お店の名前の由来って?お菓子工房ヴィシー

こんにちは、原 恵子です。
立春も過ぎ、暦の上ではもう春…でも、
暖冬とは言ってもまだまだ寒い日が続いていますね。

2月といえば、バレンタインデー💕。
お菓子好き、とくにチョコ好きな私は、
毎年自分自身のためにチョコレートを買っています^_^。
今回は、六日町駅裏の「お菓子工房 ヴィシー」さんをご紹介したいと思います。

ヴィシーさんは私の住んでいるアパートから徒歩7〜8分くらい。
外観がピンクの可愛らしいお菓子屋さんです。


入口手前の石畳にはハートやスペードの可愛らしい鉄板が。


お店の中は可愛らしい、でも落ち着いた雰囲気。
ショーケースにはおいしそうなケーキ、
そしておいしそうな焼き菓子がたくさん。


子どもたちが好きそうなディズニーのキャラクターのクッキーも。
一緒に行った会社の同僚も、子どもさんのいるお客様によくあげて喜ばれているんだ、と。


アップルパイがおすすめで、1日の販売数も限られているとのこと。
ヴィシーさんのアップルパイの特徴は、
いわゆる切り分けのタイプではなく、1つひとつを焼き上げているという点と、
厚みのあるバター風味が効いたクロワッサンの様なサクサク生地なのだそうです。


可愛らしいバースデーケーキもこんなにたくさんの種類が。


冒頭にチョコレートの話を書きましたが、今年のバレンタインデーは、
「ルビーチョコレート」が注目されているのだそうです。
ルビーカカオという特別なカカオ豆を使っているとのこと。
可愛らしく華やかな感じがしますね^_^。


店内にはカフェスペースもあり、せっかくなので、ケーキを頂くことにしました。


私が頂いたのは、ルビーチョコチップのシフォンケーキとカプチーノ。


同僚が頂いたのは、おいものシフォンケーキとチョコチーノ。


なんとおまけでトリュフまで頂いてしまいました✨


ヴィシーさんの代表の高井先生からお聞きしたところ、
クリスマスの頃、五十沢小学校で、
子どもたちのためにケーキ教室を開いていらっしゃるのだそうです。
大人気で約10年前からずっと続いているのだそうです。
参加されたお子さんたちが本当に楽しそうにしているのだとか。
私も混ぜてもらいたい^_^。

高井先生に「ヴィシー」というお店の名前の由来を聞いたところ、
フランスのヴィシーという地方からとったのだそうです。
ヴィシーは、温泉保養地として有名な地域。
以前、先生が修行のためにヴィシーを訪れた際、
六日町に雰囲気が似ているな、と感じたのだそうです。
いい温泉があり、空気が綺麗な街で、まるで「フランスの六日町」みたいだな、と。
それで、お店の名前を「ヴィシー」とされたのだそうです。
高井先生の地元に対する愛情が感じられて、あたたかな気持ちになりました。

少しの時間でしたが、リラックスさせて頂き、お店を後にしようとしたとき、
ショーケースの上に、私はあるものを見つけました!


金色の招き猫🐱。
ネコ好きの私は見逃しませんでした^_^。

六日町駅裏から徒歩約5分。
皆さん、ちょっとひと息つきたいとき、お友達や家族、
大切な人にプレゼントしたり一緒にお茶したいとき、
ぜひ「お菓子工房 ヴィシー」さんを訪れてみて下さい。
まさに「癒しの空間」です^_^。

原 恵子でした。

《お菓子工房 ヴィシー》
新潟県南魚沼市六日町2670-2
TEL 025-781-6980
Facebook お菓子工房ヴィシー

記:原 恵子

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 女子プロおすすめ:南魚沼市六日町エリア『食事処&カフェ』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.