能楽の集いinトミオカホワイト美術館

 

こんにちは。初田 敏美です。

9月にあるイベントをご紹介いたします。

霊峰八海山が目の前に見える、絶景スポットの『トミオカホワイト美術館』。

http://www.joshi-ryoku.jp/index.php?id=265

01
 

私が伺った日は、八海山は残念ながら雲の中でした。

02
 

これは昨年の12月上旬に撮った八海山です。

03
 

新潟県上越市(高田)出身の富岡惣一郎氏は、

黄変、亀裂、剥落のない白油絵の具「トミオカホワイト」を自ら開発しました。

「白」にこだわった画家。

04
 

白と黒の世界は、黒をベースにトミオカホワイトの白を塗り重ね、

その後白を削って表現する独自の技法。

また、大きなキャンバスに塗るため、パティシェが使う

大きなパレットナイフのようなものを使います。

雪国を表現した作品、水を表現した作品、花火など。

05
 

そんな素敵な作品が展示されているトミオカホワイト美術館で、

日本の伝統芸能『能楽』をお楽しみいただけます。

富岡惣一郎氏は日本の伝統芸能の俳句や能にもご興味があったようですよ。

 

【能楽への誘い―観世流の舞鑑賞会】

□ 日時  2017年9月10日(日)

□ 開場  13:00 / 開演  13:30

□ 会場  展示室

□ 入場には入館料が必要です。

※ 南魚沼市内の小中学生は入館無料

07
 

白謡会」という謡(うたい)・仕舞を趣味としているアマチュアの団体で

国内外で能のすばらしさを広く知っていただくための活動を行っています。

本拠地は横浜にありますが、六日町にも支部があり、実は私もそのメンバーの一人です。

07
 

また、前日の9月9日(土)もライアーコンサートが開催されます。

【~癒しの音色と白の情景~】

□ 日時  2017年9月9日(土)

□ 開場  13:30 / 開演  14:00

□ 奏者  ヤン・ブラウンシュタイン

プラハ音楽院ライアーコース学科長

□ 料金  前売券 大人2,000円(当日券2,500円)

※中学生以下無料・未就学児の入場はご遠慮ください。

 

ぜひ、トミオカホワイト美術館へお出かけください。

08
 

お問合せ:南魚沼市トミオカホワイト美術館

〒949-7124 南魚沼市上薬師堂142

TEL 025-775-3646

URL http://www.6bun.jp/white/

 

 

記:初田 敏美

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.