雪まつり!でも南魚沼の○○は、やっぱりあたたかい!

 

 

こんにちは。都内は冷たい風吹く毎日です。

妹の南雲祥代と同じく都内在住、瀧澤由紀です。

 

先日、高橋那央美さんもブログを書いていましたが、

私も、南魚沼市雪まつりに合わせてまた弾丸帰省してきました。

実家のあたりは道路の雪の壁が高かったです!

それでも父母は、「だいぶ減ったよ~」と。

皆さん本当に、毎日の雪片付けお疲れ様です!

 

南魚沼市雪まつり、今年は出演する方も話題になっていましたね!

高速も朝から渋滞だったそうで、例年に比べて人出はどうだったのでしょうか?

 

私は母と娘達と、遊びに行ってきました。

駅から沢山の家族連れやカップルの中を歩き、会場へ。

テンション上がった次女が、知らない方に自ら

「ゆきまつりにいくの」と話しかけ、私はびっくり!

しかしその方はにっこりして

「そっか~。ばーばも一緒で嬉しいね」と答えて下さいました。

都内の育児生活では滅多にないやりとりに、心温まりました。

 

吹雪いたり晴れ間がちらりと見えたり、なんて変わりやすいお天気でしょう!

まずお出迎えしてくれたドラえもんです♪

1
 

ステージや各種催しには、時間を問わず沢山の人が。

出店もにぎやかで、県外からの出店や、

吹雪をものともせず行列ができていたお店もありました。

2
3
 

写真にとりそびれましたが、甘酒が無料で振る舞われていました!

女子力blogでも度々紹介されている、八海山の酒粕使用の甘酒でした。

大好き『酒粕』

この甘酒の美味しいこと!

優しくしっかり主張する酒粕の風味と、まったりした口当たり。

冷たい手も身体も、ほっと温まる一杯でした。

この美味しさが無料だなんて、南魚沼の寛大さを感じてしまいます。

観光の方には特に喜ばれたのではないでしょうか。

 

数ある出店の中で、可愛い作品を見つけました。

福祉施設『魚野の家』の皆さんのお店です。

利用者の方の就労支援や社会参加の一環として、

このような作品作りをされているようです。

4
 

色とりどりで、インテリアになる大きなものから、

小さなストラップまでがぎっしり並んでいます。

5
6
 

お店の方がそれぞれの作品にまつわるエピソードや、

これはこうして使うといいよ!等おしゃべりしてくれました。

どれも丁寧に細かく作られており、ひとつひとつ表情が違って、

お客さんも長居する方ばかり。

動物のストラップには、子供達が群れていました!

7
 

ストラップの可愛い表情の動物を見つめていると、

制作中の風景が浮かんでくるようです。

 

厳しい南魚沼の長い冬、窓の外は雪。

暖かい部屋の中で「また降ってきたな~」「この鳥、ここはこの色でどう?」

「可愛いのができたね」と、優しい会話。

ぬくもりのある指先で仕上げられたのでしょう。

見れば見るほど温かみがあり、愛嬌がある作品たち!

 

しばらく見入ったあと、次女が「これがいい!」と選んだのは…

可愛いにわとりでした。

「ぴよちゃんのママ」と、自分でお店の方に渡して嬉しそうに受け取っていました!

 

私は今までも、『魚野の家』の事業所自体は知っていましたが、

このように直接触れ合う機会がありませんでした。

恐らく、会場のどのお店でも、こんな出会いややりとりがあったはずです!

 

小さなきっかけで興味を持つことで、そこから南魚沼の魅力や

一面を改めて知ることができるのですね。なんだか新鮮でした。

雪まつりは、雪を楽しむイベントだというイメージが大きいかと思いますが、

そういった面でも大切なものだなと実感しました。

 

直接会話ができたり顔を見ながら、南魚沼のものを

見たり買ったりできる機会が、都内でも沢山あってほしいものです!

 

また、この日は県内のゆるキャラ達も沢山遊びにきていました!

みんな雪道をそ~っと歩いていました。

レルヒさんの大きさにびっくりした次女は号泣し、後退りする始末。

8
 

レルヒさんに「伸長何センチ?」ときいていた少年がおり、

レルヒさんは「2メートル70センチ!ご飯いっぱいたべたらこうなれるよ!」と。

さりげなく聞いていた長女は私に「ママ、ごはんどのくらいたべればいいの?」

 

…う、うん。充分よく食べてるし、

あそこまでは大きくはならなくてもいいよ!女の子だしね…

 

ちなみにこめつぐくんがとても人気でした♪可愛いですよね!

9
 

各関係者の皆様、出店者の皆様、貴重なイベントをありがとうございました。

雪まつりにいらしていた皆さんに、沢山の素敵な出会いがあったことを願います☆

10
 

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.