塩沢織物で世界にひとつだけの贈り物♪

 

こんにちは、原 恵子です。

あっというまに12月になってしまいました。

寒い毎日ですが、皆さん風邪などひかれていませんか?

うちの猫たちは、歌にあるとおり、「コタツで丸くなって」います(^-^)。

1
2
 

12月というと、時期的にお歳暮やクリスマスなど、お世話になった方々に

贈り物をする機会が多い時期なのではないかな、と思います。

今日はこの南魚沼ゆかりのお品物を使った、贈り物のお話を書きたいと思います。

 

実はこのたび、新潟市にいる私の上司にお子さんが生まれまして。

女の子です。とてもキビシイ(特に私には(^^;)上司なのですが、

お世話になっているし、何かお祝いを贈りたいな、と考えていました。

でも、ベビー服やおもちゃなど、

かわいいものはもうたくさん貰っているだろうし、

何かこの南魚沼ゆかりのものをプレゼントしたいな、

と思っていたところ、…ハッΣ(・□・)とひらめきました💡‼︎

 

テディ・ベアʕ•ᴥ•ʔ。

それも、和風な生地で作られでいるもの。

塩沢のきものの生地の端切れで作られているテディ・ベア。

 

…ひらめいたら、じっとしていられなくなった私は、

女子力の岡﨑 理香さんに相談しました。

岡﨑さんは以前、塩沢織物の生地を使った

小物作りのブログを書かれていました。

織物に新たな命。和コサージュ

すると、理香さんはすぐに、

「きものの生地の端切れでテディ・ベアを作っている人を知っているよ!」と、

その方をご紹介して下さいました。

 

富所 洋子さん。

塩沢のやまだ織さんの生地を使って作って下さるとのことで、

理香さん・洋子さん・やまだ織の千晴さん・私の4人からなる

テディベア・プロジェクト』チームができあがり、

やまだ織さんで作戦会議となりました。

 

イメージしやすいように、洋子さんが、

以前作られたくまちゃんを持って来てくださいました。

3
4
5
 

…もう、この時点で、カワイイ😭。

生地は、千晴さんが見立てて下さいました。

 

見てください、この美しいたくさんの生地を。

6
7
8
 

…この中から、優しいピンク色の本塩沢の生地を選ばせて頂いて、

洋子さんにお願いしました。

人を喜ばせるのにこっそり計画するのが、こんなに楽しいとは(^-^)。

 

それから数日後、くまちゃん作成の進捗状況が、

洋子さんから送られて来ました。

 

型に合わせて生地が切られ…

9
 

これはくまちゃんの左足です。ここに赤ちゃんのお名前の刺繍が入ります↓

10
 

カラダや頭など、パーツに糸が入ります。

これは、ぜーんぶ絹糸です!

11
12
13
14
 

…そしてそして、「できた‼️」と洋子さんから連絡が来て、

この写真が送られてきました↓

15
 

…なんと、3匹⁉︎

早く正面から見たくてみたくて、

受け取りの日にちを決めて、また、やまだ織さんに集合しました。

 

伺うと、洋子さんがキレイな包みと白い紙袋を持って来て下さっていました。

16
 

こっちをあけてみて、と白い紙袋を下さったので、中をあけてみると…

17
 

でてきたのは、このくまちゃんでした!↓

18
19
 

…なんてかわいい😭😭✨‼︎

あまりの可愛さに、プレゼントしないで

私の手元におきたくなってしまうくらいでした。

20
21
 

この腕の付け根のボタンは、本物の貝がらでできています。↓

22
23
 

…そして、もう一つのキレイな包みを開けると…

洋子さんはこの子のほかに、

もう2つのテディベアを作って来られていました。

24
 

この子は女の子っぼい表情。↓

25
 

そして、この子は男の子っぽい顔つきをしていますね(^-^)。↓

26
 

3きょうだいです(^-^)↓

27
28
29
30
 

男の子のくまちゃんの後ろに糸巻きを置いたら、何だか二宮 金次郎みたいになりました(^-^)。↓

31
 

かわいい、かわいいと、

やまだ織さんで大撮影会大会になりました📷。

 

今回このご縁を作って下さった、

理香さんに深く深く感謝します。

理香さんが紡いで下さった洋子さん、千晴さんとのご縁で、

このかわいいくまちゃんʕ•ᴥ•ʔができました。

 

早速上司にあげたら、とても喜んでくれて、

今、赤ちゃんの枕もとに置いて、いつも一緒にいるとのことでした。

 

理香さんと洋子さんもおっしゃっていましたが、

塩沢の織物がこんな形で広がって残っていくって

素敵だなぁ、と心から思っています。

この赤ちゃんがすくすくと健やかに成長して、

成人式で、このくまちゃんと同じ生地の

塩沢の着物を着てくれたら…

そう思うだけで、なんだか涙が出てしまいました。

 

けいちゃんもこれからもっともっと

塩沢のファンになっていってね、と洋子さんから言って頂きました。

すでに大ファンになってしまっています(^-^)。

 

このくまちゃんは、この地を愛し大切に想う優しい人たちの心がこもった、

世界にひとつだけの、オーダーメイド、ハンドメイドのテディベアですʕ•ᴥ•ʔ

 

やっぱり、私が南魚沼に異動で来ることができたのは、

何か意味があるのかも…。

 

人とのご縁と優しさに感謝です。

 

《お問い合わせ》

やまだ織

新潟県南魚沼市塩沢1507-1

TEL 025-782-1121

HP http://www.yamadaori.jp

 

 

記:原 恵子

 

こちらも、ぜひご覧ください。

極上・文化【越後上布技術保存協会『苧麻編』

極上・文化【世界が認めた越後上布『女たちの戦い編』

極上・文化【雪晒し『雪上に色とりどりの縞模様 編』

極上・文化【塩沢の織物~歴史と想いが紡がれた織物~

極上・人【やまだ織株式会社 山田千晴氏

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.