美女と美景と美酒と共に世界のMUNAKATAに酔うVOL.2

こんにちは。
勝又沙智子です。

南魚沼は秋真っ盛り!
今泉記念館アートステーションの窓からの景色も絶景の秋色です♪

1

いつ来ても、こちらの建物の窓と、景色のバランスは最高です。
よくぞ、ここに素敵な窓を設計してくれましたというポジションなのです。
癒されます~。

2

この今泉記念館で開催された
「美女と美景と美酒と共に世界のMUNAKATAに酔うVOL.2
のイベントに参加してきました!

3

イベントは、棟方志功のお孫さん、
石井頼子さんのサロントークから始まりました。

今回のテーマは
棟方志功を代表する作品、

「釈迦十大弟子」の作品がテーマです。

これらの作品は、棟方志功35歳の時、
上野興福寺須菩提にインスピレーションをえて
わずか1週間で10(10)もの作品を彫り上げたそうです。

ところが、今泉記念館アートステーションの収蔵作品は、
10人すべて、紙のサイズが違ったり、印の位置がちがったり、様々。

というのは、棟方志功は、版画を一度に刷り置くのではなく、
注文が来た時に、注文が来た分しか刷らなかったのだとか。

つまり、コレクションをされた実業家田中氏は、
これら10人を
長い時間をかけて情熱をもって集められたということのよう。

とても貴重なコレクションということがわかると、楽しみ方も変わりますね。
その違いは、ぜひ現物を確かめにいらしてください!

他にも、石井さんのお話は楽しくて、ますます棟方志功さんに魅了されてしまいます。

そして、このイベントの醍醐味、
日本酒が注がれたグラスを傾けながらの作品鑑賞!
お酒は南魚沼市内の3蔵(高千代・鶴齢・八海山)の、しかも、すべて大吟醸です!!!

4

 

ワイングラスの名門:RIEDELのグラスで楽しみました。
ワイングラスがこれだけ並ぶと、もう、圧巻です。

5

 

まずは、展示室に向かう廊下、今泉記念館自慢のこの窓からの眺め。
『この窓からの景色に惚れこんで今回の企画がはじまりました』

というプロデューサーの妹尾理恵さんは、
夕暮れの景色をみなさんに楽しんでいただくために、
日が沈む時間を研究し、サロントークの時間を調整されたというから
心の配り方が違います!

6

 

そして、何もかもがおしゃれで上品。

7

8

 

夕日を満喫したのち、紳士・淑女の皆様が作品と上質な空間を楽しんでおられました。

9

 

会場には、海洋冒険家の白石康次郎さんの姿も。

10

 

さりげないおもてなしは南魚沼の秋の色。

11

12

 

前回に続き、HATAGO井仙さん(http://hatago-isen.jp/)のスタイリッシュな
お料理も秋の味覚がズラリ。


13

13-2
 

この地域ではおなじみ、秋の味覚、菊の花はきれいなだけでなく美味しい~。

14

 

手づくりのマカロンも女子は見逃せません。

15
 

他にも新米コシヒカリやもち豚などおいしいものが盛りだくさんでした!
日本人に生まれてよかった~♪

こちらが、サロントーク講師の石井頼子さん()と、
イベントプロデューサーの妹尾理恵さん()

16

妹尾さんは、塩沢紬のお着物を素敵に着こなしていらっしゃいました。

たくさんの方々と会話も楽しみ、大満足の夜でした。

お料理と日本酒を堪能しながら作品を鑑賞できるのは、
このイベントの一日限りでしたが、
今泉記念館 アートステーションでは
棟方志功の作品が常設でお楽しみいただけます。
それも、美人画が盛りだくさんの珍しい美術館です。

17
 

棟方志功の版画(板画)に施された色は
鮮やかで気持ちを明るく元気にしてくれます。
南魚沼の四季折々の景色と合わせれば
絶好のエネルギーチャージスポット。

敷地内には道の駅「ゆきあかり」もあるので
絵画鑑賞後に南魚沼の美味しい産物もズラリとそろいます! 
ぜひお立ち寄りください。

■道の駅南魚沼 今泉記念館アートステーション
開館時間:9時~17時(入館受付は16:30まで)
休館日:展示替期間等 入館料:一般500(団体400)/小・中・高校生250(団体200) 未就学児無料
公共交通:JR越後湯沢駅から六日町行きで約15分 博物館下車、徒歩3
タクシー JR石打駅から約6分 (1200円程度)
自動車:関越道塩沢石内ICから約6
駐車場:162

949-6363 新潟県南魚沼市下一日市855
 TEL 025-783-4500

私たちのHPでも紹介しています。
http://www.joshi-ryoku.jp/index.php?id=245


記:勝又沙智子

 

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.