野の花館だより15

 

こんにちは。野の花館の大平祥子です。

日本中に大寒波が押し寄せましたが、

1
2
 

南魚沼は雪に負けることなく元気に活動していますよ!

 

2-1
2-2
 

外を見ると、それはそれは素敵な天然冷蔵庫。

3
 

野菜の高騰もなんのその、雪中貯蔵の白菜や人参がお鍋に大活躍!

雪ってすばらしいわ。上を向いて、来たる如月も乗り切りましょう(笑)

3-1
 

さて、館内は・・・ついに咲きましたよ。

春を真っ先に告げる花、満作。

4
5
 

ひょろひょろ~しわしわ~とした黄色い花びらと赤いポチン。

花弁の基部が赤色なんです。

春先にスキーに行くとリフトからも見ることができますね。

この花が咲くと外山の顔がニヤケます。

6
 

春はすぐそこ、除雪からの解放が近いからでしょうか(笑)

7
8
 

除雪の合間にはちゃんと描いてますよ。偉いです。

9
 

今年の一作目、山茶花です。

 

ところで、「雪国アート回廊」という名をご存知ですか?

10
 

1 池田記念美術館:自然と文化とスポーツの感動

2 トミオカホワイト美術館:永遠の“白”トミオカホワイト

3 棟方志功アートステーション:駅舎の中にある小さな美術館

4 直江兼続公伝世館:直江兼続公の生家をイメージした趣のある資料館(※3月末まで休館)

5 織の文化館 塩沢つむぎ記念館:三国海道塩沢宿は悠久千年の織物の里

6 鈴木牧之記念館:江戸のベストセラー「北越雪譜」の著者

7 外山康雄 野の花館:四季折々の山野草を実物大で描く水彩画

8 今泉記念館アートステーション:絶景と棟方が待つ道の駅の美術館

9 かすみの間:小説「雪国」文学資料館(雪国の宿 高半)

10 湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」:「雪国」に思いを馳せる

11 切り絵 関口コオミュージアム・湯沢:和紙が織りなす美の世界

12 奥清津発電所OKKY:見てさわって感じて…。電力ミュージアム(※12~3月は休館)

 

《「雪国アート回廊」お問い合わせ先》

一般社団法人 湯沢町観光協会 ℡025-785-5505

今泉記念館アートステーション ℡025-783-4500

☆フェイスブックページはこちら

 

南魚沼は米や酒、雲海、温泉、スキーだけではないんです。

湯沢を含めた旧南魚沼郡地域には美術館、記念館が多くあるんです。

これらの施設を道中の景観を含めて観てまわってほしいなあ、

という気持ちをこめて「雪国アート回廊」と名付けました。

個性の異なる美術館が点在していてよい地域ですね、とか

子供の勉強にもなり楽しかった、などの声が寄せられています。

もっともっと、地元を含め大勢の人に知ってもらいたいなあと感じています。

「雪国アート回廊」の参加施設として野の花館も、

どんどん感動を発信していかないといけませんね。

新作を描かないと・・・ファイトー!

 

11
 

 

記:大平祥子

 

《外山康雄 野の花館》

新潟県南魚沼市万条新田371-1

※冬季(1・2月)は金・土・日・月の10:00~16:00のみの営業です。

TEL 025-783-7787

HP http://www.toyama-yasuo.jp

FB https://www.facebook.com/nonohanakan

こちらもぜひ、ご覧ください。

極上の南魚沼、お魅せします。 外山康雄氏

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.