2/24まで!やまだ織★イベントのご案内

 

こんにちは。初田敏美です。

着物が大好きな方に、素敵なイベントのご紹介です。

塩沢の『やまだ織』さんで2月20日から24日(日)まで、

コート&羽織フェアが開催されています。

着物を持っていても、上に羽織るものがないという方がいらっしゃるということで、

今回のイベントではコートや、お洒落な羽織がお手頃価格で販売されています。

私は、20日の初日にお邪魔致しました。

塩沢のコートや羽織は、とても品があり素敵です。



 

洋服にもあう、羽織の展示。


 

写真を撮るのをわすれてしまいましたが、

コートとしても、羽織としても使えるように工夫されている

羽織コートは、着物はもちろん洋服のコートとしても使えるように、

衿にこだわりがあり、多くの場面で着ることができるもので、

万能・羽織コートは素敵でしたよ。

 

また、今回は小千谷・十日町・他の産地の反物や帯、

小物も多数展示販売されています。


 

こちらは、羽織紐。小物を変えるだけでも素敵になります。


 

帯あげ


 

利休バッグ


 

コートや羽織の反物


 

塩沢の反物は見ているだけでもうっとりしてしまいます。


 

また、しおざわ牧之通りでは、4月3日まで

「ひな雪見かざり」が開催されています。

やまだ織さんのひな人形はこちら。



 

お楽しみスタンプラリーも開催されています。

 

そして、牧之通りでは3月より週末限定企画が始まります。

~~『塩沢織物きものレンタル』+『着付け』+『人力車』で街巡り

そして『南魚沼グルメ満喫』~~

なんとスペシャルコースですね。

着物は、やまだ織さんでレンタルをし、着付けしてくださいます。

そのまま人力車で素敵な街並みを散策。

最後に、美味しいランチを満喫できるコース。

 

しかもお試し価格 な・な・なんと

お一人様2,000円

※観光施設や飲食店の昼食は含まれません。

人力車のみでしたら、お一人様1,000円で街並みを散策できます。



http://bokushidori-nigiwai.com/

 

素敵なイベントが沢山開催されています。

皆様もお出かけください。

 

《お問い合わせ》

本場塩沢 やまだ織

TEL 025-782-1121

 

 

記:初田 敏美

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 女子プロ観光モデルコース パーマリンク

2/24まで!やまだ織★イベントのご案内 への5件のフィードバック

  1. 山口 英則 のコメント:

    南魚沼市女子力観光プロモーションチームの皆様、こんにちは。よろしくお願いします。南魚沼市では、酒蔵もあるそうですが、いくつぐらいありますか? 南魚沼市の日本酒も飲んでみたいですね。酒蔵開きですが、終了しましたか? 
    もし、可能でしたら教えて下さい。
    よろしくお願いします。

    • minamiuonuma のコメント:

      山口 英則 さま

      いつもご覧下さり、ありがとうございます。
      南魚沼市には現在、日本酒の蔵が3蔵、ビール醸造所が2蔵、ワイナリーが1蔵あります。
      〈日本酒〉
      髙千代酒造 http://www.takachiyo.co.jp/
      青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
      八海醸造 http://www.hakkaisan.co.jp/

      〈ビール〉
      ストレンジブルーイング http://strangebrewing.jp/
      八海山 猿倉山ビール醸造所 https://www.rydeenbeer.jp/

      〈ワイン〉
      アグリコア越後ワイナリー https://www.echigowinery.com/

      南魚沼近郊でしか取り扱っていないお酒もありますが、最近では市外でも南魚沼のお酒を扱っているお店も増えているようです。見かけましたらぜひお試しいただければと思います(*^^*)
      蔵開きは毎年春に行われているようですが、詳細や最新情報は上記公式ホームページからご確認くださいませ。

      また、3月9~10日には新潟市の朱鷺メッセで『にいがた酒の陣2019』というイベントが開催されます。
      新潟県内の様々な酒蔵が集まる毎年恒例のイベントで、南魚沼市からは日本酒を造る3蔵が参加します。
      こちらも参考になりましたら幸いです。
      http://sakenojin.jp/

      (担当:上村)

  2. 山口 英則 のコメント:

    おはようございます。よろしくお願いします。14日から「塩沢まつり」ですね。
    最近、状況が変わってきているような気がします。you tube(2018年版)の映像を見させていただきました(南魚沼市 観光PR動画 夏まつり編)が、樽神輿に男性が乗り手になってきたような気がします。なぜ、そうなってしまったのでしょうか? 私だったら、女性の方(女性チームも含む)が盛り上がるような気がします。男性が乗り手になったら、おそらく担ぎ棒が折れるのではないかと思うのですが・・・ ちなみに、あの酒樽神輿の重量ですが、男性たちが乗った状態で何キロぐらいになるのですか? 女性たちが乗り手になった状態だと6名で何キロぐらいになりますか? もし、可能でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

  3. 山口 英則 のコメント:

    同じ7月に行われる「南魚沼市兼続公まつり」についてですが、やはり、変わってきているような気がします。樽神輿についてですが、乗り手を加えなくなってしまったのは、寂しいです。私は、現在新潟県内に移住を考えているところですが、寂しい部分もあります。乗り手ですが、「復活」の可能性について 可能でしたら教えて下さい。祭り(イベントも含む)の本来のやり方ではないのは、まじめに寂しいですので、乗り手を復活してほしいと思います。よろしくお願いします。

    • minamiuonuma のコメント:

      山口 英則 さま

      いつもご覧くださり、ありがとうございます。
      コメントいただきました御神輿についてですが、メンバーの中に神輿の乗り手、担ぎ手はおりませんので、今後の方針を含め詳しいことはわかりかねます。
      お祭り初日の今日はあいにくの雨となってしまいましたが、これから続く夏のお祭り楽しみですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.