市場見学!

 

「ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

日に日に雪も解けてきて、一気に春らしくなってきました!

今年は雪の少なかった去年よりさらに少ないような気がします。

除雪は楽でいいですが、山に雪解け水が十分に確保されるのか心配なところです。

 

さて、先日のことですが、

新しくできた豊洲市場に視察に行ってきたので

その様子をちょっとご紹介したいと思います。

 

いろいろと、ニュースで取り上げられて話題になっていましたが、

今では少し落ち着き、一般の観光客も徐々に増えているみたいです。

今回は、仲卸業者の東京促成青果株式会社の大竹社長から、

関係者だけしか入れないところも隅々とご案内頂きました。

 



 

新しいだけあって、豊洲市場はとてもきれいです。

豊洲市場は、主に水産と青果を扱っています。

見学者用にきちんとコースも作られていて、

水産の棟などは上からその様子が見学できます。

 



 

途中にこんな写真スポットも(笑)

 


 

こちらは青果のせりがおこなわれる場所です。

 


 

ちなみにまぐろのせりは5時45分から行われるらしく、

しかも抽選制らしいです

 

また、各パレットにはバーコードがついており、

取引をスムーズに行うことができるそうです。

 


 

中央にはパレットごと格納できる巨大な保冷庫があり、

これで農産物の鮮度を維持することができます。

 


 

そして、卸売業者→仲卸業者→小売業者と農産物がやり取りされていきます。

 





 

最近では、直売所やネット販売がブームになってきてますが、

最近の宅配業界の運賃値上がり問題から、

市場流通も見直されてきつつあるみたいです。

農産物の安定供給、という面を考えると

市場の機能はとても優れたものであり、

今後は市場と、直売、掛け合わせて

いろいろなニーズに対応していくことが大切だということでした。

 

★ひらくの里ファーム株式会社

ホームページ https://www.hirakunosatofarm.com

フェイスブック https://www.facebook.com/hirakunosatofarm

 

 

記:青木 拓也

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.