酒米「一本〆」稲刈りイベント!

 

こんにちは!髙千代酒造の中澤智です。

 

南魚沼もようやく黄金色に輝く田んぼになってきまして、秋の装いとなってきました!

酒蔵にとって秋は仕込みの準備が始まります。

各地から新米が届き、自社精米が始まります。

そして道具の手入れを行い、来る10月より仕込み開始となります!

新酒が出るのが10月下旬~11月上旬となるでしょうか!

冬の仕込みの様子はこちら↓

はじめまして!髙千代酒造の中澤 智と申します。

現在、蔵内はピカピカです(^^♪

①
 

先日、台風が縦断する前に

弊社イベント「酒米一本〆稲刈り体験」が行われました。

遠方より多くのお客様にお越しいただき、社員含め70名での稲刈りとなりました。

イベント内容
 

③
 

当日は取材も入り、県内ニュースでもピックアップしてくれるそうです。

(日時が判明次第、弊社FBにてお知らせします。)

 

ちなみに、田植えの様子はこちらのブログをご覧ください↓

こだわりの酒米の田植え。そして国際味覚賞。

 

このイベントは、その年の仕込みに使用する酒米の稲刈りではなく、

来期の作付けをする種を稲刈りするイベントです。

来年の仕込みに使われる酒米「一本〆」全量の為に行われます。

交配種である「一本〆」ですので、

弊社はその遺伝子をしっかり受け継がれるように、

毎年種子管理を行い契約農家さんへと配ります。

弊社の酒造りに欠かせない酒米「一本〆」の

次年度に向けた第一歩を皆さんと共に行いました!

栽培田では杜氏・阿部さんから、稲の刈り方、はざ掛け、

お米について等の説明がありました。みなさん真剣です!

④
⑤
 

さすがに大勢の方に参加していただけたので、刈る作業は早いです!(^^)!

⑥
⑦
⑧
⑨
 

稲をはざ掛けにかけるために丸ける(束ねる)作業が間に合いません(笑)

⑩
 

参加された方々も田んぼの生物(カエル、バッタ、トンボ)に興味津々。

特に子供さんは稲刈りよりそちらに興味津々でした(^^)

⑪
 

予定通り、無事にすべての作業が終了!

最後は皆さんで一粒の種も無駄にしないように、

田んぼに落ちている稲も一本残らず、刈り取りしました!

これで次年度の作付け・仕込みに向けての第一歩となりました!

参加された方々、有難うございます!

⑫
 

 

もちろん、これで終了とはなりません!ここからがお楽しみの

 

懇・親・会!

 

メインは社長の手料理と囲炉裏でじっくり焼く・・・

 



⑬
 

鮎!

⑭
 

鮎!!

⑮
 

子持ち鮎を、お手伝いいただいている酒販店さんがじっくり焼きます!

これを楽しみにこられる方も多いです!

 

お酒は、「清酒 巻機」&稲刈り記念酒「みのり酒」(県内限定)

&高温山廃純米酒などを楽しみました。

お燗酒もこの時期は大変好評でした。

⑯
⑰
 

六日町限定純米酒「雪あねさ」のつながりから

六日町温泉旅館組合の女将さんたちも駆けつけてくださり、

開湯60周年の思いを語っていただきました!

⑱
⑲
 

懇親会では今年の造りに向けてお客様より激励いただきました!

今季も良い酒を造れるように蔵人一同頑張ります!

是非来年も「稲刈りイベント」を企画する運びですので、

南魚沼に泊まりに来て自然を体験、そして髙千代を体感してみませんか?

そして、新酒もお楽しみに~!

 

 

◆髙千代酒造 ホームページ

http://www.takachiyo.co.jp/

◆髙千代酒造 Facebook ページ

高千代酒造株式会社 Takachiyo Sake Brewery Co.,LTD フェイスブックページ

 

記:中澤 智

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.