ひみつシリーズ 舞台は南魚沼市

 

こんにちは。

勝又沙智子です。

 

今年の夏は暑かったですね。

東日本地区では過去最高の暑さだったとか。

長い夏の疲れが体に出やすいのも今の時期ですよね。

そして疲れたからだをずっと昔から応援してきたのが麹甘酒。

この度、まんがでよくわかるシリーズから

「あまさけのひみつ」が出版されました。



 

この本は、株式会社学研プラス様が小学生向けに発刊する学習書籍です。

一般の書店では販売されず、全国の小学校と公立の図書館に配本されています。

1972年の発刊以来累計2400万部も発行されている、小学生に大人気のシリーズです。

 

今回発行された本は、麹甘酒について詳しく紹介する本となっており

ここ南魚沼市がまんがの舞台となっています。





 

〈ストーリー〉

夏休みの前、いつもは元気いっぱいのカズオもバテ気味。

仕事が忙しいお父さんもなんだかお疲れの様子。

それをみたお母さんがとっておきのものを出すしかないわねと

2人に渡したのがあまさけ。

あまさけをつくっているところを調べたところ

お父さんの友達が勤めている酒蔵だとわかり

夏休みに、八海山あまさけ製造所を訪ねることに。

あまさけが出来るまでを見学し

麹のことや栄養のことなどを教わる。というもの。

 

製造所の所在地である新潟県南魚沼市の

水や豊かな自然環境に恵まれた土地についても

写真を交えて紹介いただきました。



 

そして、そして、、、

この本、

実は私らしき人が登場します~(照)

実物と似ているかどうか、、、?



本を見てご確認くださいませ(^^)。

 

この本は「全国PTA 全国協議会」からの推薦図書にもなっており、

全国約21,500 の小学校と全国の公立図書館約3,100 館に寄贈されています。

 

小学生のお子様がいる方は、

→お子さんの通う小学校から借りてきてもらい、

そうでない方は、

→公立図書館(南魚沼市ならば、南魚沼市図書館塩沢図書館、大和図書館

の3か所で貸出しをしていますので是非読んでみてくださいね。

 

 

記:勝又沙智子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.