初!金城山

こんにちは。小林昌子です。

南魚沼エリアに名山が沢山ありますが、まだ登ったことがなくて
とても気になっていた山が「金城山」です。

kinjousan-top[1]
小学校の時も中学校の時も、必ず「校歌」にこの山の名前が入っていて
子どもの時から
馴染みのある山。
地元を車で走っていても巻機山と坂戸山に並んでいつも見える山。

その山容はまさしく「金」という漢字のような どっしりとした「山」。
まさに山の名前の由来も「金」という字から来ているという一説もあるのだそうです。

地元で登山をする人に聞くと「キツイ山だよ~」と口を揃えます。
標高は1,369mでさほど高くはないのですが 高低差は1,100m以上!!\(o)/!
ロープウェーもゴンドラも無いし・・・(-_-;)
「キツイ」と聞き、心なしかずっと避けていたのですが(汗)
友に重いお尻を押され、登ってきました金城山!

キツかった!!急だった!!足がすくんだ!!んですが、
もう、感動の一言です!! こんなに素晴らしい山だなんて・・・

私達、女子プロ登山部は観音山コースから登りました。
(23年7月末の新潟・福島豪雨災害の影響で入山禁止のところがあります。)
※こちらを参考にしてください。市内登山道状況一覧


一合目二合目と調子よく登り、
どんどん視界が開けていくと、途中広場があったり、
見晴らしのいいビューポイントがあります。
緑の田んぼが綺麗♪

2014-06-26 06.01.32
六日町のシンボル的存在の「坂戸山」がジオラマのように見えます。

2014-06-26 07.50.39
戦国時代の山城の様子が見てとれます。 実城・大城・小城が眼下に!
これは金城山からしか見れません。感激!

どんどん急になり写真を撮る余裕がなくなってきました。
でも・・・八海山がドーンと目の前に!

2014-06-26 08.43.27
迫力あります。

もう3時間は経ってます。七合半くらい登ったその時!!
颯爽と登ってくる青年が!!

2014-06-26 08.39.42
TシャツにはRUNBAKAと書いてある。 私達よりも2時間以上遅れて登ってきたのに
もう合流するとは・・・ここまでどんだけのスピードで来たの?
いったい何者?

2014-06-26 09.03.18
市内在住のともひこ君!走ること、山登り、トレイル大好きな RUNBAKAチームの
ともひこ君です!


RUNBAKAはまた後程、詳しくご紹介するとして、 彼はこの金城山を主にトレーニングの場としているのです。
おそらく今年、金城山に登っている回数としては世界一の人!

ここから上の登りはともひこ君にアシストしてもらいました。
急斜面が続く8合目から上は、岩もあり、鎖場、ロープが連続します。

水害でごっそり崩れた場所も!

2014-06-26 09.26.59
 

もうすでにバテバテな私。
ともひこ君はゆっくりペースに合わせてくれ、時々登山道に落ちているゴミや
落し物の軍手やタオル(汚れている)を拾って山を清掃しながら登ります。
本当に自然を大切にしているんだなぁ…と思いながら、でも、苦しくて口には出せず(汗)


と、その時、ともひこ君が
「もう少しです!すごい景色が待っていますよ~」と言って
励ましてくれました。

最後の力をふりしぼり・・・一歩一歩・・・
なんという事でしょう・・・

2014-06-26 09.51.37
2014-06-26 09.51.31
迫力ある絶景。そして越後三山と百名山巻機山の稜線がすぐそこ。
上信越の国境の山並み。

1403842334184

そして、今立っている場所は、後方の尾根に沿って1,000mあまり、 屏風をめぐらしたような壮大な岩壁。 「百間ベザイ」と呼ばれる意味がわかりました。
壮観です。

2014-06-26 09.52.32
 

と、と、と、ともひこ君!!
見ているだけで怖いからそんな事やめて~()

絶景を見ながら平らな岩場(自称:ともひこ君の別荘)で頂いたお昼ご飯は最高でした!

1403842369092
1403842397059  

でも、昼食後、この急斜面を下らなければいけない…という事は
わかっていても、しばし嬉しさに興奮する私。
下界は猛暑だったこの日


1403842399515

山頂で涼やかに神様が造った自然の造形美を楽しんだ一日でした。

皆さん、金城山。素晴らしい山です。
明日の29日には地域の方が刈払いをするそうです。
一段と見晴らしもよくなり登りやすくなりますよ。ぜひお出かけください!
山の装備は厳重にお願いします♪

無事下山して、最後にともひこ君が好きだという登山口の
「夢」の碑の前で記念に一枚。
ともひこ君、お世話になりました。

1403842382381
 

記:小林 昌子

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

初!金城山 への1件のフィードバック

  1. 羽吹桂一 のコメント:

    六日町に親戚が集まる中、僕自体は中野区の生まれなもので、登山はするものの未だに金城山は下から眺めるだけに止まっています。
    さてと! このブログを見させていただいて久しぶりに空を見上げて、町を見下ろそうかと思います。
    その前に中年特有のこの腹をなんとか削り取ってから出発します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.