杜氏のおはなし

こんにちは。青木酒造の阿部勉です。

 

突然ですが、酒造りを行っている従業員を

弊社では蔵人(くらびと)と呼んでいます。

おおむね全国でもそう呼んでいる酒蔵が多いと思いますが、皆さんご存知でしたか?

その蔵人のトップを杜氏(とうじ、とじ)と言います。いわゆる監督です。

現在ではだいぶ減ってきているようですが、

昔の酒造りは主に季節労働の出稼ぎの仕事で、

農家や漁師さんなどが冬期間の仕事ができない季節に酒蔵に入り、

期間中は住み込みで酒造りを行っていました。

弊社も前任の杜氏まではこのような体制でしたが、

今は杜氏、蔵人共に年間雇用の社員体制となっています。

 

さて、現在の青木酒造の杜氏は今井隆博といいます。

南魚沼出身で、40年以上弊社に勤め、

酒造り歴も20年以上のベテラン社員です。

社員ではありますが、杜氏という役職で、

現在は小千谷杜氏組合にも属しています。

(小千谷杜氏組合とは、古くは小千谷に優れた杜氏、

蔵人集団があったため、その歴史と技能を引き継ぐべく

集まった魚沼地区の杜氏組合です。)

kakurei33.1
 

その小千谷杜氏組合が主催する第60回自醸清酒品評会が、

4月17日に小千谷市で開催されました。

IMG_8152
IMG_8153
IMG_8154
 

この品評会は、小千谷杜氏組合に在籍している杜氏が

自ら醸した酒を持寄り、5名の専門審査員の方々から

利き酒をしてもらい採点していただきます。

今回は12蔵60種類の酒が集まり、南魚沼からも

弊社の他にもうひと酒蔵の酒が出品されてました。

60種類の酒は1審(予選)と

1審を通過した酒を再度採点する2審(決勝)の

2回の採点の合計で順位が付けられます。

舌に神経を集中させ、味、香り、そのほかの様々な香味成分の

バランスなどを採点していく、結構大変な作業です。

審査の後、私も全60種類利き酒しますが、

どれも甲乙つけがたい味わいでありました。

IMG_8156
IMG_8157
 

さて、即日審査発表となり、結果は、

有り難いことに今井杜氏が醸した鶴齢大吟醸が

小千谷市長賞(第1位)を受賞させていただきました。

IMG_8163
IMG_8165
 

今井杜氏は今年4月の誕生日で満60歳、

この品評会も同じく60回目という事で、非常に喜んでいました。

今井杜氏いわく、前杜氏がよく言っていたことは

「酒造りは毎年が1年生。

今年の米、気候、環境がすべて去年と違う中での酒造りなので、

去年と同じ作業は一つもない」と言われたそうです。

今年のこの酒造りも一筋縄ではなかったようで、

今までの杜氏としての酒造りの中で一番大変だったと言ってました。

その中でこの賞を頂けたことは嬉しく、

また酒造りに携わる者の醍醐味でもあるのかもしれません。

IMG_8155
 

この酒と同スペックの酒は

6月1日に「限定 大吟醸生詰原酒 牧之」として

限定1000本発売されます。

よろしけばお買い求めいただき味わっていただければ幸いです。

生詰牧之720
 

これからも皆様に美味しいと言っていただける酒を造り、

皆様にお届けできるよう杜氏、蔵人、社員一同精進いたします。

 

 

記:阿部 勉

 

青木酒造 株式会社 HP

http://www.kakurei.co.jp/

青木酒造 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/kakurei1717/

カテゴリー: ニュース, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 | コメントする

仕込みもそろそろ終了。

 

髙千代酒造の中澤智です。

配達・外回りをしていると、ぽかぽかで気持ちいい季節になりましたね。

春も山菜の天ぷらなどにきりっとした日本酒が楽しめる季節となりました!

 

また、前回のブログでご案内させていただきました

弊社の5月の蔵びらきイベントは、受付当日に満員御礼となってしまいました。

申し込みいただきました皆様、有難うございます。

200名限定のイベントでして、参加できなかった皆様には大変申し訳ございません。

①
 

さて、酒蔵の中も仕込みがあと少しとなりました。

ですが、仕込んで最後しぼるまでが酒造りです。

来月頭には「甑(こしき)だおし」というお祝いもあります!

そしてその約1か月後に「皆造」というお祝いをして

無事に今季の仕込みが終了となります。

 

よく、皆様より「何のお祝いですか?」という質問がありますので

今日は「甑だおし」とは、をご紹介します!

(各蔵異なりますので弊社の場合です。)

 

仕込みの工程は以前紹介させていただいてます。

初回のブログをご覧ください。↓

はじめまして!髙千代酒造の中澤 智と申します。

その中の、お米を洗米して蒸かす作業の工程が終わるのが「甑だおし」といいます。

 

〈甑とは〉
お米を蒸すための道具として古くから日本酒造りに使用されている木製の甑(こしき)。
甑(こしき)は古代中国を発祥とする米などを蒸すための土器。需とも。
竹や木などで造られた同目的のものは一般に蒸籠と呼称される。
日本各地の遺跡で発見されており、弥生時代には米を蒸すための調理道具として使われていたと考えられる。
※ウィキペディアより引用

 

上では木製と書いてありますが、弊社の甑はステンレスの釜です。

 

まずは使用するお米を洗米します。

②
③
 

そして高圧の蒸気で一気に蒸かします!

④
 

こちらがステンレスの釜です。

約1トンは最大入ります!

⑤
⑥
 

蔵内はお米の蒸した香りが漂います!

⑦
 

蒸かしたお米は各セクションに運ばれます。

⑧
 

ここまでは、酒米を蒸かす「甑」の役割です。

 

「甑だおし」とはその役割が終わり、蔵の作業はひと段落し、

無事終了を「酒造の祖神」に感謝し、蔵人によるお祝いをします。

 

ちなみに弊社は「入蔵祝い」「初しぼり祝い」

「甑だおし」「皆造」の4つのお祝いがあります。

もちろん飲み物は日本酒オンリーです(^^)

 

お祝いの席には「造り唄」もあります。

弊社フェイスブック動画でその様子をご覧ください。



 

残りもあと少しですが、最後まで気を引き締めて酒造りに邁進していきます。

是非これからの季節も日本酒を飲んでください!

 

 

記:中澤 智

 

髙千代酒造 ホームページ

http://www.takachiyo.co.jp/

Facebook ページ

高千代酒造株式会社 Takachiyo Sake Brewery Co.,LTD フェイスブックページ

カテゴリー: ニュース | コメントする

地元食材にこだわり!『菓子杜氏 喜太郎』

こんにちは、原 恵子です。

満開だった桜の花🌸も散り始め、山々の緑も濃くなり、
日毎に春の息吹を感じられるようになってきました。
私も昨年の4月に異動で来させて頂いて、まる1年たちました。
「南魚沼 2年生」になりました(^-^)。
近々カメラを購入する予定でいるので、今年は南魚沼の四季折々の風景など、
昨年以上に写真に収めていきたいと思っています。

この4/28(土)に、新潟にいる会社の同僚が、
南魚沼に遊びに来てくれることになりまして、
どこに連れて行こうかあれこれ考えた結果、みんなの希望も取り入れ、
牧之通りにしよう!ということになりました(^-^)。

16
今回のおもてなしのリサーチも兼ねて、先日
牧之通りにあるお菓子屋さん「菓子杜氏 喜太郎」さんに行ってきました。

1 15 14 2
鈴木牧之の「北越雪譜」の中に、
「江戸の腕の達つ菓子職人が独立して商いをする」という話が描かれているそうで、
その菓子職人の名が「喜太郎」だったそうです。
喜太郎の作ったお菓子が当時の多くの人々に喜びと感動を与えたということで、
お店の屋号を「菓子杜氏 喜太郎」と命名されたのだそうです。
お店の方の想いがこもっていますね。

お店の中に入ると、静かなBGMが流れていて、落ち着いた雰囲気になっています。

ショーケースにはおいしそうなお菓子がずらり。

4
地元の代表的食材である魚沼産コシヒカリの米粉・魚沼産牛乳・
新潟県産赤たまご・佐渡産バター・笹川流れの天然塩など、
魚沼や新潟県内産の食材にこだわっているとのことでした。
地元の生産者の方々の想いもギュッと凝縮されているのですね。

看板商品は、「半熟かすてら」。
プレーン・ショコラ・レモンの3種類あります。

10 11 12
この半熟かすてらは数々のランキングで上位を飾り、
著名な方々が選ぶお土産ランキングの雑誌などでも上位の評価をいただいているとのことです。
私も自分で食べたことがあり、優しい風味に感動して、
おもたせでお客様に差し上げたら、その方もとても喜んで下さいました(^-^)。

店内にはこの他にもたくさんの地元食材を使ったお菓子があります。
目移りしそう。

3 5 6 7 8 9 13
私は今回、米粉のマカロンを自分へのおやつに買い、
店員さんと牧之通りや桜🌸のお話で盛り上がり、お店をあとにしました。

牧之通りの雁木にところどころ綺麗な桜の紙飾りが吊るしてあり、
春らしさを感じさせてくれていますね。

17
この冬が例年にない大雪だったせいもあり、
春の訪れがこんなにも嬉しいと体感しています(^-^)。
地元のおいしいものを食して体の中に入れて、
地元のいいものをたくさん見て、触れていきたいとあらためて思いました。

春夏秋冬、食欲の衰えない「南魚沼 2年生」原 恵子でした。

皆さま、牧之通りにお越しの際は、
ぜひ「菓子杜氏 喜太郎」さんを訪ねてみて下さい。

《菓子杜氏 喜太郎》
新潟県南魚沼市塩沢229-1
TEL 025-775-7405
HP http://www.kitaro.jp

記:原 恵子

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 | コメントする