梅の季節になりました~

 

こんにちは、塩沢つむぎ通り『理容富士』の細矢建です。

今日、6月6日は『梅の日』だそうですが、

最近の新聞広告やホームセンターで目に付くのが梅酒コーナーです。

「オオ!もうそんな時期になったのか~」と思っちゃいますね!

我が家でも毎年梅酒を作ってますよ~(笑)

春になると梅の花はこんな感じ、綺麗です。

1
 

2か月もすると花から実へ変わります。

いい感じに実っていますよ~(笑)

2
 

梅酒や梅シロップを作るには熟した梅よりも青梅が良いそうですね。

3
 

良く洗って一晩水に漬けてアクを抜きます。

4
 

良く乾かして竹串でヘタを取ります。

この一手間が大事です。

1kgずつに分けて、使わない分は袋に入れて冷凍しておくと

時期をずらして仕込むことが出来るので便利ですよ。

瓶はアルコールか熱湯で消毒してくださいね。

5
6
 

普段は果実酒用ホワイトリカー(焼酎)35度を使うんですが

昨シーズンはブランデーで仕込んでみました。

梅1kgに氷砂糖(純度が高くゆっくり溶けるので一番適しているようです)を

500gから800gをお好みで。

私は1kgの氷砂糖を買って、残りの200gは梅シロップに使います。

梅、砂糖を交互に入れて最後にお酒をそそぎます。

あとは時々揺すってあげましょう。

7
8
 

お客様から沖縄の黒糖をいただきましたので

黒糖梅酒にもチャレンジしました。

こちらはホワイトリカーで仕込みます。

このように仕込み酒を変えてみたり砂糖を変えてみたり

蜂蜜を使ったりして味の違いを楽しむのも面白いですよね(笑)

9
(黒糖が見えますか?)

 

私は6月後半に仕込んでクリスマスの乾杯酒を目標にしているのですが、

10月くらいから少しずつ味見を始めると

クリスマスまでにかなりの量の味見をしてしまいます(笑)

黒糖梅酒(左)の方が色も濃く舌触りもねっとりした感じになりました。

味はブランデーの方がスッキリしています。

10
11
 

黒糖梅酒は黒糖に不純物があるせいか

底にドロッとした澱(おり)が溜まります。

ちょっと気持ち悪いので、注ぐ時はそっと上澄み酒を注ぐようにして

残り最後の方はペーパーか何かでこした方が良いみたいです。

12
(底に茶色い物が見えますか?)

 

梅シロップは梅1kgに砂糖を1kgです。

砂糖は何でも良いようで、私は残りの氷砂糖に上白糖をミックスしたり

黒糖をミックスしたこともあります。

黒糖をミックスした時は黒酢みたいな見た目と味になりました。

梅と砂糖を交互に入れて最後にコップ一杯のお酢を掛けます。

お酢の効能はカビ防止が一番なんですが、

私は失敗しないためのおまじないのつもりで入れてます。

2週間程度で出来上がりますが毎日揺すって早く砂糖を溶かし、

砂糖が溶けてくると梅がむき出しになりますから

揺すって梅を砂糖で濡らすように心掛けてください。

発酵してしまうとガスが出ますので、時々ガス抜きをしてください。

コツはとにかく揺すって砂糖を早く溶かして

尚且つ発酵させないことです。

底に砂糖が溜まって溶けなくなったら箸でかき混ぜて、

砂糖が全部溶けたら出来上がりです。

13
 

皆さんも今シーズンは梅酒や梅シロップ作りにチャレンジしてみてください!

 

そして、梅酒や梅シロップで使ったしわしわに萎んでない丸みのある梅は

ジャムや甘露煮にしましょう!

ジャムにする場合は先に種をとります。

残った実をひたひたの水に砂糖を適当に加えて弱火で煮込みます。

かき混ぜながらドロッとしてきたらハンドブレンダーをかけて出来上がり。

少し柔らかいかな?くらいで止めるのがコツです。

甘露煮は丸いままひたひたの水に砂糖を加えて

落とし蓋(私はキッチンペーパーを使ってます)をして

水分が結構なくなるまで弱火でコトコト煮込みます。

とても簡単ですので出がらし梅の再利用にもチャレンジしてみてください。

 

梅パワーで夏バテ防止に今から準備をしましょう!

 

 

記:細矢 建

カテゴリー: おばあちゃんの知恵袋, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.