八海神社の厄払いとカタクリ祭り

 

こんにちは。紫陽花が咲くのを楽しみにしている、

南魚沼出身、東京在住の瀧澤由紀です。

ゴールデンウィーク前半、とある日の上越新幹線。

ニュースでは乗車率が繰り返し告げられ、

ホームは荷物や乗客で溢れていました。

やっとこ乗り込んだ車内はデッキをはじめ、

座席を左右に分ける通路まで人がいっぱい!

車内販売のワゴンは全く動けず、お手洗いにいくのも難しいような混雑。

こんなに新潟に帰る人がいるなんて!と、毎回複雑な気持ちになります(笑)。

 

いつもの倍以上の時間に感じながら、ようやく到着。

長かった~頭いたいと娘たち。

頑張ったね~といいながら、私も重い頭をあげました。

すぐに目に入る、いつもの景色。

18
 

わーー!ホッとする…やっぱり今の時期も最高~!

緑も茶色も輝いて見えます。

 

瞬時に顔がパッと明るくなり、「ただいまー!!」と走り出す娘。

目から入るビタミンって、すごい力があります。

そして空気。頭痛にも最速で効果があります!

混んでいても、毎回弾丸帰省でも、

やっぱりきてよかった~と思ういつもの瞬間です。

 

実は今回の帰省で果たしたかった目的が、

【八海神社で厄払いをすること】。

7
 

私事ですが、これが厄年というものなのか、

はたまた単純に歳をとったせいなのか、

何かのせいであってほしいことが

長く続いているのです。

人生の先輩方、そんな時期があるものですか?

 

厄払いをしてもらうなら八海神社!と決めていた私。

問合せたところ、直前にも関わらず快く応じて下さいました。

4
6
 

独特の太鼓のリズムから始まること数分間。

神主さんの祝詞に耳を傾け目を閉じている間も、

大勢の参拝の方の気配を背中に感じました。

最後にお札を頂き、気持ちはすっきりしました!

帰り際に神主さんが

「女の人は、自分に構ってられない時期があるからね。

あまり無理しないで」と声もかけてくれ、

なんともいえない安堵感に包まれました。

この、気の持ちようが大切ですよね◎

 

八海神社については、こちらもご覧ください↓

極上の南魚沼・歴史 八海神社

hakkaijinja-1

 

 

よーし!これでOK!と

俄然元気が出てきたので、そのまま八海山スキー場へ♪

そうです、このためです!

3
5
 

県外ナンバーの車が沢山ある中、第二駐車場からコースへ。

1
2
8
9
 

ロープウェーも、朝早くからお客さんが並んでいました。

これはきれいですよね~。

残雪と、南魚沼市の花・カタクリの群落は感慨深いものがありました。

初恋、寂しさに耐える、謙遜、尊重される』等の花言葉を持ち

控えめですが芯のある強い花。こんな女性に憧れます。

17
 

ちなみに、カタクリがどうして南魚沼市の花になったのかは、こちらをご覧ください↓

極上の南魚沼・自然 カタクリ

 

満喫しながらゆっくり下り、売店にも寄りました。

入口にあるこのお水、いつも冷たく澄んで美味しいです!

15
 

店内に入ると、すぐにカタクリグッズのコーナーが。

野の花館』の外山康雄先生による

繊細で素敵なデザインに、手が伸びてしまいますね。

14
 

この時期ならでは、山菜コーナーも!

11
 

私のおすすめと、人気ランキングはこちらです!

13
16
 

残念…枝豆あられは上位には入っていないようです。

恐らく6位か7位でしょう。

そして魚沼限定商品、さすがの人気ですね!

 

そうそう、駐車場にある自動販売機も素晴らしいです。

ご存知なかった方、行かれたらぜひ注目してください!

10
12
 

四季の魅力がすごくわかりやすいですし、

こうして見るとどの季節も美しすぎます。

 

 

都内の自宅に戻り、八海神社で頂いたお札も飾りました。

なんだかとっても心強いです(笑)。

やっぱり私にとって南魚沼は、この上ないパワースポットです!

 

今回は芽がでたばかりで可愛かった父の畑の野菜が、

どこまで育っているかを楽しみにまた帰りまーす!

19
20
 

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.