ワイシャツクリーニングの裏話

 

こんにちは、洗濯王子、若井尚史です。

本日は本業、ワイシャツクリーニングの裏話を!

『部屋とYシャツと私~♪ 愛するあなたのため、毎日磨いていたいから~♪』

なんて歌あったな~(#^.^#)

 

さて、お客様から服をお預かりしたら、まずポケットの中、

汚れ、シミ、ホツレ、キズ、など点検します。

ここでボタンは全て外します。

出来たらお客様自身で点検しながらボタンを外して頂きたいです。

 

で、洗う前に、汚れ、シミの前処理をします。

前処理とはお店によって違いはありますが

当店では洗剤を直に散布する方法をとってます。

 

次に洗いです。

ワイシャツの場合は40℃〜50℃の温水で洗浄、すすぎをします。

家庭との違いは、この温水を使うのと、しっかり糊付けをする事です。

糊はただ単にシャツに張りを与えるだけではなく、

付着した汚れを落ちやすくする効果があります。

よく、クリーニング店は洗剤が違うとか言われますが

最近では家庭洗剤の方が進んでいるので洗浄力は家庭洗剤が上回っています。

 

洗い終わると次の工程、仕上げに移ります。

まず襟、カフス専用プレス機で仕上げます。

image4
image3
 

次に当店ではボディープレス機で仕上げます。

image1
image2
 

このボディープレス機を導入していないお店はここからアイロンを使い手仕上げします。

当店ではボディープレス機の後、手仕上げし、たたみ仕上げで完了です。

image7
image5
image6
 

南魚沼市のワイシャツのクリーニング料金は

98円〜300円(税抜き)と約3倍の格差があります。

安価でするにはこの工程のどこかを省略しなければ出来ません。

安価が良いとか悪いとか高価が良いとか悪いとかは

お客様それぞれの価値観がありますので、

生活スタイルに合ったクリーニング店を選んで下さいませm(_ _)m

 

記:若井 尚史

 

若井クリーニング

新潟県南魚沼市上原154-7

TEL 025-775-2153

http://miyabiarai.org/member/minamiuonuma/wakai-cleaning/

カテゴリー: ニュース, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.