『あまさけのひみつ』皆さん、もう読みましたか♪

 

こんにちは、南魚沼出身・都内在住 瀧澤由紀です。

 

昨年末に,女子力の勝又沙智子さんがブログで紹介していた

「あまさけのひみつ」という本があります。

ひみつシリーズ 舞台は南魚沼市

娘は南魚沼市図書館で借りたことがあり、

私も面白そうだなーと興味を持っていました。

 

先日、娘が「学校の図書館で、新しい本にあったよ!」

と嬉しそうに借りてきました。

早速よんでみたらとても面白く、勉強になることばかりでした。

どんな風に面白かったか、私からも紹介させてください。

 


イラストも大事ですよね。

この、学研のマンガシリーズはどれも読みたくなる絵です。

 

お話は、主人公の男の子が夏バテになり、

お母さんが甘酒を飲ませるところから始まります。

するとみるみる元気になり、なんだこれは!と、甘酒に興味を持つように。

するとお父さんが、「友達が甘酒を研究しているから、

家族で行ってみよう!」と向かった先が南魚沼市です。





 

裏表紙にはカラーで南魚沼市が紹介されています。

小学校でも「行ったことある!」という子が何人もいたそうで、

おじいちゃんちここなの!?いいな!と皆が言ってたと誇らしげでした。



 

本編の中にも、八海醸造の方々が大勢登場します。

なんと、女子力リーダーの勝又さんも登場!!

主人公の2人とやりとりをしながら、

くすっと笑えるところも多く、説明もすんなり入ってきます。

まさに「あまさけのひみつ」を分かりやすく説明しているキャラクターを通して、

きっとご本人も魅力的な方々なんろうなー

見学にも行ってみたいと素直に思いました!






 

また、ページの端にはあまさけや南魚沼にまつわること、

小学生アンケートなどの小話つきです。

これがまた面白くて、私は本編を読破したあとに

小話だけを再度読んでしまいました。



 

八海醸造監修ということで、商品にかける想いや製造の大変さ、

そしてあまさけがもつパワーの凄さや南魚沼のことなど…

物凄い情報量をぎゅっと詰め込んであるのに、一冊読み返した娘は

「これやっぱり面白いよね。」と全く疲れていませんでした。

今まで読んだ同シリーズの中で一番気に入ったようです。

 

先日、流行のインフルエンザにかかった娘たちは

「こういうとき、あまさけが効くかなー」

「あまさけなら飲めるかも」というので、

まさに本の影響!と急いで買いに走りました。

 

また、本編の中で主人公たちが、

あまさけをほかの飲み物で割って飲んでいるシーンがありました。

レシピも紹介されていたので、実際に試してみました。




 

八海醸造のHPでは、こんなにたくさんのレシピが見られます。

http://www.hakkaisan.co.jp/sake/drinkrecipe

私はトマトジュース割りが好きで、子供たちは甘酒ラテを気に入っていました♪

 

この本がきっかけで、あまさけや南魚沼市に興味をもつ人が

さらに増えるだろうと思っています。

私も勉強になり、繰り返し読みたい一冊になりました。

今回もおつきあい、ありがとうございました!

 

※こちらの本は一般の書店では販売されず、

全国の小学校と公立の図書館に配本されています。

下記リンク先でも全編読むことができます(^^)

☆学研 まんがひみつ文庫『あまさけのひみつ』

https://kids.gakken.co.jp/himitsu/139/

 

 

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.