ツートン青木ものまねショーで盛り上がった大前神社例大祭

こんにちは 大崎の田中せつ子です。

南魚沼の夏はお盆を過ぎるとすっかり朝晩涼しくなり、もの寂しい気分になりますが、

今年も熱く燃えた大前神社例大祭をご報告します。

0
昨年は宵宮奉納の「大前神社式三番」を中心にリポートしましたが、

今年は8/15大祭夕方暴れ神輿の宮入から始めます。

朝10時から町内を廻ったお神輿は午後5時には神社に戻り、

上り旗や笠矛等は鳥居からの参道に飾られます。

1
階段を上ると大勢の観衆に見守られながら、おこっさま(お神輿様)の宮入がクライマックス。

2
笛や太鼓のお囃子も、ここぞとばかり速いテンポで盛り上げます。

3
無事に神社に鎮座し、ワッショイワッショイ万歳の大合唱。観客からも大きな拍手喝采。

暑い中のお神輿巡行、本当にお疲れ様でした。汗まみれの中に安堵の笑顔が素敵ですね。

4
今年は神社の中に入って、じっくり拝ませて頂きました。

数年前に新装されましたが、167年前の雄姿を残すお神輿は本当に立派で、

ありがたさが格別です。今年は豊作になりますように…ようく拝まなくっちゃ。

5
隣は小学生が担ぐ子ども神輿です。子供用とは思えぬこの立派さ!

一対あるのに子どもが少なくて、この1台しか巡行できないのだそうです。悲しい現実。

6
これも一対のお神楽様。長男が担当した時は暴れまわり、

耳をバラバラにしてこっぴどく怒られたそうな。現在も向かって左は鼻が欠けていますが、

この程度は威勢の良さの象徴でしょうか?

毎年高額な修理費が掛かるとか…どうりで祭典費が高いはず。

7
これは祭り用ではありませんが、拝殿前に飾られた大きな天狗様。

小さい頃はこの天狗と、鬼の絵が怖くて中に入れなかった事を思い出しました。

8
階段を下りると、いつもの滝谷の清水が西日を浴びてキラキラ。

1日がかりの巡行で疲れた人たちを、冷たい清水が癒してくれます。

9
その横には子どもたちが楽しみにしている屋台のお店。

昔は参道の両側にびっしり立ち並び、押すな押すなの賑わいでしたが、

祭りが8/15になったせいか、人口が減ったせいか、今は寂しい件数。

10
さて、ここからは夜の部です。第1部は地元柳古新田出身のTSUNEIライブ。

(常会でも柳古新田の人は全員応援に出るように言われたのに、

ちょっと遅れて写真が撮れませんでした。ごめんなさい。でも歌は上手かった、村の誇りです。)

そして写真は、真っ白な衣装のジュディオング魅せられて。

狭い舞台でも歌えるように、短い棒も持ってるそうです。(本日は広いので両手大開)

11
ツートン青木と言えば元祖美空ひばりの物まね。生き返ったのかと思うほど極似。

ジュリーも何曲も歌ってくれて、会場は超のりのり。

最後列なので、写真が小さくてすみません。

12
ハンカチを投げてプレゼントしてくれたり、ステージから降りて後ろの席まで握手に廻ってくれたり、

本当にサービス満点。

今まで、こまどり姉妹・畠山みどり・三条正人等々、若い人が知らないような人が殆どでしたが、

今年は超人気な物まね歌手のお父さんなので、人口以上?の客数で賑わいました。

(昔の)若い人たちも皆で一緒に歌って楽しかったあ。

近年は担ぎ手不足で、軽トラにお神輿を乗せる話も出たとか、

青年会が少なくて売店ができるかと心配されたり、

二百七十一年も続く伝統の祭りを今まで通り継承することが難しい時代になりました。

だからこそ今年の祭りの賑わいと、無事に終えた安堵の喜びはひとしおです。

地域の人々が、今年は良い祭りだったと言い合いながら家路に向かいました。

来年は誰の歌謡ショーかな?前日の芸能・カラオケのど自慢も楽しいですよ。

大勢の皆様に、伝統の祭りを見たり参加して南魚沼の魅力に触れて欲しいと思います。

また来年もお楽しみに!

 

記:田中せつ子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.