酒語(さけがたり) 雪男

こんにちは。青木酒造の阿部勉です。

すごくご無沙汰してしまいました。

 

あっという間に師走ですが(これ毎年言っておりますが)

皆様いかがお過ごしでしょうか。

忘年会シーズン突入ということで、

お酒を飲む機会も多くなると思いますが、

肝臓を労わりながら美味しく楽しくお酒を飲んでください。

 

さて、新酒のシーズン。

青木酒造からも今期の新酒が発売となりました。

「鶴齢 純米酒 しぼりたて 生原酒」と

「鶴齢 純米酒 にごりざけ 生原酒」の2種類が

12月~3月の期間限定で発売しています。


 

新酒のフレッシュさと純米生原酒のしっかりとした

旨味の調和した味わいが特徴のお酒です。

是非お試しください。

 

さて話は変わって、今回とあるご縁をいただき、

面白いイベントに参加してまいりましたのでご報告。

 

「酒語(さけがたり) 雪男」


 

以前のブログでもご紹介しましたが、

青木酒造では代表銘柄「鶴齢」のほかに

「雪男」というお酒も醸しています。

青木酒造の雪男プロジェクト

この雪男の名前の由来は、

地元塩沢出身の江戸時代の文人鈴木牧之が書いた

北越雪譜」の異獣の章に出てくる

山で道に迷った旅人を道案内するという雪男(異獣)からきています。

このエピソードを少し現代風にリメイクした演劇が「酒語 雪男」です。

 

行われたのは東京都内のイベントスペース。

今回は完全予約制で満席!


 

まずは魚沼の食材を使用した郷土料理と

鶴齢、雪男を楽しんでいただきます。


 

雪男本醸造


 

雪男純米酒とぜんまい八色椎茸車麩煮物


 

かきのもとのおひたしと鶴齢の梅酒山椒味噌豆腐


 

石坂まいたけバターニョクマム


 

魚沼産新米コシヒカリ


 

「このごっつぉがまたばかげにうんめぇたってうんめぇたって

たまらんがーてぇ」と勝手に方言が出てきそうなほどの魚沼クオリティ!

(この料理が本当に美味しくて美味しくて素晴らしい!と言っております。)

程よくお酒が入り宴が温まってきた頃いよいよ演劇が始まります。


 

おっと、これ以上は残念ながら言えません。

 

私も初めての経験でしたが、素晴らしい演劇で

本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

次回開催の予定は今のところ無いようですが、

また是非参加させていただきたいイベントでした。

 

これいつか酒蔵でもまたやりたいなぁ。

 

〈こぼれ話〉

終演後、お客様と意気投合して二次会へ。


 

偶然入ったお店でまさかのこのメニュー。

酒で繋がるご縁ってすごい!びっくりしました。

 

 

記:阿部 勉

 

青木酒造 株式会社 HP

http://www.kakurei.co.jp/

青木酒造 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/kakurei1717/

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.