雪国で沖縄料理!!「縄文亭」

こんにちは。小林昌子です。

また寒波が襲ってきて雪がコンコンと降り積もっています!
もう雪はじゅうぶんなんですけど-ーーーーー()

気分だけでも、沖縄旅行を楽しもうという事で 仲間と行ってきました「縄文亭」!

君帰観音様の近くには沖縄料理を頂ける「縄文亭」があります。


EPSON MFP image
 

ここは市内でもひときわ雪が多い地域なのです。
外観は一見普通の民家です。


DSC01634
 

でもね、知る人ぞ知る素敵なお店。

DSC01636
 

さぁ、中に入りましょう・・・

DSC01637
DSC01641
DSC01644
DSC01646
落ち着きます(*^^)v

永年、沖縄のユースでお仕事されていた内山さんが、転勤で南魚沼のユースに来られ後
定年
退職されてから、奥様と二人でお家をリフォームして
沖縄料理店を
営業したのです。

内山さんご夫婦は、沖縄の生活が長く、沖縄の家庭料理はもちろん 伝統料理、
特別な時に頂くおもてなし料理を会得していて

沖縄のお友達も多いため、食材は現地沖縄からお取り寄せできるし
美味しいし沖縄料理は奥が深いし、身体にもいい! これは、ぜひ、多くの人に提供したいとお考えです。

私は何度か、お邪魔していますが、初めていただく食感や味に 興味津々でした。
一回頂くとこれがまた癖になります♪


ご主人は、一つの食材でもいろいろある中で、食べやすい物を選んでいるそうです。
雪国と沖縄では流石に食文化が違い お豆腐一つとっても作り方や食べ方や違います。

DSC01655
で・・・美味しい!

お料理を引き立たせるように、泡盛の存在があります。
縄文亭では常連さんがこのようにカメをキープしていますが

DSC01649
DSC01650
 

味に深みを出すため、つぎ足しつぎ足しをして寝かせるので、何年たっても
減ることはないそうで、 「魔法のカメなんです()」とご主人は笑います。
これを仕次ぎ(しつぎ)という方法なのだそうです。


DSC01668
これは平成12年のカメ。

DSC01665
これをコチラに入れて頂き頂きます(*^^)v

DSC01689
美味美味(#^.^#)

DSC01657
温かいものは、ちょうど良いタイミングで次々に出てきます。

DSC01686
DSC01692
DSC01694
味がしみ込んでいて本当に美味しい!!お肉はとろけています!!
コラーゲン!コラーゲン!と盛り上がり・・・

DSC01690
進みます^m^

DSC01696
海葡萄のサラダ

DSC01697
落花生の根っこのもっちもちの、プルンプルンの・・・・なんだっけ?

DSC01699
鯛のカマ。誰も鯛だってわからなかった。脂がノリノリ!

DSC01700
沖縄のチャーハン。たしか、生米を30分煎ってから・・・何だっけ・・・忘れた。

DSC01701
DSC01702
パッションフルーツ(^_-)

DSC01705
ジャスミンティー

一品一品説明をしてもらうんですが、忘れました(;_:)
でもとにかく美味しいので、ぜひお出かけください。

縄文亭では、基本、沖縄の家庭料理は通年いただけますが
山菜料理は4月から6月までの期間のみ頂けます。

EPSON MFP image
 

・食材は原則として沖縄から取り寄せますので、ご利用の5日前までに予約が必要です。
・一日一組のみのご接待♪4人様から14人様まで。
・昼食は3500円から。夕食は5000円から。
・2月と8月は休業月なのですが、お客様の希望により上記内容に関わらず、
営業可能なこともあるそうなので、 これらを念頭に入れて連絡してみて下さいね。

3月はまた、節目の月で、出会いと別れの季節でもあります。
しつらえも素敵な、この居心地のいい空間で
ゆっくりと沖縄料理に舌鼓を打ちながら泡盛で一献。
お話に花咲き、忘れられない思い出ができるでしょう・・・

この日(1月31日)は外は大雪でしたが
沖縄から昨日届いたという緋寒桜(ヒカンザクラ)が飾られていて
心も温かくなりました。

DSC01662DSC01660
 

縄文亭 いをぬま
南魚沼市君帰267-1
電話025-773-2611


 

記:小林昌子

 

 

カテゴリー: ニュース, 女子プロおすすめ:南魚沼の『食事処&カフェ』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.