爽やかなミントの香りの薄荷圓???

 

こんにちは。

『越後のミケランジェロ』石川雲蝶のストーカーをしております、中島すい子です。

今年もまだ雲蝶本人から警察の方へ被害届が出ていないようなので、

安心してストーカーを続けられそうです。

 

新年早々に、冬眠しているにはもったいないような面白い発見がありました。

トントン拍子っていうのはこんな時に使うんでしょうね。

大した苦労もなく、思いがけない物を見る事ができました。

今はあまり聞き慣れない言葉ですが、

『薄荷圓』という名前をご存知でしょうか?

SONY DSC
 

江戸時代から明治、大正にかけて

この商売で富を築いた店もあったんです。

今風で言うならアンメルツとか(決して宣伝料はもらっていません)、

スカッと爽やかに肩こりや疲労回復に役立ってくれるものでしょうか。

それを昔は「薄荷圓」と言ったんです。

その薄荷圓を売っていたのが

塩沢宿の平野屋商店、鈴木屋、高田屋、稲荷屋でした。

その中でも大店だったのが平野屋と鈴木屋です。

平野屋は現在、牧之通りにある青木酒造の事、

鈴木屋は江戸時代の文豪「北越雪譜」を書いた鈴木牧之の生家です。

この2軒の店は当時、三国街道塩沢宿の上と下に位置していましたので、

薄荷圓の宣伝をするにあたり、同じ頃に

店の前に高さ9mにもなる立て看板を立てたんです。

そして「この看板を目印にウチの店にきてくださいねー!」と

宣伝文句もいれてチラシを配りました。

それがこの写真の立て看板です。

この看板は平野屋の看板で、

鈴木屋の看板も同じ構図で同じようなものだったようです。

そして、この看板の彫り物を彫った職人が、

鈴木屋の物は石川雲蝶が手掛け、

平野屋の物は小林源太郎が彫りました。

28176195_970432546450539_220279498_n
 

安政元年に看板は出来上がっているので、今から160年も前の事です。

その頃、三国街道の宿場の端と端に9mの看板が立てられているなんて、

当時の街道を行き来する旅人は肝をつぶしたでしょうね。

すごいインパクトだったと思います。

でも、明治に入って11年に警察から

“派手で交通の障害になるから早く撤去しろ”と催促されていましたが、

平野屋の看板は台風並みの強風で倒れてしまったんです。

仕方なく、この家では酒も造って商売していましたので、

壊れたパーツを布に包んで酒蔵の上にあげて保存しました。

その後、現在の牧之通りの拡幅工事をするにあたり、

土を掘り起こしたら石の土台が出てきたので、

それではお酒を宣伝する看板にリニューアルしましょうという事になり、

現在は青木酒造の主力商品である『鶴齢』を宣伝しています。

お店の前に掲げられている看板は、

実は江戸時代の薄荷圓の看板の名残だったんです。

お店の中にも、看板のパーツが飾られていますよ。

SONY DSC
SONY DSC
 

さて、他のパーツですが、見取り図にある看板の大きな屋根は

使い道がなく手放してしまったようです。

大き過ぎて保管しておくにも大変だったんでしょう。

家人以外は誰も見る事ができなかった

立て看板の屋根は、どこにいったんでしょうか。

そうなると探さないでいられないのが私の性格(笑)です。

探しました!!そして、見つかりました!!

燃えやすそうで(?)その気になればすぐ処分できそうなものが、

残っていることに驚きましたし、嬉しかったですね。

 

南魚沼市内の某所にありました。

持ち主さんが写真以外は非公開を希望していますので、

写真で160年前の立て看板をイメージしてください。

28310321_970432833117177_1437121584_o
28309331_970432926450501_1555179220_o28340158_970433189783808_1559133443_o
28310255_970433423117118_1554381178_o
28310292_970433959783731_1289119062_o
 

パーツはあるので、

これを復元したら面白い観光資源になりますよと、勝手な事を言ったところ、

そういう話もあったそうですが、そのためにいくらかかるか聞いたそうです。

それを聞いて「とんでもない!」と瞬時に断ったそうですよ(笑)

いくらかかるんでしょうね!

今月はこんな話から、春に向けて活動していきたいと考えています。

 

それでは また来月。

 

 

記:中島 すい子

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.