10月20日(木)【八海山尊神社の大火渡祭】

こんにちは小林昌子です。

朝晩は寒くなりましたね・・・

高い山は、ちらほらと色づき始めました。

ちなみに10月13日の坂戸山は、こんな感じ↓

SONY DSC
 

さて、毎年恒例のこの神事が行われますよ。

八海山尊神社の火渡り・・・

755-590x4421
 

八海山尊神社では、毎年10月20日に

信者が焼けた炭の上を素足で歩く

「大火渡祭」が行われます。

img_2594
 

今から約200年前、地元大崎出身の

泰賢(たいけん)行者によって始められました。

 

祭壇の前に積み上げた杉木が燃え尽き、

真っ赤な炭になったところを

信者たちが家内安全・無病息災を念じて素足で渡ります。

img_2612
 

火を渡ると、一切の不浄・罪障を減却できると云われ

大変ご利益があります。

信者の渡った後は一般の観客も火渡りに参加できるので

全国からたくさんの方々よりお越しいただいています(*^_^*)

 

今年は、私たち女子力の東京メンバーである小杉幸子さんのお友達で

東京都港区青山にある旅行会社㈱クラブワールドの社長様が

お客様を大勢連れて、南魚沼に来て下さり

八海山尊神社の火渡り神事を見学&体験されるそうです。

 

幸子さん、素敵なご縁をありがとう(*^_^*)

美味しい食事、温泉、お酒も楽しんでいっていただきたいです♪

 

この八海山の火渡り大祭を検索すると、写真や動画がたくさん出てきます。

写真からも熱い波動が伝わってきますね!

そうなんです!パワー溢れる御神事です。

なんだか不思議なことに、このポスターに手をかざすだけで

エネルギーがいただけるんですよ(笑)

 

もともと人類にとって、火は神様の宿る神聖な存在。

ギリシャ神話には火の神プロメテウスの話が出てきます。

インドの火の儀式「ホーマー」から、

日本では火を焚くことを「護摩(ごま)」と呼ばれるようになりました。

その本質は変わっていません。

 

「護摩」とは、この火のもつパワーによって、

日々の生活の疲れや悩み苦しみ・煩悩を焼き払い、

浄化して、多くの衆生の幸福と健康を願うものです。

よくお寺で火をたいて何か木をくべているでしょ?あれです。

そして、同じように、火の上を自分の足で歩くことによって

浄化と精神の強靭さを培い、

「自分への挑戦!! 意識を変えて、生まれ変わる儀式」が、火渡りです。

 

「炭の上を歩くなんて大火傷する!無理!無理!」

と思っていませんか?

じつは怖がらなくて大丈夫!誰でもちゃんと火の上を渡れます!!

圧倒される大きな火柱の美しさとパワー。

自分の人生を変えたい方には絶対お勧めです♪

渡ってみませんか? ぜひ♪ぜひ♪

 

八海山尊神社のHPはコチラ▼

http://hakkaisan-sonjinja.jp/

女子力観光プロモーションチームの記事はコチラ▼

http://www.joshi-ryoku.jp/index.php?id=93

hiwatari-top
 

動画はコチラ▼



 

記:小林昌子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.