南魚沼のパイプオルガン

 

こんにちは  音楽家 橘 光一です

〇〇の秋 という言葉が色々ありますが

今回は スポーツの秋・芸術の秋 に ふさわしく

『スポーツフェスティバル2017in大原運動公園』

10月①
 

について書く予定にしてましたが・・・

残念ながら、 台風22号接近の為 中止となりました

10月②
 

実は このイベントの直前には

スケジュール調整して頂き 出演予定だった

沖縄・読谷村での野外コンサートも台風で中止ということもありました・・・

10月③
 

落ち込みつつ、 別の 芸術ネタを書いてみました。

 

さて、みなさん  南魚沼に 立派なパイプオルガンがあるのをご存知ですか?

正確に言うと 『チャーチオルガン』と呼ばれるものですが、

見た目は立派なパイプオルガンです!

パイプオルガンとは、

各鍵盤と パイプ(リコーダーと思って下さい)が 繋がっていて

鍵盤を押すと そのパイプに空気が送られて 音が鳴る仕組みです。

DSC_0393
 

これは 最近弾いた、 東京 『府中の森芸術劇場』のパイプオルガンです

 

その「パイプ」が無いけれど、 基本的に 電気で同じ様な音を出す

パイプの付いていないものが 『チャーチオルガン』です

(飾りのパイプをつけたりするものもあります)

 

この『チャーチオルガンが

浦佐の 北里大学保健衛生専門学院にあるんです!

10月⑤
 

自分も その楽器の存在を知らなかったのですが 、前学院長から

「全く使ってないから 自分の任期中にコンサートしてくれないか?」との話を頂き

この立派なオルガンを10年以上使ってないのはもったいなさすぎる!

と思い 演奏させていただきました。

10月⑥
 

電子制御なので 調律も必要無く、 問題なく いい音が響きます。

10月⑦
 

パイプオルガンというと 中々 聞く機会が無かったり

難しいと思って 敬遠するかと思いますが

必ず 小学校で習ったり 音は聞いた事があるはずです。

DSC_2794
DSC_2796
 

写真は 嘉門達夫の替え歌で有名な バッハの『トッカータとフーガ ニ短調』 と

学校のチャイムのモチーフになっている 『ウエストミンスターの鐘』の楽譜です。

 

コンサートの写真は 昨年の学園祭のものですが、

誰もが知ってる、 聞いた事がある 有名な 『オペラ座の怪人』、

この曲も 荘厳なパイプオルガンで始まるので

アレンジをして吹奏楽部とのコラボもさせて頂きました。

DSC_2792
10月⑪
 

このオルガンを使ったコンサートが

今年は 12月2日土曜 13:30~15:00の予定で

北里大学保健衛生専門学院で行われます。

(詳しくは11月15日に発行される市報みなみうおぬまをご覧ください)

10月⑫
10月⑬
 

今回はクリスマスコンサートという事で

この立派なオルガンと 電子オルガンも使って

楽しいコンサートになりますので

是非一度 足を運んでみませんか?

オルガンの荘厳な音色、優しい音色で

心が洗われる気分が味わえますよ(笑)

お待ちしています。

 

 

記:橘 光一

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.