ついにお披露目「純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年」

 

こんにちは。

 

勝又沙智子です。

 

 

八海山雪室貯蔵庫で静かに熟成させること三年。

ついに商品化となりみなさまにお届けできることとなりました。

Print
 

 

「八海山雪室」は冬の間に降り積もった約1,000トンもの雪を蓄えることで

1年を通して3度前後という低温高湿な環境が安定的に保たれています。

2
 

日本酒は常温で長期貯蔵すると香りや味わいが崩れてしまうと敬遠されてきましたが、

雪室の安定的な環境により、3年という長期間の貯蔵が実現し、

雪室貯蔵特有のまろやかな味わいがうまれました。

 

長く厳しい冬が続く雪国の暮らしにとって、

時にやっかいな存在にもなる雪ですが、

先人たちはその雪の力を活かした雪国独特の暮らしや食文化を育んできました。

そのひとつが「雪室」であり雪国の人たちの知恵と工夫から生まれた「天然の冷蔵庫」です。

3
 

 

近代になると、冷蔵庫の普及によって、

雪を利用した食品の保存は廃れつつありましたが、

最近では、雪室の環境が、電気の冷蔵庫には実現できないような

様々な食品に優れた貯蔵効果をもたらすとして

改めて見直されています。

 

日本酒もそのひとつ。

日本酒を雪室に貯蔵することで、

荒々しさや角がとれてまろやかになるといわれています。

 

他にも、雪室はこんなところで活躍しています→【極上の南魚沼 雪室】

 

「八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年」

早速私も飲んでみました。

雪室貯蔵とはいっても、酒質は純米系でアルコール度数は17度と高めなので、

なんだかんだ言ってもしっかりとした味や香りを想像していましたが、

そんな私のイメージに反して、なめらかできれいな味わい。

雪のチカラってすごい!

 

このきれいな味わいは食中酒としてぴったり。

冷してお飲みいただくのはもちろん、

お燗をするのもおすすめです。

 

これまで、雪が降るたびに、

空を覆う厚い雲にため息をつき、

処理してもまた積もる雪にうんざりすることもありましたが

女子力の活動や、日々の仕事を通じて、

この土地は雪の恩恵を受けた素晴らしい土地だと

ますます思うようになりました。

 

これだけの豪雪地帯にもかかわらず

多くの人々がふつうに生活をしている都市は

世界中でも珍しいそうですね。

 

また雪国の暮らしに楽しみが1つ増えました。

4
 

 

ぜひ「八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年」お試しください。

商品名: 八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年

アルコール: 17度

価   格: 720ml 3100円(税別) カートン別売

2016年6月下旬より順次発売

最寄りの八海山取扱店までお問い合わせください。

http://www.hakkaisan.co.jp/sake/yukimurocyozousyu

 

■取扱店のお問合せはこちらまで

八海醸造株式会社 お客様相談室

TEL 025-775-3866(平日のみ9:00~17:00)

FAX 025-775-3300

※土、日、祝日は翌営業日以降の対応となります。御了承ください。

八海山HP http://www.hakkaisan.co.jp/

 

 

記:勝又沙智子

カテゴリー: ニュース, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.