レストラン「ラ・モンテマーレ」

こんにちは。

勝又沙智子です。

 

山々が紅葉して綺麗な季節ですね。


 

お天気のよい紅葉日和のとある週末、

八海山泉ヴィレッジでランチをしてきました。


 

今年の春から店名が「ラ・モンテマーレ」となり

レストランメニューが一新しています。

「ラ・モンテマーレ」とはイタリア語で「山と海」。

 

山の恵みと海の幸を楽しめるイタリアンレストランです。


 

この日はランチコースBのピッツァを注文。


 

八色しいたけ、玉ねぎ、ベーコン、モッツァレラチーズ、

お皿からはみ出るほどのボリューム。

生地は食べごたえのあるしっかりした厚みの「ナポリピッツァ」モチモチタイプ。


 

この日のスープはバターナッツかぼちゃ。

新鮮野菜のサラダ、ドリンクが付きます。

 

そして、アラカルトで注文したのがこちら。


 

光っている白身はなんだかわかりますか?

 

正解は「太刀魚のカルパッチョ」です。

太刀魚って焼き物やソテーでいただく事が多いのですが、

お刺身で食べるのは、はじめてかも!おいしい!

ランチじゃなかったら、、、お酒がほしい~!!

 

レストラン「ラ・モンテマーレ」では、

佐渡の漁師さんと契約をしており、

その日に釣れた鮮魚を直送してもらっているとのこと。

今日の太刀魚も今朝届いたばかりの新鮮なお魚でした。

 

レストラン「ラ・モンテマーレ」のマネージャーによると

例えば、“真鱈”といえば、これからの季節は、鍋やムニエルに美味しく

冬が旬の魚とされていますね。

 

ですが、レストラン「ラ・モンテマーレ」では、

冬ではなく、今年の夏に、真鱈のカルパッチョが大人気だったそうです。

 

冬ではなく夏に??

というのも、冬場の真鱈は、

白子やたらこなどに栄養が回るので白身は栄養が回らずパサつきがち。

その点、夏の真鱈の身は脂ものっていて、カルパッチョに最高なのだとか。

ただし、夏の真鱈は、300メートル以上の深海に生息しており

あまり水揚げされないため、漁師さんとのつながりで手に入る貴重な魚なのだそう。

 

これから冬に向かうというのに夏のおいしいもののお話でした笑。

夏の真鱈はぜひ来夏に味わいに来てください。

 

このように、レストラン「ラ・モンテマーレ」では

その時々の鮮魚が楽しめますので、仕入の状況などは、

ぜひスタッフにお声掛けください。



 

他にも、

チーズ好きさん、必食!

その名も「炎のチーズリゾット」!!



 

注文すると、スタッフの方が

お客様の目の前にチーズの塊を運び

火をつけたアルコールの熱でチーズをとかし、

リゾットにたっぷりチーズをからめてくれます。

 

たいていの女子はチーズが好きだと思います。

男性のみなさま、女性を連れてお越しくださいませ(^^)。

 

八海山泉ビレッジでは、

次の週末、11月11日(日)に秋のイベントが開催されます。


 

お子様たちが大喜びのミニ縁日や、

大人気にじますのつかみ取り、

フラダンスのお披露目など

楽しいイベントを企画しました。

 

ぜひお誘いあわせの上お越しください。

 

なお、八海山泉ヴィレッジでは、

冬になると、苗場「IZAKAYA×KAMAMESHI筍」の営業のため、

12月から3月まで冬期間はお休みとなります。

 

休業となるその前に、

レストラン「ラ・モンテマーレ」へお急ぎくださいませ~。

 

施設名称:八海山泉ヴィレッジ

http://www.izumivillage.jp/

〒949-7114 新潟県南魚沼市泉564-1

TEL.025-775-3939

毎週木曜日定休

冬期間休業(12/1〜4/19)

 

 

記:勝又 沙智子

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼市六日町エリア『食事処&カフェ』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.