裸押し合い大祭

こんにちは、渡辺さくらです。

DSC_2207
ここのところ、寒い日がずっと続いていました。
そんな日は、モツ煮込みに「なんばんじょっから」(かぐら南蛮)が
冷えた身体を芯から温めます。

 

さて一昨日は、3月3日で桃の節句のひな祭り。

DSC_2206
女の子の健やかな成長を願うお祭りですが、南魚沼では『さんげつみっか』は男祭り。

DSC_2204
ブログでもご案内してきましたが、毎年この日には『毘沙門堂裸押し合い大祭』が行われます。

http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=33828

極上の南魚沼の記事もどうぞ!

hadaka-top

http://joshi-ryoku.jp/index.php?id=70

地元だけでなく全国各地にいる多門青年団員、そして地域の人々が一丸となって守り
伝承する祭事です。

終わりのほうだけですが、少しだけ見に行けたのご覧ください。

DSC_2160
DSC_2162DSC_2163
門が見えてきました。

DSC_2170DSC_2184DSC_2199熱き男の祭り。

hadaka-5大祭前の禊の行。
一週間は菜食のみ。
一緒に仕事をしている大和地区の女性に話を聞きました。

私はもともとここの出身だからわかっていたけど、外からお嫁に来た人は大変だと思うよ~、とのこと。一週間だけとはいえ、新婚さんは特に可哀そう・・・だそう(^-^)。

野菜オンリーのレパートリーが無さ過ぎて困るけど、そんなときは本当にばば達の手際の良さと、作れる品数の多さには感心する、とも。三食全てだから本当に大変!
そんなお話を聞いていたら、そんな先輩方のレシピをまとめた本を出したらいいのに、なんて思いました。普段から作って食べても身体に良さそうだし。

その頃の食事時は、変な緊張感が漂うんだそう(^-^;)

でも、肉魚が食べられなくて、献立が思いつかなくてお互いイライラする時期を乗り越え、伝統を地域全体で守り伝えることを誇りに思っている感じが伝わってきました。
ご夫婦の絆も深まるんでしょうね。

戻りに息子に感想を聞いたら、
「かっこよかった」と一言。

DSC_2202
今年も南魚沼に春がきました。

1
 

記:渡辺さくら

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.