日本最大級の雪室 もうすぐ完成

こんにちは。

勝又沙智子です。

 

突然ですが、私の勤務先、八海醸造の「魚沼の里」に

日本最大級の雪室がもうすぐ完成します!!
003.雪室

 

雪室とは、冬の間に降り積もった大量の雪を、

専用の建物、部屋で貯蔵することで、

低温・多湿・暗所環境を保つスペースです。
002.雪

 

一定の低い温度を保てる空間は、

温度変化に繊細な日本酒の熟成保蔵にぴったり。

 

また、雪室は、家庭用の冷蔵庫とは違い、

低温を保つだけでなく、雪の力で多湿を保てるため、

秋に収穫される大根、人参、ジャガイモ、白菜といった

野菜の保存にも期待が持てます。

 

野菜の保存は、冬場の保存食としてだけではなく、

低温糖化効果により(でんぷんが糖に変わり)、

甘みが増して、まろやかな味になるとも言われています。

 

このような施設を、電気などのエネルギーを極力使用せずに、

暑い夏まで低温管理が出来ます。

近年、環境問題がさけばれていますが、

まさに、これからの未来に期待が持てる設備なのです。
003.雪室

 

昨年の秋から工事が進んでおり、

先月3月には、初めての雪入れ式を行ないました。

 

運ばれた雪の量はおよそ1000トン。

 

1000トン、、、

重香リーダーの体重が40kgだから、、、

→ちなみに、誰がなんと言おうと40kgですっ(汗)。

(さちこちゃん いいこちゃん いいこちゃん   重香より)

重香リーダー×2万5千人分の重さ!!ということになります。

(※ちなみに南魚沼市の人口は約6万人)

すごい量です!!

 

スコップでえっちら、おっちら、と入れるような量ではないので、

大型の重機をつかって入れられ、

今後、日本酒や食品が入れられます。
004.雪入れ

 

同施設内には、

「米・麹・発酵」をテーマとした「雪室千年こうじや」をはじめ

キッチン雑貨を扱う「okatte」も併設すべく、只今内装工事が

すすんでいます。

 

この巨大な「雪室」は2013年6月末を目標に

駐車場も整備して、一般公開できるよう準備中。

進捗状況は、随時こちらのブログでも御紹介しますので

どうぞ御期待ください。
005.千年

 

記:勝又沙智子

写真:渡辺一城 (雪景色、雪入れ)

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

日本最大級の雪室 もうすぐ完成 への2件のフィードバック

  1. 桑原 清四郎 のコメント:

    これは素晴らしい!本当に素晴らしい。低温・多湿・暗所環境・・・いいですね。
    雪国です。雪を活かさない手はありません。

    おいしい大根、おいしい人参、美味しいジャガイモ・・・いいですね。
    新鮮で美味しい白菜・・・いいですね。

    甘みが増して、まろやかな味になる。
    更に更にいいですね。

    “まちおこし”になります。

    ご活躍を祈ります。

         
     南魚沼応援団員 桑原清四郎

    • 勝又沙智子 のコメント:

      桑原清四郎さま
      コメントありがとうございます!!
      今から3年前、女子プロ発足直後メンバーみんなで
      雪室貯蔵のコシヒカリ販売で人気の倉友農園さんを
      特別に見学させていただきました。
      まさか、自分の勤め先で雪室事業を始めるとは
      そのときには夢にも思いませんでした。
      例年ですと、大雪が降ると、除雪作業等でテンションが
      下がってしまうのですが、
      今年は、雪室に入れる雪がたくさん降ってきたー!と嬉しくなりました。
      天の恵みに感謝して、皆さんに喜んでいただける場所にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.