花の百名山 平標山レポート

 

こんにちは、VITAの廣田誠です。

前回の巻機山が好評いただけたようですので、

今回は平標山を紹介したいと思います。

前回の記事はこちら↓

日本百名山 巻機山レポート

 

■平標山(たいらっぴょうやま) 標高1,983m

花の百名山の一つ。

週末になると駐車場が一杯になる人気の山です。

・JR上越新幹線「越後湯沢駅」より車で35分

・関越自動車道 湯沢インターより車で30分

・駐車場:平標登山口駐車場(有料/トイレ有/150台)

 

谷川連峰の西端に位置する標高1983mの山頂からは、

三国山脈の大パノラマが一望できます。

 

花の百名山に数えられるこの山は、高山植物が咲き誇り、

山好きだけだなく、花好きからも人気のある山です。

 

主な登山コースは松手山経由コースと平成新道コース。

松手山コースは少し急な登りもあり足腰に不安のある方は大変ではありますが、

小さな高山植物を見つけやすいという利点もあります。

 

001松手山コース
 

写真は数年前のちょうど今頃。

高山植物が見頃になる季節です。

002ブナ
 

登り始めはブナ林の中を歩きます。

頭上を見上げると太陽をいっぱいに集めようと広がるブナの葉が。

登り始めから30分程度。

この辺りから徐々に高山植物が現れ始めます。

 

003アカモノ
「アカモノ」

 

004キンポウゲ
「キンポウゲ」

 

005タニウツギ
「タニウツギ」

 

探す必要もないほど、次から次へと現れる小さな花達。

写真を撮るのに大忙しです。

 

そして、ふと耳を澄ますと聞こえてくる「カラカラ」と響く乾いた音。

その正体は、こいつです。

 

006エゾハルゼミ
「エゾハルゼミ」

 

辺りに目を向けると、沢山の抜け殻が。

そして林が途切れた隙間からは、まっ平らな頂きの苗場山を望めます。

 

007苗場山
「苗場山 標高2145m 日本百名山の一つ」

 

登り始めから約1時間半で、多くの方が休憩の目安にする「鉄塔」に到着。

まずは栄養補給をして、身体を少し休めます。

経由地の松手山山頂へはもう少し。

 

ようやく勾配も緩やかになり、周囲の樹木が低くなります。

周りにはムラサキヤシオツツジが群生し、緑の中にピンク色が映えます。

 

008ムラサキヤシオツツジ
「ムラサキヤシオツツジ」

 

ツツジを見ながら歩みを進めると、経由地松手山の山頂標識が!

 

SONY DSC
「松手山 標高1613m」

 

ここまでくれば、後は気持ちの良い稜線歩き。

そして周囲には新たな高山植物が顔を出します。

 

010イワカガミ
「イワカガミ」

 

011シラネアオイ
「シラネアオイ」

 

012イワナシ
「イワナシ」

 

花を見ながら歩くこと数十分、周囲はガレ場の木製階段が。

この階段を登れば山頂!

その手前にはハクサンイチゲの群生が。

 

013ハクサンイチゲ
「ハクサンイチゲ」

 

そして、ようやく平標山山頂!

 

SONY DSC
 

登山開始から約4時間。

周囲を見渡すと、仙ノ倉山、谷川岳、巻機山、苗場山・・・。

360度の大展望です!

 

SONY DSC
「仙ノ倉山 標高2026m 日本二百名山の一つ」

 

時間に余裕があれば、標高2026mの仙ノ倉山へも是非足を運んでいただきたいです。

仙ノ倉山へ向かう道中にも沢山の花が咲き誇ります。

 

016ハクサンコザクラ
「ハクサンコザクラ」

 

017ミネズオウ
「ミネズオウ」

 

正に花の百名山!

他にも道中目にした高山植物が沢山ありました。

 

018ハクサンシャクナゲ
「ハクサンシャクナゲ」

 

019チゴユリ
「チゴユリ」

 

020ヒメイチゲ
「ヒメイチゲ」

 

021ミツバオウレン
「ミツバオウレン」

 

そんな花に誘われてか、蝶の姿もありました。

 

022ヤマキマダラヒカゲ
「ヤマキマダラヒカゲ」

 

帰りは木製階段が延々と続く降りを行きます。

歩幅が合わずに大変ですが、一歩ずつ気をつけて降りましょう。

 

いかがでしたでしょうか?平標山レポート。

ちょうど今頃から見頃となっているはずですが、

足元の花ばかり見て、周囲の景色を見なかった!なんてことの無いように(笑)

 

そうそう、最後に駐車場のトイレが新設されました!

なんとウォシュレット付き!良い時代になったものです。

 

023駐車場トイレ
 

 

※新潟県内 山開き情報2017

https://www.niigata-kankou.or.jp/oshirase/14040901.html

 

 

記:廣田 誠

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼の山と登山情報, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

花の百名山 平標山レポート への2件のフィードバック

  1. Hiroyuki のコメント:

    コメント2回目です。
    平標山、思い出深い山です!カラマツ林も有名です。また息子と登ってみたいです。
    タニウツギ!
    以前住んでいたリゾートマンションの近くにもたくさん咲いていましたが、その名前を知ったのは、息子と塩沢の自然観察会に行った時でした。とてもきれいな花なのに、ここでは火事花(かじばな)と言われ、忌み嫌われているのが、とっても不思議でした~。

    • 廣田誠 のコメント:

      Hiroyukiさま
      コメントありがとうございます!
      南魚沼の山々はようやく登山シーズンに入りました。
      是非またご家族で登山にいらして下さいませ。

      タニウツギ!火事花と言われているんですね!?
      塩沢に居ながら初めて耳に致しました^^;
      今度詳しそうな方へ由来を聞いてみたいと思います。
      では、今後も女子力ブログを宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.