この時期だから仕込むもの

 

「ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

冬も深まり、降り積もった雪もだんだんと高くなってきました。

後一ヶ月もすれば農作業も少しずつ始まってくるので、

今はゆっくりと春からの計画を考えています。

 

さて、この冬のど真ん中に、手作り味噌の仕込みをしました!

南魚沼では雪がもたらす安定した温度と湿度のおかげで、

昔から発酵食品が発達してきました。

今回は日々使う食材である味噌を作りました!

 

味噌作りは、もう数年以上前から毎年やっていまして、

去年仕込んだものはこんな感じで今使っております。

 


 

手づくりの思い出もあって、

そのままお酒と一緒につまんでもおいしいです!(笑)

 


 

今年もいっぱい仕込むぞーということで、

出来上がりを12kgの想定で仕込みをしました!

まずは前日から大豆を一晩水に浸しまして、

半日くらいかけてゆっくりと煮詰めていきます。

 


 

その間に、塩と米麹を準備します。

米麹は、地元の木津麹屋さんの直送!

木の箱に入ったまま持ってきていただきました!

 



 

なんでもこれは大工さんに特注で作ってもらうそうです。

麹菌の様子、伝わるでしょうか?

 


 

この米麹を塩と混ぜて塩切り麹を作っておきます。

 


 

そして、大豆が簡単に手でつぶせるくらいの

柔らかさになったらこいつの登場です!

 



 

そう、ミンサーです!これで大豆をミンチしていきます。

 


 

これが無いときは、すり鉢やマッシャーなどを使って

手でつぶしていたのでとっても大変でしたが

今はこの機械がないとだめです!(笑)

このミンチしたものをさっきの塩切り麹とよ~くまぜ、

最後にボール型にしていきます。

 


 

そして、味噌樽にエイヤーと空気が入らないように投げて詰めていきます。

手でぎゅうぎゅうに押し詰めるのがポイントです。

味噌の発酵は嫌気状態でよく進むのでしっかりと詰めていきます。

そして、表面をラップで多い、落し蓋と重石をのせたら完成です!

 


 

あとは、10か月くらい冷暗所で保存して11月くらいには出来上がりです!

今から楽しみです!

 

 

★ひらくの里ファーム株式会社

ホームページ https://www.hirakunosatofarm.com

フェイスブック https://www.facebook.com/hirakunosatofarm

 

記:青木 拓也

カテゴリー: おばあちゃんの知恵袋, 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

この時期だから仕込むもの への1件のフィードバック

  1. 星 紀子 のコメント:

    Facebookで味噌づくりの記事を読みました。六日町在住です。以前から私も味噌づくりに興味がありました。地元でこんなに頑張っている若者がいるのを知って嬉しくなりました。
    もっとアピールして南魚沼を盛り上げて行って下さい!
    今度の名無しのマルシェの情報も分かって良かったです。いつも気付いてら終わってた、ことが多くて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.