田植え終了!

 

ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

あっというまに5月も終わり、梅雨入りも間近となってきました。

この時期は山々の新緑も美しくなってきますね!

同時に、雨上りの朝には雲海が見えることも・・・

私は早朝から田んぼの水管理があるので地上から眺めています(笑)

 

R_0
 

さて、ひらくの里ファームでは怒涛の田植えシーズンも終わり、

ホッと一息といったところです。

前回ブログでご紹介した稲の苗もあっという間にこのような状態になり、

約3週間かけて田植えを行いました。

 

R_1
R_2
 

田植えをする前にも田んぼの工程はたくさんあり、

まずは「畔塗り」といって、ネズミやモグラが穴をあけた畔を

水の漏水がないようにしっかりと塗っていきます。

 

R_3
R_4
 

そのあとは、「耕起」といって田んぼの土を粗く起こしていきます。

方言で、「たぶち」と言ったりします。

 

R_5
 

田んぼを起こしたら、用水路から水を入れていきます。

この土が水を吸っていく瞬間がなんともたまらないものです!

 

R_6
 

そして、土がたっぷりと水を吸ったら、「代掻き」という作業を行います。

土と水をよくなじませ、田んぼを平らにして水持ちをよくさせます。

この作業が結構奥が深いです。

 

R_7
 

その後、いよいよ田植えになります。

大切に育てた苗を運び、どんどん植えていきます。

 

R_8
R_9
 

シャンシャンとリズミカルに植えていく様子はとても気持ちがいい!

気持ち良い青空のもとだと作業もはかどります。

 

R_10
R_11
 

今年は去年よりも面積が増え、作業量もかなり増えましたが、

その分スタッフとのコミュニケーションを密にとり、

効率よく動くことを目標に行った結果、去年よりも早く終えることができました!

毎年毎年反省材料はありますが、

こうやって進歩していけるのもまた楽しみです。

 

★ひらくの里ファーム株式会社

ホームページ https://www.hirakunosatofarm.com

フェイスブック https://www.facebook.com/hirakunosatofarm

 

 

記:青木 拓也

カテゴリー: ニュース, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.