南魚沼・ファッションブランド『ノコク』

 

こんにちは。初田敏美です。

 

今日は南魚沼の人気店♪

『雑貨と洋服やさん ハイネ』さんのご紹介です(*^_^*)

六日町にあります『雑貨と洋服やさん ハイネ』さんは、

肌と身体に優しいものがたくさん♪

そして、楽しくなる商品ばかりです。

 

その中でも、ニット作家 ito.(イト)さんの編み物作品(ブローチ・バックなど)は、

色使いがきれいで心がウキウキします。

写真は ito.の佐野美由紀さん(写真・左)とハイネの阿部順子さん(写真・右)

00
 

雰囲気が似ていますよね。

 

お二人で作った洋服『ノコク』がここに誕生しました。

01
02
03
ナチュラルで、色使いがきれいで、元気が出ます。

 

《ノコク誕生は?》

昨年夏、美由紀さんが

「自分で着るワンピースを作りたいから、パターンをひいて

と順子さんにお願いをしました。

そして、美由紀さんはパターン(型紙)をもとに、ミシンで洋服を作製。

ノコク第一号の作品は、美由紀さんご自身の洋服。

 

ん???パターンをひくって? どういうこと??

パターンとは、型紙を作ること。

デザインをもとにパターン(型紙)を作るお仕事を、パタンナーというそうです。

阿部順子さんは、

高校卒業後、東京の文化服装学院で縫製・パターンを学び

その後東京でパタンナーなどの仕事をしてきた経歴があります。

佐野美由紀さんは、

長岡で洋服のサンプル縫いのお仕事を経て、

六日町に帰って来て洋服の「お直し」を始め、

その後、フルオーダーで洋服づくりをしてきた経歴があります。

お二人とも、デザイン、パタンナー、縫製までの、洋服作りのすべて出来るのです。

しかし得意なことが真逆なお二人。

パタンナーは感性が豊かなお仕事を得意とする順子さんが担当。

04
 

そして裁断・縫製は繊細なお仕事を得意とする美由紀さんが担当

05
 

お互いの才能を認め合い、補い合い「ノコク」が誕生しました。

 

《 「ノコク」というネーミング・・・名前について特別な思いや意味があるの? 》

かるたで、3枚ひいたら順番に、「の」・「こ」・「く」と出たから、と

インスピレーションで決めた名前

06
 

すごく自然体なお二人らしい名前の決め方です(笑)

タグもかわいい~(美由紀さんデザイン)

07
 

ノコクの洋服は、楽(^^♪と評判です。

素材も、綿・麻・ガーゼなどの素材で作られています。

そして、「色を着てほしい」という思いから、きれいな色が多いです。

08
 

きれいな色を着ると、気持ちも明るくなるから、

もっと街に明るい色を増やしたい!とお二人の想いがあります。

09
 

私は以前、色(カラー)の勉強をしたことがあります。

第一印象はおよそ3秒で決まると言われています。

目から入る視覚情報の多くは「色」の情報。

ファッションでは、着る洋服の色によって人に与える印象も変われば、

もちろん着ている人自身の気持ちも変わります。

10
 

キレイな色を着ている人は、ポジティブな感じがしますね。

 

ノコクは、今まで50着くらい製作・販売し、今現在7件のご予約を受けているそうです。

お客様の要望を聞きながら、セミオーダーも可能。

背の高い方は「○㎝、丈を長く」など

お客様のご要望から、いろいろなデザイン、イメージが湧いてくる、

それをお二人で形に仕上げていく、

妥協をせず、丁寧なお仕事です。

 

≪今後の「ノコク」の展開は?≫

流れにまかせています、とお二人の答え。

あくまでも自然体。

 

私も「ノコク」の大ファンになりました。

11
 

『雑貨と洋服やさん ハイネ』

南魚沼市六日町2132-1

℡025-772-2030

営業時間10:00~19:00  /  定休日 日曜日

https://heine2010.jimdo.com/

 

記:初田 敏美

カテゴリー: ニュース, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.