ほてる木の芽坂「季節の料理を愉しむ会」

こんにちは、サポーターの寺口育子です。

先月22日に、六日町温泉・ほてる木の芽坂にて行われました「季節の料理を愉しむ会」に行ってきました。

0

1
このイベントは、はほてる木の芽坂に勤める若井勝也さん(27)が、
「料理長の腕の良さを前面に出したイベントがしたい!」と思い立ち、企画したもの。


ほてる木の芽坂のスタッフも、南魚沼・塩沢地区名産の塩沢つむぎの着物でお出迎えしてくださり、まずは迫力満点!まぐろの解体ショー!!!

2

3
でっこいマグロを、目の前でいとも簡単にさばいていく姿は圧巻でした。

一作業ごとに拍手と歓声があがっていましたよ!

4

5
 

さて、当日のお料理をご紹介!
前菜 こだわり三種(鰊山椒煮 舞茸神楽南蛮みそ和え ずわいがに)

6
小鉢 あんきもポン酢
酢物 八ツ峰養魚 八海サーモンカルパッチョ
蒸物 高橋家朝採れ大根と鯛のかぶら蒸し

7

ちなみに高橋家の高橋さんとは、この方ほてる木の芽坂の取締役、高橋将人さんのお家です。先日、女子力メンバーも登場しました雪まつりカウントダウンに、12月21日にご登場しましたね!

https://www.facebook.com/minamiuonuma.yukimaturi

洋皿 山田畜産もちぶたスペアリブ

8

越後もちぶた、もっちり歯ごたえが美味しい南魚沼の名産品、私も大好き!ですが、
スペアリブは初めて食べました!どれだけ美味しかったかは、同行者である大和観光協会・飯酒盃さんのお姿からくみ取ってください()


9

 

造里 生まぐろお造り 

10

ここで、先ほどの解体ショーのマグロ!が登場♪

いつも食べているマグロはなんなんだろう?と思うほど、美味しかったです。

本当に美味しかった。歯ごたえも違うし、味も全然違う。新鮮だとこうなんだ!
そんな事を思った一品でした。あぁ、もう一度食べたいなぁ


鍋物 鱈と魚沼きのこ鍋
食事 笠原農園米海鮮ちらし

11

鮨米には古米が合うことから、あえて使われたこだわり農家笠原農園さんの古米。

生産者の笠原さんもいらっしゃって、お米の説明をしてくださいました。
作り手さんのお話を聞きながら食べられるなんて、地域のつながりが濃い南魚沼ならでは、ですね。


正椀 清水集落 原木なめこの赤だし

12

食べかけですみません(-“-)

南魚沼ではあまり赤だしは使われないのですが、大きくて味が濃く、おいしい清水の原木なめこに合わせて、あえて赤だし使ったそうです。

そして、最後は

水菓子 ラ・フランスゼリーとおけさ柿

13

本当は、本当は新潟名産ル・レクチェを出したかった!でも解禁に間に合わなかった!
と、悔しそうな若井君の姿が印象的でした。


でも、とっても美味しかったですよ!来年はル・レクチェ、期待します(^^)/

さて、ほてる木の芽坂では、季節ごとに、宿泊者の方でも、地元の人でも楽しめる、この様な会を開催予定だそうです。

そして来月1月25日には、“旬の肴で鶴齢を飲み干す会”を企画中だそうですよ!

あの青木酒造の鶴齢を飲み干しちゃうんだ・・・()
日本酒好きにはたまらない会になりそうですね~

そして、私がどうしてもオススメしたいのが、ほてる木の芽坂さんの展望露天風呂♪

14

源泉かけ流しで、六日町市街や魚沼盆地、町の向こうに坂戸山や越後の山々がのぞめ、
本当に良いお風呂です。
ぜひとも泊まって、夜は1階の大浴場、朝は展望風呂で雪見風呂♪存分に雪国を満喫していただきたいです(^^)/


ぜひ、皆さんも行ってみてくださいね!

お問い合わせはこちらまで

六日町温泉 真心一途の宿 ほてる木の芽坂

TEL:(025)773-3456

http://kinomeht.co.jp/

記:寺口 育子

 

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.