祝・創業300周年!鶴齢の雪室と大感謝祭

 

はじめまして。

南魚沼市塩沢で「鶴齢」、「雪男」というお酒を醸しております

青木酒造の阿部勉と申します。

この度、ご縁を頂きブログに参加させていただくこととなりました。

よろしくお願いします。

 

まずは簡単に私の自己紹介をさせて頂きます。

ハローキティーと同じ1974年生まれで、今年43歳となります。

生まれも育ちも南魚沼で高校卒業後、進学のため上京し、

21歳で再び南魚沼に帰郷、現在に至っています。

青木酒造にお世話になって22年

(高校1年からアルバイトでお世話になっているので、足掛け27年ですが)

になります。

現在は青木酒造で統括部長という職につかせて頂いております。

 

さて、弊社は1717年(享保2年)の創業から今年で300周年を迎えさせていただきました。

ひとえにご愛顧いただいているお客様のおかげと感謝しております。

また、それと共に歴代の先人達が努力と苦労を積み上げてきた歴史を思うと、

この節目の年に携われる責任の重さも感じている毎日です。

 

今年1年は記念事業も多く計画しており、このブログでも

いろいろご紹介させていただければと思っております。

その記念事業のひとつで、昨秋から建築しておりました

雪冷房貯蔵施設「鶴齢の雪室」が完成し、

5月9日に竣工式を行わせていただきました。

IMG_5706
IMG_7014
 

「鶴齢の雪室」は主に4つの部屋に区切られており、

ひとつが雪を溜める部屋「貯雪室」になります。

こちらの部屋には約400トンの雪が溜められます。

2月に雪を入れ、1年間その冷気を利用しお酒を貯蔵します。

(1年間かけてゆっくりと400トンの雪は溶けて無くなります。)

IMG_6984 20170220_112310
 

雪から得た冷気エネルギーだけで冷やす部屋が「雪温熟成庫」になります。

この部屋は冷媒等の電気機器は一切使用しません。

Co2の削減などエコ対策コスト対策になるのですが、

この部屋の最大の特徴はそこではなく、部屋の温度が常に一定に保てる事。

通常冷蔵庫は、仮に5℃と設定すると庫内温度が上昇(~7℃位)すると

サーモスタットが働き冷媒が作動し温度を下げます。

温度が下がる(4℃位)と今度は冷媒が止まります。

すなわち、冷蔵庫の中でお酒は常に3℃~4℃位の温度変化を

繰り返すことになりますので、お酒にストレスがかかります。

理想の貯蔵環境はこの温度変化が起こらないことが大切なのです。

このわずかな変化も起こらない雪室の環境が

お酒を本当にまろやかに美味しくしてくれます。

「雪温熟成庫」の最大の特徴は品質アップに繋がることなのです。

IMG_6985
 

雪の冷気エネルギーと冷媒機を使った冷気で冷やす部屋が「氷冷貯蔵庫」です。

こちらは主に生酒(熱殺菌を行わないお酒)を貯蔵する-5℃くらいの部屋になります。

IMG_6986
 

そして最後にご紹介する部屋が「製品保蔵庫」。

こちらの部屋は、先に紹介した部屋を通ってきた冷気を再利用して使用し、

さらに地下水を汲み上げその水を循環させて部屋を冷やす仕組みになっており

外気温-5℃~-10℃位に保てる部屋です。

皆様にお届けするお酒をこの部屋で一時保管し出荷していきますので、

今後弊社で醸したお酒「鶴齢」、「雪男」はすべて雪室貯蔵酒となります。

ぜひ今後の鶴齢、雪男、ご期待下さい。

IMG_7019
 

 

さて、創業300年を迎えさせていただきました日頃の皆様への

感謝の意味を込めまして、この鶴齢の雪室で

平成29年7月16日(日)に「青木酒造創業300周年大感謝祭」を開催いたします。

Page0001
 

当日は、様々なステージイベントを行う予定で、フード屋台も多数出店いたします。

また、当日限定の記念酒、記念酒器の販売も行います。

そして夜は塩沢まつり花火大会が開催されますので、

池端信宏プロデュース青木酒造提供花火を皆様と共に鑑賞したいと思っております。

多くの皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

青木酒造 株式会社 HP

http://www.kakurei.co.jp/

青木酒造 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/kakurei1717/

 

 

記:阿部 勉

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

祝・創業300周年!鶴齢の雪室と大感謝祭 への2件のフィードバック

    • minamiuonuma のコメント:

      かむ 様

      塩沢まつり大花火大会、青木酒造様提供花火の動画リンクありがとうございます。
      こちらを見れば、何度も楽しむことができますね(*^^*)
      素敵な花火でした♪

      南魚沼市女子力観光プロモーションチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.