いってきました!「岩原まつえんどん」

 

こんにちは~高野友香です。

前回、オープン情報をお送りいたしました「岩原まつえんどん」

いってきましたよ~

前回のブログはこちら → ぽちっと。

 


 


 


 

こちらは、窓際のお席

 

とっても広々の店内は、独特の雰囲気でいかようにも使えそうです。

広々店内の方を撮り忘れました。

 

さて、一番人気は、鶏ハンバーグサンドとのことですが

私は、大豆ミートのチリコンカンサンドにしました。

 


 

さて、きましたよ~

スープと野菜フライ付のセットです。

 


 

この野菜フライがあなどれない!

めちゃサクサクで、是非召し上がっていただきたい!

今日はじゃがいもと蓮根でした。

 


 

そしてこちらの野菜スープも野菜がゴロゴロ入っていて、野菜の旨みがたっぷりで、セットのスープとは思えません。

 

もちろん、玄米ベーグルももっちもちの食感がたまりません。

大豆ミートのチリコンカンもお肉と間違ってしまうほどです^^

 


 

足りなかったらどうしようと、玄米おにぎりまで頼んでました。笑

まつえんどんさんは、白米も玄米もとにかくお米が美味しい!

今日は塩玄米おにぎりでしたが、これは、美味しい玄米でないとなかなか出せない逸品でしたよ!こちらも、もっちもち。

 


 

お水はフリー

 


 


 

鈴木コーヒーさんの「まつえんどんオリジナルブレンド」の美味しいプレスコーヒーもありますよ。二人で丁度いい量なので、4分待つのも楽しいです。

 

そして、今日の目的はこれもありました!

 


 

スペルト小麦のパンです。

これだけの量、スペルト小麦だけのパン売り場は初めて見ました。

 


 


 


 

スペルト小麦ってご存知ですか?

スペルト小麦は、パン小麦(普通小麦)の原種にあたる古代穀物で、イタリアではFarro(ファッロ)、ドイツではDinkel(ディンケル)、スイスではSpelz(スペルツ)と呼んでいます。

最近の研究によってスペルト小麦は、9,000年以上前にヨーロッパで栽培されていたことが証明されたそうです。

古代小麦は強健な植物で、極端な天候異変及び土壌条件に対処することができ、その穀粒厚い皮殻は、汚染物質や昆虫から内部の穀粒を守ります。又、古代穀物であるがゆえに化学肥料、除草剤、殺虫剤や農薬を殆ど用いることなく栽培することが可能なので、遺伝子操作はもとより、人工的な品種改良が殆ど行われていないそうです。

また、普通小麦とは対照的に、スペルト小麦に含まれている栄養的に重要な物質は穀物の内部で見つかるのだそうです。ですので、全粒粉でなくとも栄養たっぷりということですね。

なんだかまだまだいいところ沢山あるであろう、スペルト小麦を使ったパン。

なかなか珍しいと思います。

 

たくさんは作れないそうなので、見かけたら是非。

もうですね、香りが良くて良くて。

そして、噛めば噛むほど味も香りも更にでてきて、最高に美味しかったですよ。

そして、家でトーストで焼いたら更に良かった!

好みもありますが、私は全粒粉100%のものがおすすめですね☆

 

岩原まつえんどん

〒949-6103 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽252−2ピステ湯沢2F

TEL 025-787-1538

定休日 木曜日

営業時間8時~17時(金土のみ18時~22時も営業)

 

記:高野友香

カテゴリー: ニュース, 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ, 女子プロおすすめ:南魚沼の『食事処&カフェ』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.