今年は暖冬小雪!?

今年は暖冬小雪?さてカマキリの予測は?

こんにちは 大崎の田中せつ子です。

すっかり木枯らしが吹き荒れる季節となりましたね。

昨年は12月初旬から根雪になり、大慌てで畑の白菜を収穫しました。

今年こそは早めに準備しなくっちゃと、先日の晴れ間に鉢植えを玄関に入れ、

消雪ホースを家の周りに設置しました。

そこで、紅葉したブルーベリーの鉢植えを良く観ると

1
何と!こんな所にカマキリの卵がくっついてる。

2
地面からは60cm位しか離れていません。まさか雪がこんなに少ないなんてね。

3
次にツルが伸びたパッションフルーツの鉢植えを移動しようとすると、

こんな所にもカマキリの卵がある~。

これは地面から約1メートル、でもまさかねえ、それでも少な過ぎるよね。

家の庭の鉢植えにカマキリの卵なんて、初めて見ました。

畑の脇にはタラの木・グミの木・プルーンの木・桜の木もあるのに、

なんでこんな鉢植えに産んじゃったんでしょう?

いくら長期予報がエルニーニョだ、暖冬だと言っても1メートル以下は考えられない。

昔長男が小さい時、子供部屋のベットの下から、小さいカマキリがうじゃうじゃ出てきて、

ギャーギャー言いながら掃除機で吸い取った事を思い出し、

この植木を物置に入れようかどうしようかと迷ってしまった。

枝を切るわけにもいかず、とりあえず車庫へ。

家の中は暖かいから、春になる前にはやけてしまうんだよね。

カマキリの降雪予測を何年も研究している人が居るそうですが、

さて皆さんの予測はいかがでしょうか?自然豊かな南魚沼の暮らしは、

何十年住んでいても毎年新たな発見があって楽しいですね。

 

記:田中せつ子

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.