世界中で城内でしか見ることのできない花火

こんにちは

勝又沙智子です。

さて、今日は火曜日ですが、10(土)11(日)12(月・祝)と、

三連休の方もいらっしゃいますね♪

10日は魚沼の里で収穫祭のご案内をいたしました。引き続き城内が熱いんです。

三連休はずっと城内に目が、足が、胃袋が、心が釘づけです(笑)

今からご予定を立てて頂きたいので早目にご案内いたしますね~

城内、城内と申しておりますが城内は

日本酒八海山が醸されている土地、

南魚沼市城内地区のお祭りのお知らせです。

豊年ふるさと祭り地図付き-2
 

「城内地域」とは霊峰八海山ふもとの里エリア一帯のこと。

Print
 

以前は8月のお盆に開催されていた煙火大会が、

秋の花火となって今年で3回目。

新潟県で今年一番最後の花火大会だそうです。

 

-以下城内商工会支部長松田さんからのコメントです-

この花火は、刈り取り後の田んぼに農家の方に水を張っていただき

鏡をつくり、秋の夜空に上がった花火を鏡に映し込むという、

世界中でこの城内でしか見ることのできない芸術的な花火大会です。

会場、湖、川に映る花火は有りますが、水面が広いため、ただ明るくなるだけです。

その点、城内の花火は、区画が小さく波が立ちにくいため、

夜空に上った花火の枝葉まで綺麗に映り込みます。

こんな魅力的な花火は世界中探しても、この城内豊年ふるさと祭りのみです。

 

又、南魚沼産こしひかり は 日本一美味しいといわれています。

城内のお祭りでは地元の農家の方が、

ぬか釜で新米コシヒカリを炊き、食べていただきます。

田舎の小さな豊年祭りですので、地元の方の演芸、踊り、

鮭つかみ取り等もり沢山です。

こんな小さなお祭りですが、露天が20件くらい出ます。

 

 

ぬか釜ご飯に

露店が20店も~!!いいですね~☆

ぬか釜ご飯は、城内地域自慢の霊峰八海山系の伏流水

極軟水「雷電様の清水」で炊きますので

その美味しさは私が保証します!

http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=29411

豊年ふるさと祭りには、翌日トミオカホワイト美術館でコンサート予定の

プラハ音楽院世界的ライアー奏者ヤン・ブラウンシュタイン氏

も立ち寄ってくださるとか!

もしかしたら、お祭り会場で….なーんてことになるかどうかは当日の運次第ですから

翌日のコンサート会場(トミオカホワイト美術館)に行くのが正解です。

tomioka-1
 

コンサートの情報はこちら→ http://www.6bun.jp/white/

 

夏に比べて日暮れも早いので、

花火のスタートは18:30から。

 

地元の方に聞くところによると、

秋の花火は夏よりも空気が澄んでいるので

「夜空の花火」と「田んぼに写る花火」も

より鮮明に、色鮮やかに楽しめるそうですよ。

 

夜は冷え込みますので、防寒対策をして、

さらに厚めの座布団や毛布などを用意していくのがおすすめです。

2015城内豊年ふるさと祭り水面マップ
 

ポスターの右上写真にも掲載されていますが、

豊年ふるさと祭り地図付き-2
八海山ロープウェーの山頂駅から花火を望むのも素敵ですね。

LIVEで見てみたいなー。

 

最後に、、、

田んぼの鏡に映る花火に加えて魅力的なのが

この城内地域に暮らす人々のお人柄。

みなさん本当にいい人が多い!

 

花火終了後の19:30~

太鼓や盆唄にあわせてみなで踊る「豊年踊り」

(城内小学校前で開催)

に加わるのも楽しそうですね。

 

スケジュールを今から立てて、ぜひお運びください。

ぬか釜炊きごはん
http://www.joshi-ryoku.jp/index.php?id=248

nukakama1[1]
記:勝又沙智子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

世界中で城内でしか見ることのできない花火 への3件のフィードバック

  1. 田中 のコメント:

    去年は、せっかくの花火がタバコを吸う人が多くて煙くてまともにみれなかったです。
    水面周り等禁煙にしてほしいです。

  2. 田中 のコメント:

    カメラマンが水面に映る花火を狙うのは良いですけどシャッターチャンスがくる間
    タバコを吸う人がとても多くて困ります。

    注意喚起をお願いします。

    • minamiuonuma のコメント:

      田中 様

      コメントありがとうございます。
      いただいたご意見は関係者にもお伝えさせていただきました。
      マナーを守ってたくさんの人に花火を楽しんでもらいたいですね。

      南魚沼市女子力観光プロモーションチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.