お六甚句とお六流し

こんにちは。小林昌子です。

あと半月ほどで南魚沼市はお祭り一色になります♪

昨年は市制施行10周年だったこともあり

一段と賑やかなお祭りだったなぁ…と、思い返しています。

昨年の告知ブログはコチラ⇒http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=25599

昨年のポスターはコレ

りきお
あまりにかっちょよくて一目ぼれ、持って帰りました(笑)

さてさて、今年のポスターが出来上がりましたよ!

モデルは、女子力HPの極上の南魚沼 にも登場していただいている

RUNBAKAの皆さん。

イケメン揃い!何を隠そう去年のモデルの関口さんはRUNBAKAメンバーなので

二年連続の兼続公まつりのポスターに登場!!すごいね♪

これについては後日また書きますね♪

ポスター
いいですね~(#^.^#)

さて、

今日は兼続公まつりの一大イベント「お六流し」の事を。

六日町の小学校では一年生から「お六甚句」の踊りを覚えます。

うちの子も運動会が近づくと

「おくぅりぃい~まし~ょうか~

おくぅられぇえ~ましょうかぁ~」と、お風呂で調子っぱずれで歌ってます。(笑)

このお六・・・直江兼続公の幼少の名前「樋口与六」のことって言うのは有名なこと♪

そもそも、このお六流しで歌われる、民謡「お六甚句」はいつごろからできたの?

日本の歴史上の中で最激動期だったであろう昭和18年の暮れ頃。

六日町地域において、郷土の英雄・直江兼続公顕彰の動きが起こりました。

多くの壮年たちは戦地に赴き、残されたのは年寄りと女、子供のみ。

気持ちが暗くなりがちだけれど

「こういう時こそ、故郷が生んだ英雄を讃え、誇りに思う事が一番元気が出る。」

という事で活動が始まりました。

 

先人たちは、あの戦国時代に、素晴らしい政治を行った「義と愛の武将」を郷土の誇りと

して、世に伝え残したかったのでしょう・・・。

そして昭和19年の春に、当時の町長が会長となり

「両公顕彰会」が結成され、

その秋には昔の居城「坂戸山」の中腹に

「上杉景勝・直江兼続生誕の地」碑が建立されました。

碑
※大河ドラマ放映の時期に、山の中腹から下の御館跡まで移動しました。

碑2
 

当時の除幕式の場で町長が「唄や踊りにしなければダメだ」と

六日町文化連盟に要請し

昭和21年に「お六甚句」が作られたそうです。

作詞:桑原博氏 山田親一氏

作曲:嶋田国吉氏 (十日町出身)

昭和32年には踊りが出来上がり

以来、六日町祭りの「お六流し」や六日町中学校運動会のフィナーレの

「全校お六甚句」に採り入れられ、今に至っています。

振付:花蔭美喜さん
平成14年の7月18日には

昭和30年代から続いた恒例の「お六流し」に初めて保育園の幼児や

小学生も加わり、約千人余りによって盛大に行われたのです。

今もなお、ますます盛大に受け継がれている夏の風物。

こんな歴史があったのですね・・・・

img_589482_15877972_01[1]
040235b717efedb84c8e4814fe4cb5ff1-590x442[1]
11071_0141[1] 只今すでに団体申込みで約1,000人の応募があるそうですよ。

お揃いの浴衣で踊る様は、美しく華やかです。

仮装も楽しみ。

今年はどんな仮装が見られるかな~
記:小林昌子

 

 

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.