いよいよ明日♪一宮神社の農具市

こんにちは。小林昌子です。

三月も中旬です。
少しずつ春めいてまいりました♪…と言いたいところですが
なんと昨日から吹雪というか横殴りの雪です(ー_ー)!!
これはけしてなごり雪ではありません。
冬に逆戻りって感じです・・・。
でも、でも、
暦の上では春です。弥生です。(#^.^#)
私の大好きな季節でもあり
もっとも花粉に苦しめられる春です!
外には出たいけど、あまりにも苦しいので
なるべく出たくない
そんな私ですが、
これだけは行きたい!いや絶対行く!
と、
楽しみにしているのが
上村絵美子ちゃんもブログに書いてくれていますが

一年に一回、たった一日だけの農具市です。
毎年312日。そう、明日です!

南魚沼市塩沢地区の大里で開かれる一宮神社の春の大祭は
地元では「農具市」「一の宮」と呼ばれています。

この塩沢の大里は私の故郷なんです。
3歳まで住んでいました。
生後一か月でお宮参りをしたのが一宮神社です。

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めて
生まれた土地の守り神様である産土神様に参拝する行事ですよね。

この一宮神社 創建は不明ですが、祀られている神様は
大国の命と櫛名田比媛命と少彦名命の三柱で、
み~んな農業に何らかの関わりを持つことで知られています。

そう、産まれて初めてお参りしたのが農作の神様(*^^)v
とくに雪国のこの土地の人は、
それはそれは一宮の神様を大切にしたそうで
江戸時代から農作の神の信仰が盛んになり、
遠方より何日もかけて一宮神社の春の大祭に詣でたそうです。

それがいつしか 雪の中で作った農具や生活用品を物々交換したり
売ったりする
一年に一度の市として盛んになったといいます。

itinomiya-top[1]
_MG_1012
IMG_3804
_MG_1009
 いいですね~

手作りの農具。

あったかいんだから~

今は、昔の農具や生活用品を売る露天は少なくなりましたが
下の写真のように鍬や鉈や鎌や竹細工の籠なども売っていて、大人気です。

_MG_1000
絵美子ちゃんのお目当てはこれかな? ザル♪

IMG_2105
 

そして、これは、もみ殻で米を炊く「ぬか釜」ですね!!

_MG_1025
 

時代と共に出展される作品、商品は変わりますね。
私はハイカラなかんじきをひとつと、傘を買おうと思います♪

_MG_1027
IMG_2138
田舎の鎮守のまつりですが、毎年大勢の人で賑わい、
温かみのある独特の雰囲気があります。

露天も出るから、美味しい食べ物も楽しみ!

IMG_2160
IMG_2158
 

この春祭りが終わると雪国に春が来ると言い伝えられています♪

おまけ。こんげ傘が似合う男もいね~ろ~
RUNBAKA代表哲也♪

11004669_795958780483058_2102006041_n[1]
昨日の新潟日報に出てましたね~(*^^)v

11041736_807379846007618_2522900404169897536_n
哲也君も愛用してる傘!!

kasa-top[1]
HP極上でちゃんと記事にしてあります♪
↓ ↓ ↓
http://www.joshi-ryoku.jp/index.php?id=111

 

記:小林昌子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.