冬の夜空と月旅行??

 

こんにちは。

中島すい子です。

 

南魚沼にもついに雪が降りました!

晩秋の紅葉とコラボして、この地方でなければ観れない、美しい景色ですね。

 

先日、晴天の日の夜空も本当にきれいでした。

日々の生活に追われて、あまり夜空を見上げる事がなかったのですが、

オレンジ色の幻想的な月もたまにはいいものですね!

 

月にはかぐや姫が住んでいて、

ウサギさんがぺったんぺったんお餅つきの真っ最中・・・

なんて信じていたあどけない時代はもう、とうの昔のお話です。

近頃はこんな事を言おうものなら、

幼稚園児にさえもバカにされてしまいそうです。

月1
 

「宇宙旅行」さえ話題になるこのご時世。

 

旅行会社の「4泊5日の月旅行。宇宙遊泳のオプション有り!

なんていうチラシが新聞の折り込みに入ってくるのも、

そう遠い話ではないかもしれませんよ。

月3
 

では、もしそれが実現した場合のツアー料金は、

いったいいくらくらいになるのでしょうか?

石川雲蝶バスツアーの料金より、はるかに高い事だけは確かです(笑)

 

NASAの調べによると、十数年くらい前で、

スペースシャトルの運行料金は体重100㎏あたり、

10億円はかかるといいます。

という事は、電卓ではじき出すまでもなく

体重50㎏の人で5億円、子どもでも2億円くらい

かかってしまう事になります。

月4
 

これがお相撲さんともなれば・・・えぇ~??

考えただけでも目まいがします。

これからの時代、おちおち太ってもいられません。

ただ、技術が進んで打ち上げたロケットを回収できるようになれば、

かなり安くなるという事です。

とは言っても、ひとり数千万円くらいは見なければならない

という事なので、庶民には当分手の届かない存在のようです。

 

以前テレビの番組で、女性の宇宙飛行士山崎直子さんが、

「近い将来、宇宙旅行は必ずできる」と言っていました。

ウソかまことか、大林組

宇宙までエレベーターで行く事ができるように研究しているとの事。

2050年の建設を目指しているそうです。

月2
 

なんと、月は2週間程度の滞在で、30億円かかる!!!

のだそうですが・・・

宇宙ステーションからすぐに帰ってくるなら

1千万円~2千万円くらい。

いずれは火星にも行けるようになるそうですよ。

 

来年、民間人2人を乗せて、有人宇宙船ドラゴンが

月周回旅行に出発するそうですが、

この2人すでに旅行代金は支払い済みだとか。

出発までに訓練に入るそうですが、何ともウラヤマシイ(^^♪

 

更に100人の限定で月への移住予定者がいます。

(地球に帰って来れないことが条件だとか)

しかも、その中には日本人が1人います。

そして、私が一番興味をもっている

『宇宙人はいるのか?』という事ですが、

山崎直子さん曰く、「います」。

見たという飛行士がいるそうで、

地球人よりもはるかに成長している生物だったと言っていたそうです。

 

未来の扉はすでに開いているようですが、

見てみたいような怖いような・・・

 

それでも生きている間に是非一度と思う人がいれば、

とにかく長生きして宇宙旅行がディスカウントされるのを待つか、

真面目にせっせと貯金するしかないようですね。

 

皆さんは、どちら???

月5
 

南魚沼では、晴れた夜は星や月がとってもキレイに見えるんです。

特にキレイなのが冬の夜。

オリオン座やふたご座、おおいぬ座にこいぬ座・・・

冬の大三角や、冬のダイヤモンドなんてのもあります。

寒いけど、ずっと見ていたくなる空なんですよ。

あっ、流れ星!って思っても、見とれてしまって

つい願い事をしそこねることもしばしば・・・(^^;

そして、これからの季節は

月明かりに照らされてキラキラと輝く真っ白な雪

という、幻想的な世界が楽しめます。

ぜひ皆さんも、空を見上げて、南魚沼の夜を楽しんでくださいね。

1002698_493576384054353_275095482_n
1003089_493573664054625_1931396411_n
 

では、また来月・・・

 

 

記:中島 すい子

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.