清酒髙千代 巻機山頂奉納登山

 

こんにちは!髙千代酒造の中澤智です。

 

髙千代清酒の源である仕込み水。

極軟水のその水の源は越後百名山「巻機山」となります。

弊社ではすべての造りの感謝と来季醸造のお願いをするために

毎年「奉納登山」を行っています。

今年で第29回となり、弊社イベントでは長寿のイベントとなりました。

毎年、東京学芸大学{登高会支援隊の方々}が一緒に登っていただいています。

今回は尾根隊とヌクビ沢隊の総勢31名で行いました!

 

※巻機山のコースについては、こちらをご覧ください↓

極上の南魚沼・自然 新緑の巻機山~井戸尾根コース~

極上の南魚沼・自然 巻機山~ヌクビ沢コース~

極上の南魚沼・自然 巻機山~米子沢~

極上の南魚沼・自然 巻機山~夏・米子沢~

 

まずは登り始めの準備体操。(午前4時半)

①
 

私はヌクビ沢隊でした。平坦な登山道を進みます!

まだ暗めで、ヘッドライトの灯りを頼りに沢まで進みます!

 

ようやく「藍瓶ノ滝」付近

②
③
 

空気はひんやりとしています。まだまだ雪渓もあります。

 

そして「布千岩」付近。

こちらは80メートルほどの一枚岩です!

これが登り始めです!

④
 

朝ごはんで栄養補給。

⑤
 

ようやく日光を感じるところまで来ました!

 

栄養を補給しながらどんどん進みます!

子供のころにも川遊びばかりしてたので、

岩から岩へぴょんぴょん飛び移る記憶が呼び戻ってきて懐かしい気持ちです。

年も年なんでほどほどにしましたが(笑)

 

進んでいくと「行者ノ滝」付近。

⑥
⑦
 

崖を這って登っていきます。残りは約3分の1です。

 

どんどん沢幅も狭くなってきました。

雪渓もあり、危険なので脇を抜けながら進みます。

⑧
⑨
⑩
 

最後の急斜面を越えまして、割引岳途中に出ました。

最後はかなり急こう配で、写真を撮る余力がありませんでした。

 

そしてようやく登頂!

⑪
 

山頂付近はトンボも。秋の足音が近づいています。

⑫
 

ここで全員が登頂し、山頂にて清酒「巻機」シリーズを奉納します。

まずは祝詞をあげさせていただき、全員で般若心経を唱え、

最後に支援隊の方々より山の歌を3曲奉納してきました!

もちろんお神酒として、登頂されている方に振る舞い酒を(^^♪

⑬
⑭
 

毎年行いますが、巻機の自然感や今回登った沢の「涼」を

酒を通じて皆様に発信し、酒を飲んで感じていただければと強く思いました!

 

帰りは、尾根コースを下山します。

 

現在、山頂から下った付近より8合目あたりまで登山道が整備されていました!

今後登られる方々も是非見てみてください!

⑮
 

いつまでも綺麗な「巻機山」があり続けられるように、

登山のマナーや万全な準備をお願いします!

 

そして私どもは、夕方全員が無事に下山して

楽しい宴《慰労会》が行われたことは言うまでもありません。

 

百名山でもある「巻機山」そして清酒「巻機」、

どちらもよろしくお願いいたします。

 

 

◆髙千代酒造 ホームページ

http://www.takachiyo.co.jp/

◆Facebook ページ

高千代酒造株式会社 Takachiyo Sake Brewery Co.,LTD フェイスブックページ

 

◆南魚沼市 巻機山情報

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/kanko/enjoy_nature/mountain/1455872284405.html

 

記:中澤 智

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 南魚沼の山と登山情報, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.