越後上布ができるまで その2~「織り」の準備~

 

こんにちは、上村絵美子です。

越後上布の「100日講習」シリーズ。

前回は越後上布を織る前の「糸つくり」の工程をご紹介しました。

越後上布ができるまで その1~糸つくり~

 

経(たて)糸を筬(おさ)という櫛のような道具に通した後は

いよいよ“織る”ための準備です。

 

まずは「千切り(ちきり)巻」。

筬に通した経糸を整えながら「千切り(ちきり)」という道具に巻き取っていきます。

糸のテンション(張り)を均等にするため

重しの乗ったソリを糸の端と繋ぎ、巻き取ります。

単純な作業ですが、ただ巻くだけでなく糸筋を整えながらの作業のため

千切り巻だけでも一週間近くかかります。






 

次は「綾(あや)掛け」です。

経糸には伸べ作業の際につくられる

「綾」という糸が交差した部分があり、

この糸が上糸と下糸の2本で一組(一羽といいます)となっています。

綾掛けという作業を行うことで、上糸と下糸を分けて

経糸に緯(よこ)糸を通す開口部をつくることができます。

 

2本一組になっている経糸を上糸と下糸に分け…


 

下糸を一本ずつ糸に掛けていきます。





 

そして、緯糸は「管巻(くだまき)」という作業で

小さな竹管に糸を巻き取ります。

この管を次々と取り替えながら織り進めていきます。


 

その他にも必要な道具をセットし…

これでようやく織る前の準備が終わりました。


 

越後上布は1955年に国の重要無形文化財総合指定第一号に指定、

2009年には日本の染織では初めてユネスコ無形文化遺産に登録されており、

重要無形文化財指定要件が5つあります。

1.すべて苧麻を手うみした糸を使用すること。

2.絣模様をつける場合は手くびりによること。

3.いざり機で織ること。

4.しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること。

5.さらしは、雪ざらしによること。


 

ということで、「織り」の工程は「いざり機(ばた)」が使用されます。

いざり機は地機(じばた)とも呼ばれる機具で、

千切りに巻いた経糸を腰に巻いたベルト(シマキ)で張り

綾に掛けた下糸を足を使って動かすことで緯糸を通し

身体全体で織物を織りあげるもので、原始的な織機です。




 

いざり機の織りは、杼(ひ)にセットした緯糸を

経糸(上糸・下糸)の間を通すことで織っていきます。

いざり機の杼は緯糸を通すだけでなく、緯糸を打ち込むという役割も持っています。

筬も糸の打ち込みに使用しますが、筬で経糸を整理し一定の間隔を保っています。



 

あとはひたすら経糸に緯糸を通し、打ち込んでいくのですが…

これもただ糸を通して打ち込むだけではありません。

次回は「織り」についてさらに深くご紹介したいと思います。

 

 

それから、毎年恒例の越後上布体験講座が3月2日(土)に行われます。

越後上布についての講義や各種技術(糸つくり・絣くびり・織りなど)の

見学・体験、雪ざらし体験ができます。

以前のブログで参加レポートもありました。

越後上布体験講座

現在、体験講座の参加者を募集中だそうです。

定員は50名で先着順となっておりますので、

興味のある方はお早めにお申し込みくださいませ。

講座の詳細や申し込みにつきましては、こちらのページからどうぞ↓

越後上布体験講座 参加者募集(南魚沼市HP)


 

また、当日は雪ざらしのみの見学・撮影も行われる予定です。

こちらは事前申し込み不要とのことですので、

この機会に雪国の文化、越後上布に触れてみてはいかがでしょうか。

《雪ざらし実演》

日時:3月2日(土)11:00~12:00、14:30~15:00

場所:塩沢中学校グラウンド(新潟県南魚沼市中778-1)



 

☆重要無形文化財 越後上布・小千谷縮布 技術保存協会

HP http://www.johfu-chijimi.jp/

FB https://www.facebook.com/ojiyachijimi/

 

 

記:上村 絵美子

カテゴリー: おばあちゃんの知恵袋, 南魚沼のイベント情報とご報告, 生活情報 衣食住 | コメントする

冬を乗り切る郷土料理

 

こんにちは!VITAの廣田誠です。

 

12月末の雪不足が嘘のように年末年始と雪が降り、

気がつけば例年並みの積雪量。

さすが雪国ですね。

 

早めに滑りに行きたいと思っていましたが、

道具の準備が間に合わずいまだに滑りに行ってません・・・。

そろそろ支度をして初滑りをしてきたいと思います。

 

さて、今回は厳しい冬を乗り切るために

先人が知恵を絞って考案した冬の料理を紹介したいと思います。

 

まずは定番のお餅をアレンジした「揚げ餅」。

これはレシピ不要かと思いますが、大根おろし、かいわれ大根など

付け合せを工夫すれば飽きずに食べることができます。

 


 

「煮菜」。

そのままでも美味しい野沢菜漬けですが、

煮ることでちょっと優しい味に変わります。

 



 

昔ながらの定番「ぜんまい煮物」。

春に採ったぜんまいを揉んで揉んで乾かした手間暇のかかる高級食材。

子供の頃は理解できない味でしたが、

大人になった今は一本一本味わって食べています。

 



 

ちょっと贅沢な「具沢山雑煮」。

お正月の定番料理である雑煮ですが、

ハレの日でもケの日でも雑煮はいつ食べても美味しいですね。

お好みでいくらを数の子に変えても良いかもしれません。

 



 

昔の貴重なタンパク源「乾燥にしん」を使った雪国の定番。

昔はどの家庭の食卓にもありましたよね。

子供の頃はにしんが苦手で白菜だけを食べてました。

今ではごはんのお供に、酒の肴にと大活躍の一品です。

 



 

そして最後に子供の頃の好物だった「大根菜めし」。

おばあちゃんの作る菜めしは本当に美味しかった思い出があります。

 



 

最近ではついつい手軽なコンビニで済ましていまいがちですが、

やっぱり手作りの料理が一番!

 

今は雪が降れば除雪の皆さんが昼夜問わず出動してくれ、

道路が雪で通れないなんてことはありませんし、

流通網の発達で食べたい時にどんなものでも購入することができる時代です。

でも、たまには雪国のDNAに染み付いた

冬の定番料理を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

記:廣田 誠

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■VITA湯沢

ホームページ

http://www.himawari-vita.com

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/VitaYuzawa/

カテゴリー: おばあちゃんの知恵袋, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 生活情報 衣食住 | コメントする

蕎麦の実演販売、面白かったです!

こんにちは、南魚沼出身・東京都在住の瀧澤由紀です。
2019年も南魚沼で迎えることが出来ました。
Uターンラッシュの乗車率もニュースになっていましたが、
「こんなに新潟へ帰る人がいるなんて…すごいことだな!
寒くても混雑してても、やっぱ帰りたいよねー!」と考えながら到着すると、
やっぱり安心感が溢れてきました~。


大晦日に六日町のショッピングセンターララへ買い物に出ると、あらら何か人だかり。
そばへ行ってみると、六日観光町協会の皆さんが蕎麦の実演販売をしていました!
わあー面白い。順番に行程が見られました。
先代のロールびきという製法を受け継ぎ、
地元で育てた蕎麦を丸くのして丸めて切ります。
この大きな丸からだいたい8人前ができます。


県知事認定講師として、蕎麦打ち体験や指導もされている方々なので、
手は動かしたままお話もとても面白いんです!
気持ちいい音を立てて桑原さんが蕎麦を切り、
容器に入れると間もなく「ひとつください」と売れていきます。
久川さんが「ありがとうございます、切り立てですよ。ゆで方はね…」
と笑顔で対応しながら、てきぱきお会計。
ちょっとしたコツを教えてもらえるのは嬉しいですよね。
なんと30年続く毎年恒例の実演販売なので、
楽しみに買いに来るお客さんが多いのも納得しました!
色々質問したり、長く足を止めてみている方も大勢いました。


また、県外から毎年蕎麦打ち体験に見える、小,中学校や幼稚園もいくつもあるそうです。
東京都内からは江戸川区、武蔵野市等からも!
すごくいい取り組みですよね。毎年楽しみな行事なのでしょうね。
製法やこだわりに誇りを感じ、初めて知ることばかりでとても面白かったです!

我が家も切り立てを購入してきたところ、
ぎゅっと詰まって香り豊かなお蕎麦で、味が濃い!
ペロッと美味しく頂きました!


蕎麦打ち体験やってみたいねと盛り上がり、ホームページを見てみました。
蕎麦打ちの他にも笹団子作りや田植えも体験できるそうで
年間通して家族で楽しめますね。
長女は、夏休みの自由研究にやりたいと言っていました。
蕎麦もやってみたいし笹団子も美味しいよね、どっちがいいかなーと気の早いこと!
どちらも経験させてあげたいなと思いました。

帰宅すると、母のお友達がこんなプレゼントを持ってきてくれました!
切り絵です。これ、よく見るとそれは細かい細工でびっくり‼
そして、このミニサイズの作品にさらにびっくりしました。


実は小指の爪より小さい、超ミニミニサイズもあり、ワイワイ観賞させてもらいました。
製作は桐生誠さん。絵画も素晴らしい作品を描く方で、大和病院のギャラリーでも観賞できます。
大切に飾り、お気に入りのスペースになりました


今年も皆様にとって素敵な一年でありますように!
今回もお付き合い、ありがとうございました!

http://www.muikamachi.jp/taiken/_src/sc1992/sign.pn

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 生活情報 衣食住 | コメントする