パン祭り!

 

ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

12月に入って冬がだいぶ近づいてきました!

11月の下旬には初雪もあり、山々はだいぶ冬模様になってきました。

ひらくの里ファームは片づけや雪囲いなどを終え、少しばかりお休みモードに入ります。

 

さて、本格的な冬に入る前に弊社のメンバーで研修旅行に行ってきました!

行先は上越市です。

県内でも大規模に展開している「あるるん畑」という直売所でランチをした後、

今回の目的地である「有限会社おおた」さんへ行ってきました!

 

「有限会社おおた」さんは平成15年に設立した農業法人で、

お米と大豆を中心に約30haの面積を経営し、

昨年からは「ごぱん屋カフェCOME&Co.」というお店をオープンして

六次産業化にも取り組まれているところです。

 

到着後、まずはライスセンターをご紹介いただきました。



 

ここでは、お米や大豆の収穫乾燥をされているそうです。

弊社もライスセンターを作ったばっかりで、

まだいろいろと作業の流れの悩みが多かったので、

今後の改良に向けてとてもよいお話が聞けました。

 

次に、場所を移動して「ごぱん屋カフェCOME&Co.」へ行きました。




 

もともと喫茶店があって空き店舗になっていたところを借りて

このようなおしゃれなお店になったそうです。

中にはカウンター席もあり、買ったパンを食べたり、

ランチもできたりするそうです。



 

お店を始められたのは奥様の発案だそうで、

以前からお米の消費拡大に積極的で、

もっとみんなにお米を食べてほしいということで

以前からイベント等で米粉パンの販売をされていたそうです。

そんな中で太田さんのパンということで人気も実力も上がり、

空き店舗の話からお店をオープンという展開になったそうです。

 

米粉パン、というと一時はブームになりましたが、

なかなかその製法が難しいらしく、普及が進まないイメージでしたが、

太田さんのパンはもっちりとしてとてもおいしかったです!

ここに並々ならぬ努力があるんだなと思いました。

 

さて、パンと言えばもうすぐパン列車のイベントがあります!

12月9日(日)にナナシのマルシェ「ほくほく列車の市」が開催予定です!

なんと太田さんのパン屋「ごぱん屋カフェCOME&Co.」さんも

くびき駅にて出店予定です。



 

このイベント毎回とても人気で、満員電車になるほどです。

以前の様子はこちら



 

今回もコーヒーイベントがあります。



 

予報では、雪がちらりと見えそうです。

コーヒー片手に、おいしいパンを食べながら、

冬の始まりをほくほく線の車窓から眺めるのはいかがでしょうか?

 

☆ナナシのマルシェ ホームページ

http://uonumarche.com

 

 

記:青木 拓也

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.