国際大学は【後編:こんな学び舎です】

こんにちは。
勝又沙智子です。

前回に引き続き、魅力的な国際大学についてご紹介いたします。

【前篇:こんな学校です】はご覧いただけましたか?
まだの方はこちらを→http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=29042

今日は【後編:こんな学び舎です】

国際大学ってなんだか建物がいくつもあるみたいだけど、
いったいどこからどこが学校なのでしょうか?

その⑧

敷地面積はなんと18万坪!

18万坪って数字で言われても全く分からないのですが、、、、
とにかく広大です。ベタな表現ですが、「東京ドーム13個分」です。
視界に入るエリアがすべて。という感じでしょうか。

写真1
 

その⑨

メインの校舎はこちら。

中庭を囲むような造りとなっています。
1982年に日本で初めて英語で授業を行う大学院として誕生した学校です。
校舎に貼り付けられた学校のネームプレートは日本語なのですね。

写真2
 

その⑩

本部所在地は新潟県南魚沼市国際町777番地
国際町という地名があるなんて知りませんでした!
なんだかいいことが起こりそうな住所ですね。

 

その⑪

とあるTV局の取材で「絶景の見える図書館」としてとりあげられたり、
ある海外のHP
「世界の大学院の美しい建物ベスト10」にあげられた、美しい図書館があります!
外観はこんな感じで、

写真3
ドーム型の建物の窓から見える外の景色は素晴らしい。のひとこと!
春夏秋冬、四季折々の変化がダイナミックなこの南魚沼の自然は毎日眺めても
飽きないでしょうね。


写真4
 

この図書館の名前は「松下図書・情報センター」といいます。
松下さんとは、あの、かの有名な「松下幸之助さん」のこと。
この大学を支援してくださり、図書館の建設に多額の寄付を寄せられただけでなく、
この学校に通う生徒を支援するために
「松下幸之助記念財団」なるものまで作って
学費を援助してくれたというから、その器の大きさといったら地球規模です。


国際大学の授業は全て英語で行われるそうですが、
図書館の貸し出しランキング上位に日本語の語学本がはいっていました。

写真5
 

一歩、校舎の外に出て南魚沼で生活するには
日本語が必要ってことなのでしょうね。
私たち南魚沼市民は、もう少し国際大学の生徒さんにもわかりやすい
お店のメニュー表記などを心がけたら良いかもしれませんね。

 

その⑫

カフェテリア( 学食)は宗教にも対応しています。一般の人も入れます。
中はこんな感じです。

写真6
メニュー表を学内のあちこちでみかけます。

写真7
ロコモコ 500円、油そば 500円、、、など良心的な価格設定。
赤い文字「HALAL(ハーレル)」とは、
イスラム教の教えに則った食品であるということ。
(豚肉を使用していないとか、作法にのっとった屠殺をされた鶏肉など)

写真8
多国籍な国際大学ならではですね。
食堂の隅にはこんなものも、、、

写真9
 

カフェテリアでは八海山や鶴齢も飲めるそうですよ。
地域限定の八海山「魚沼で候」を置いていただけているなんてツウですね~。

写真10
 

その⑮

異国情緒があるスクールショップ(売店)。一般の人も入れます。

写真11
南魚沼のお店ではあまり見かけない珍しいものも並んでいます。

写真12
 

アジアの手作り籠も13000円前後とお買い得。

写真13
こちらのスクールショップでお買い物をすれば、
海外旅行に行ってきたふりをして、お友達に配る。
ということもできそうです。

写真14
写真15
 

一番人気は「エナジードリンク(栄養ドリンク)」だとか。
なんと11種類もの品揃え。

写真16
写真17
スーパーエリートの国際大学を象徴する人気商品ですね。


その⑬


学生に不可欠。学校からのシャトルバスがあります。

写真18

このバス、見かけたことありますよね?
学生さんの日常生活にとって大切な「交通」となるバスです。
ふつうのバスは、行き先はバス停の名前が刻まれますが、
こちらはいたってシンプル。

行き先・病院⇒こども園⇒駅⇒スーパーマーケット⇒郵便局⇒銀行⇒市役所⇒・・・・

※留学生の中には妻帯者もいるそうです。

写真19
 

ちなみに、
土曜日のイオン行きと
日曜日のララ行きは
事前に整理券が配られるほど大人気なのだとか。

学生さんだって息抜きが無いとね。
でも、、、イオンやララ以外にも、
南魚沼には良いところがたくさんあるので
たくさん出かけてもらえたらいいな。。。

そして、学び舎のご紹介からは脱線しますが、、、
国際大学では、生徒さん向け以外のプログラムもあります。


その⑭


学生以外も受けられるワークショップが時々開催されています。 

例えば、小学校の英語教諭及びALTの方を対象としたワークショップ

http://www.iuj.ac.jp/events/index_events.cfm?EventID=3202&Language=J

(こちらのワークショップは終了しています)

これは指導者向けのプログラムで、
高い志を持った先生には嬉しいシステムですね。
わざわざ遠くへ足を運ばなくとも、
身近で国際的な感覚に触れることができます。


その⑮

2か月間集中英語レッスン講座が大人気!

2か月間、宿舎に寝泊まりしながら徹底的に英語力を磨く講座です。
国際大学の生徒でなくとも、申し込むことができます。
募集をするとすぐ満席になる大人気講座。

http://www.iuj.ac.jp/web/iuj_section.cfm?category=1502&Language=J

2015年の募集はすでに終了となっています)

 

・国際大学への入学希望者の事前・語学習得、

・一流企業から派遣されて参加される方、

・新潟県内の小中高校の先生が指導力を磨くため、と参加者は様々。

 

特定の国への留学とは違い、多国籍の人間関係の中で磨く語学力は
真の国際感覚を身に付ける貴重なプログラムですね。


その⑯

国際大学春の学園祭「インターナショナル・フェスティバル」は一般の人も入れます。

留学生たちが腕を振るって作り紹介する世界各国のお料理と、 留学生による伝統舞踊や市民のステージパフォーマンスが楽しめるそうですよ。

写真20
ちょっとした海外旅行気分が味わえそう。

↑※チラシは昨年のもの。

今年は、5月23日(土)14001800に開催予定。

http://www.iuj.ac.jp/events/index_events.cfm?EventID=3254&Language=J

お問い合わせ:国際大学学生センター事務室 025-779-1103

自分の娘たちも連れて行ってみたいな。

いかがでしたか?

世界に自慢できる素晴らしい学校が
この南魚沼にあるということ、誇らしいですね。

まずはインターナショナルフェスティバルに行って
各国のお料理を味わい、国際大学への理解を深めましょう♪

 

記:勝又沙智子

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.