話025-772-3470

http://www.ryugon.co.jp/

 

記:初田敏美

カテゴリー: ニュース, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告, 温泉&お宿 | コメントする