除幕式が行われました

こんにちは。阿部美佳です。南魚沼市に新しいニュースです!
7月19日(火)、
NHK大河ドラマ『天地人』放映記念 『喜平次と与六』の銅像の除幕式が
銭淵公園で行われ、女子プロリーダーがMCを務めることとなりましたので、
私もカメラマンとして!?同行し、取材させていただきました!

開始前から、ポツポツと降る雨に、
リーダーの『私、晴れ女だから!』の一言が効いたのか、
式典が始まると、雨が止み、少し晴れ間も出てきて、
蒸し暑い中、汗だくになりながらの除幕式となりました。


早めに会場へ到着したリーダーは、MCのマイクチェックや会場内のチェック。
私は、会場を見まわし、写真撮影しながら会場の端で開会を待っておりますと・・・
上田史談会の今成先生、アフター「天地人」推進プロジェクトのメンバーの皆様、
関電気の関会長、市議会議員の方々など、
多くのゲストがどんどんと会場に来られています。
「天地人」のつながりで、米沢市からも多くのゲストがお越しになられています。

式の開始時間が近づいてきた頃、南魚沼市長と火坂先生、正子先生などの来賓の方々も
会場へお越しになられました。


そして、昼間の11時30分、リーダーのMCで除幕式が始まり、
まずは南魚沼市総務部長の開式の挨拶から。


そして、井口一郎 南魚沼市長のお話の後、


NHK大河ドラマ『天地人』の原作者の火坂雅志先生より、
『雪深い生活でじっと耐え力を養う日々から、
春になり大きな花を咲かせるという雪国の生活を表現してほしい』
ということをドラマの中で再現してもらいたかった事をドラマのディレクターに話し、
ドラマ制作に大変苦労されたことなど、ドラマの裏話を交えた貴重なご挨拶をいただきました。


そして、次は、この銅像の原画をデザインされた正子公也先生より、
芸術的な見どころをお話いただきました。

このお話の続きは、除幕式終了後・・・

そして、来賓の皆様が銅像の前に並び、ついに除幕の瞬間です!

ついに、『喜平次と与六』の銅像がお目見えしました!!!

坂戸山をバッックに記念撮影。

雨も上がり、無事に除幕式が終了致しました。

式典終了後、正子先生から教わった銅像の『みどころ』を早速撮影してきました!
1つめのポイントは、喜平次の背中に描かれた『龍』の絵柄だそうです。

とても繊細な模様が浮き彫りになっていました。
かなり細かい匠の技に感動!

誇らしげに立つ喜平次の前にいる与六の銅像が、
どこかを指さしています。

これは、いったいどこを指さしているか???
明日の方向?未来?少年よ、大使を抱け?
その説明は、ちゃんと銅像の脇に書かれていました。

この像は、「春日山を目指し、将来を見つめる二人の姿」なんだそう。

さらに2つ目のポイント。
この像は、どっちが喜平次で、どっちが与六なのか、
この二人の身分などの関係性をもとに作成されたそうなので、
ドラマを見ている方ならすぐにピンとくるはず・・・ですね!

3つ目のポイントは、二人の髪型の違いにも注目!だそうです。


歴史にうとい私にも、とっても分かりやすい説明に、
銅像を見ながら、『おお!』と感動致しました。

さらに、銅像の裏話・秘話は、この後のリーダーのブログをご覧ください!

皆さんも、南魚沼市にできたこの新しい銅像を
是非一度ご覧になってはいかがでしょうか?

また、同じ敷地内にある「サンライズ南魚沼」は、
『義と愛の総合文化展』の主会場となっており、
坂戸城築城五百年展などの展示もございます。
こちらも合わせてご覧ください。

記:阿部 美佳

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.