南魚沼版CCRC

こんにちは。

元気な高齢者になりつつある小林昌子です。

 

17日に「NHK・おはよう日本!」で紹介された

わが市のプラチナタウン構想。

 

南魚沼版プラチナタウン構想がわかりやすく5分程の映像に

まとめられていました。

NHKのホームページより、レポートをご覧いただくことができます。

NHK@首都圏

http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20150617.html

2015-06-18 15.01.50
 

政府の「まち・ひと・しごと創生本部」が 高齢者の地方移住の促進に向け

受け皿づくりを検討するため「日本版CCRC構想有識者会議」を

立ち上げたことはご存知の方も多いかと…

 

対象は東京など大都市圏に住むアクティブシニア(活動的な高齢者)です。

体が弱ってから入所する特別養護老人ホームなどとは異なり

元気なうちに地方に移住して、学問や趣味、ボランティアなどに

打ち込めるようにする。

 

これを南魚沼流にアレンジし普及させるというのですね。

 

人口減少に悩む地方が、存続の危機を脱するには

若者をひきつけ出生数を増やすしかない。

それもすごく重要ですが

でも、成果が表れるには時間がかかり、人口が増える前に

“消滅”しかねない。

 

大都市圏から大量の高齢者が移り住めば・・・・・!

 

この、NHKおはよう日本!の放送では

南魚沼市に移住してこられた野口さんの

国際大学の留学生、及びご家族のサポートに打ち込まれる姿が 映し出されていました。

現役時代に培った経験を活かした、素敵なライフスタイルが魅力的でした。

2015-06-18 15.02.16
移住を考えた時、

高級リゾートのようなところばかりでは

老後生活を年金収入に頼る大多数の手が届かなくなるし

東京圏は少し高い…らしいですからね。

 

コストダウンのためにも、移住者自身が学校や家庭で教えるなど

キャリアや趣味のインストラクターを務める。

 

CCRCを楽しむ時間を確保するためには

若者のようにフルに働く必要はない。

月に数回のアルバイト感覚で、年金の足しにするイメージなのかな。

働けば生活に張り合いもでるし。

 

 

南魚沼市は、自然が豊かで季節を楽しめます。

http://joshi-ryoku.jp/index.php?id=26

雪を楽しむウインタースポーツ。

名山を楽しむ登山やトレッキング。

サイクリングにランニング。

心と体を癒す温泉・湯治施設。

土に触れながら自然の中でガーデニングや農業。

文化や趣味を楽しめる空間と環境。

心豊かに身体を鍛え、田舎ライフを満喫できる

まさしくプラチナに輝く人生がおくれる環境なんじゃないかなって

思います。

なぜって、私の父も、定年退職をしてからも、亡くなるまでの人生

活き活きと楽しそうだったから!

今ここに暮らすシルバー世代の方々が輝いているから!です。

 

おためし居住も募集しますから、興味がある方はコチラにお問い合わせください。

2015-06-18 15.02.50
 

南魚沼市女子力観光プロモーションチームのHPにもここに住んでいる私たちの自慢が

順次更新されています。↓↓↓

極上の南魚沼お魅せします。http://joshi-ryoku.jp/index.php?id=7

おはよう日本!のレポートはコチラhttp://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20150617.html

動画はコチラ 3分20秒後に放送http://video.fc2.com/content/20150618N1HU9Y9M/&tk=TWpjeU5qa3lNemM9

 

 

記:小林 昌子

 

 

カテゴリー: ニュース パーマリンク

南魚沼版CCRC への1件のフィードバック

  1. 田谷 文雄 たや ふみお のコメント:

    ー リタイア後四年経過して現在66才です。
    ー シニア大学に通い、CCRC関連の授業も受け、そちらに興味があります。
    ー 一か月くらいの短期スティを海外、国内ともかなり経験しました。
    ー 私が興味ある移住先もしくは短期滞在先は、大學が利用でき、何か趣味的なことが経験   でき、たまには外食も可能なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.