青木酒造『鶴齢』の看板の塗り替えを行いました!

 

ご無沙汰しております、嶋倉塗装の嶋倉恵です。

しばらくブログをお休みさせていただいておりました(+o+)

 

今回、青木酒造㈱様の鶴齢の看板の塗装が劣化して、

塗り替える事になり、ありがたくもウチの会社に依頼を頂きました。

 

R_写真1
 

建設会社の方々の力をお借りし、ユニックを使って慎重に降ろします。

 

R_写真2
 

大人4人でやっと持てる位の重量です。

 

R_写真3
 

これを磨いて塗替えていくわけですが、看板の部分だけでなく、

彫刻も歯ブラシやエアーを使って綺麗にしていきます。

 

R_写真4
R_写真5
R_写真6
R_写真7
 

この看板の見どころといえば、今にも動き出しそうな彫刻ではないでしょうか。

石川雲蝶と肩を並べる幕末の名匠、小林源太郎作だそうですね。

彫刻について詳しくは、石川雲蝶専門ガイドの中島すい子さんが

以前書かれたブログをご覧ください。

爽やかなミントの香りの薄荷圓???

 

R_写真8


R_写真9
 

磨いて、色を付け直して、クリアをかけて、

金粉を混ぜた塗料で文字を入れたら完成です。

前回の時は赤みの金粉を使ったのですが、今回は黄色みの粉を使いました、

その方がより文字が目立つと思いませんか?

 

R_写真10
 

で、取り付けもユニックを使い慎重に作業していきます。

この、取り外し、取り付け作業も流石プロです、とても真似出来ません。

 

R_写真11
 

牧之通りに行くことがあれば、青木酒造さんの雁木屋根の上の

塗りなおした看板を見上げて見てください。

 

 

記:嶋倉 恵

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.