龍澤寺の座禅で一休さんになってきました

 

小林昌子です。

最近、心をリフレッシュさせたいという人が増えて、

座禅の体験をする方が増えているとか・・・

そこで、今回は「座禅を体験してみたい!」と思っている方に

ぜひ、お出かけいただきたいので息子の体験記を書きます。

 

まず、座禅をしたいと思ったら、

お寺に行って座禅を教わりましょう。

私が好きなのは旧塩沢町、樺野沢の龍澤寺

臨済宗のお寺様です。





 

ご住職様から座禅の基本を教わることができます。

もちろん、座禅は、お寺の準備があるため、予約が必要です。

電話で予約をしてからお願いします。

 

座禅は長時間、足を組んだまま動きません。

そのため、座禅をするには、ゆったりとしたズボンをはくのがオススメです。

また、女性はスカートとストッキングを避けてくださいね。

 

はい!では

まずはじめに、ご住職様から座禅のポイントを習います。





 

調身(ちょうしん)  姿勢を整え

調息(ちょうそく)  呼吸を整えることで

調心(ちょうしん)  心が整う

 

〈座り方〉

座布団二枚を用意いただき、一枚は二つ折りにします。

二つ折りの座布団にお尻を乗せて座ります。

両足を組む座り方ですが、

右の足を左ももにのせ、次に左の足を右ももにのせます。

ここで発見!

今の子供たちは、机、椅子の生活に慣れ、

あぐらをかく習慣があまりないので、どうも、最初はへたくそでした。

「あ、痛、痛、痛っ」(笑)

でもすぐに形は整い

両膝とお尻の三点でバランスをとります。

なかなか、様になっています。







 

〈姿勢〉

座禅では姿勢を大切にします。

ご住職様から何度も直していただきます。

やはり、自然にしみついた癖があり、よほど意識しないと

かっこよくなりません。

 

背中をまっすぐにのばして座り、あごを引きます。

目は半分閉じ、閉じきらないようにします。

目線は45度の角度に落として、約1m先をぼんやりと見るんです。

難しいぞ・・・(笑)

でも上手になってきました。

また、姿勢が悪いときに棒でたたかれると思っている方も

いるのではないでしょうか?

これが違うんです。

仏様からの「励まし」なのだそうです。

これを聞いて子供たちは安心( *´艸`)

 

さぁ、手を組みます。

手を組む前には、まず手を振って力を抜きましょう。

右手をおへその前に出し、左手をその上に重ねます。

最後に親指同士を合わせて、きれいな楕円を作ります。





 

〈呼吸〉

座禅では呼吸を大切にします。

ゆっくりと息をはき、ゆっくりと息を吸います。

特に息をはくときにゆっくりと時間をかけます。

呼吸を整えて集中すると、ピタリとも動かなくなりました。

 

自然と集中ができ

座禅する姿も美しく

凛としたお寺の雰囲気の中、子供の顔から

少年の顔になったような・・・









約一時間の座禅の中で、最後にご住職から

緊張しないで、ここ一番の勝負に立ち向かう時の心得、

集中すること、平常心を保つことなど

ありがたいお話をお聴かせいただき、終えました。

 

子供たちは帰宅してから昼食を食べましたが

その時の姿勢は、なんとも美しく

食べることに集中していました。

お家でも、どこでも座禅はできるんだよ。と

ご住職様から教えていただいた子供たち

生活の中に取り入れ、集中力を身に着けたいと思います。



 

皆さまもぜひ、お出かけになられてはいかがでしょうか?

 

《龍澤寺》

新潟県南魚沼市樺野沢30

(JR上越国際スキー場前駅から徒歩5分、塩沢石打ICから車で10分)

拝観料:無料

時間:8時30分~16時30分

写経・座禅 各体験 500円

電話:025-782-1464

FB:龍澤寺 フェイスブックページ

極上の南魚沼 龍澤寺】もご覧ください

 

 

記:小林 昌子

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.