何がわかる?数字で見る 南魚沼

 

こんにちは!

南魚沼市女子力観光プロモーションチームの山本ひかりです。

 

新年が明け、仕事も始まりましたね!

去年は女子力チームへの参加を皮切りに、様々な地元の方とお会いできたり

自分のデザインを多方面へ提案できたりと充実した1年でした。

今年もがんばります!

 

さて、年末に南魚沼市にて開催された2つのイベントに参加してきました

どちらも県外からの参加者もいる中で、南魚沼市が学びの会場でした。

 

〔12/29 新潟キャンプ「グローバルな学びのコミュニティ・留学フェローシップ」〕

→海外留学経験のある大学生団体

「特定非営利活動法人 グローバルな学びのコミュニティ・留学フェローシップ」

http://ryu-fellow.org/)が主催となって、(名前長い!)

県内外の中高生を対象に「なぜ学ぶのか」「何のために学ぶのか」に焦点を当て、

「高校生の進路選択」から主体的な生き方を考えるためのキャンプ。

なんと神奈川県鎌倉市からの参加者も!

昨日のブログで青木拓也さんも紹介していましたね。

寒い冬にアツい思い

 

〔12/30 フラー株式会社冬季インターシップ合宿

「冬期インターンシップ2018 〜南魚沼 冬の陣〜」〕

https://fuller-inc.com/news/2018/10/niigata-internship-2018/release.pdf

→フラー株式会社(https://fuller-inc.com/)主催のインターシップ。

全国の高専4年生以上、大学3年生以上のエンジニア・

デザイナー・マーケター職を希望する学生を対象に、

六日町の「兼続庵」を貸し切り合宿形式で実施。

 

この2つに参加して、改めて「私は地元のこと全然知らないな…」と思いました。

人口推移、有効求人倍率など数字でみる南魚沼市や

どんな人が地域活動に参加しているのか、どんな思いを持っているのか、

参加者が南魚沼市に来てどう感じたのかなどなど・・

 

そんなわけで、客観的に地元をみるため&再認識するために色々調べてみて

「南魚沼市人口ビジョン(案)」

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/7/29715_67952_misc.pdf

という情報を見つけたのでいくつか抜粋してみました。

 

まずは2010 年から 2014 年の転入出数の平均人数について。


 

東京圏への転出入が特に目立ちますが

UターンかIターン等で戻ってきている数字も大きいですね。

戻ってくる理由、戻らない理由、やっぱり知りたいです。

国外の転出入は、国際大学(https://www.iuj.ac.jp/jp/)があるからでしょうか。

留学生たちと、どのくらい関わりがあるんだろう?

そこにも豊かな交流ができるポイントがありそう!

 

つづいて、やっぱり気になる人口について。


 

1955 年から1970年の15年間で約1万人減少した後、

1995年には約 6.6 万人まで増えて、以降は減少傾向。

1995 年から2010年の15 年間で減少人数は約 4,500 人、

約 6.8%減少したことになります><

(国勢調査より)

2040 年(平成 52 年)には 5 万人を下回る予想みたいです。

(国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計より)

やっぱり人が減っちゃうのは寂しいですね。

南魚沼市のどんな魅力を、誰に、どこで、どうやって伝えるのか?

考えて実行していきたいです。(アイデア募集中!)

 

最後に産業についてです。


 

第3次産業めちゃめちゃ多いですね!(小売やサービス業)

第1次(農業・林業・水産業)、

第2次(製造・建設・電気ガス業)産業は減少傾向。

就業人口について見てみると、

1995 年の約 3.4 万人をピークにその後減少傾向ですが、

2010 年までいずれの調査年も3万人を上回っています。

同年の人口は60,316人なので、2人に1人が働いている状況です!

(ちなみに2018年11月は人口57,074人)

人口情報は、南魚沼市HPより。

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/shisei/toukei/1454742347690.html

 


 

農業、建設業、宿泊業・飲食サービス業で働いている人が多いんですね。

女性は製造業、生活関連サービス業・娯楽業、医療・福祉も人数が多いみたいです。

(「特化係数」は南魚沼市のA産業の従業者比率÷全国のA産業の従業者比率で求められてます)

第1次産業の就業人口は少ないですが、

全国と比較するとやっぱり農業は特化した産業なんですね!!

 

今回は以上の3つになります。

これからも少しずつ多面的に調べながら、

魅力と課題を具体的に把握できればとおもいます。

2つのイベントを通して、とても良い出会いが沢山あり、

地元を盛り上げよう!という共通目標のもと

地元や皆様のことをもっともっと知りたいなと思いました。

今後も積極的に参加していきたいと思います。

 

〔新潟キャンプ「グローバルな学びのコミュニティ・留学フェローシップ」〕

日時 平成30年12月27日(木曜日)~12月29日(土曜日)

会場 日本大学 八海山セミナーハウス

主催 NPO法人グローバルな学びのコミュニティ・留学フェローシップ

http://ryu-fellow.org/

共催 一般社団法人 愛・南魚沼みらい塾

後援 南魚沼市教育委員会

 

〔フラー株式会社冬季インターシップ合宿

「冬期インターンシップ2018 〜南魚沼 冬の陣〜」〕

日時 平成30年12月25日(木曜日)~12月31日(土曜日)

参加者 エンジニア・デザイナー・マーケターを希望する高専 4年生以上〜、大学 3年生以上〜

主催 フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基)

共催 一般社団法人 愛・南魚沼みらい塾

 

ちょっと長くなってしまいましたが

最後まで読んで頂き有難うございました!

それではまた来月!

 

 

記:山本 ひかり

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.