夏はやっぱり生ビール祭!地ビールも楽しめます♪

女子力観光プロモーションチームブログをご覧の皆さま
おはようございます!
南魚沼雲海部部長 若井 勝也です!


雲海は一旦の落ち着きを見せています。日々暑い日が続きますね!


寒暖差が少ない為、今の発生源は梅雨のジメジメでしょうか。
最近では、30度を超える気温の日もあります。
いよいよ夏本番です。

そんな中、私が勤めております温泉宿にて、
六日町の歴史ある夏の風物詩を催しました。

ほてる木の芽坂プレゼンツ
🍻第48回生ビール祭🍻 です!


昭和48年の第1回開催から今年で第48回目となりました。
当時、上の原で行われていた菖蒲祭りの帰り道、
飲む場所が無くビアホールを解放したのが始まりでした!


昭和・平成・令和と続く、とても伝統のある夏の恒例行事。
それが生ビール祭です!

そして、そんな歴史ある行事を、
末永く楽しんで頂く為にはどうしたらいいか。
そんなことを考えた結果、第46回より
多くの銘柄を楽しむことの出来るビール祭へと、マイナーチェンジ致しました。


今年は、マイナーチェンジ後の3回目。
国内大手 3社
地元ブルワリー 3社
県内ブルワリー 2社
計8社28銘柄 を取り揃え、
会場内で飲み放題浴び放題と相成りました!

🍺アサヒビール

🍺妙高高原ビール(妙高市)

🍺沼垂ビール(新潟市)

🍺キリンビール

🍺ライディーンビール(八海醸造)

🍺ストレンジブルーイング(南魚沼市黒土)

🍺サッポロビール

🍺妻有ビール(十日町市)

3日間、それぞれのブルワリーの方と、
楽しくビールを学びながら、28種類を飲むことが出来るなんて……
自分が参加したいくらいです(笑)
そんな意気込みで、毎年より良くなっていくよう
企画・運営をしております。


ビール以外にも、ライブイベントや大抽選会、
ビールに合いそうな美味しい料理など、様々ご用意しております。


地元企業様をはじめ、沢山の御協力や御協賛を頂き、
3日間の動員も500名様を突破!
年々お客様が増えております。ありがとうございます。


3日間で600㍑のビールが出ました……
最早、南魚沼は日本酒文化だけではありません。
着実に酒豪地域となっています(笑)


ということで、今回はちょっと内輪の話になってしまいましたが、
この他にも南魚沼地域では沢山の生ビール祭がございます。
行き比べてみて、それぞれの楽しみ方で
夏の風物詩を味わってみてはいかがでしょうか?

今から来年の開催が楽しみで仕方ありません!
美味しいビールでこれからの暑い夏を乗り切りましょう!


そうそう、生ビール祭最終日7/7(7/6深夜)の夜空がとても綺麗で、
天の川を久しぶりに愛でることが出来ました☺️
もちろん片手には缶ビールです(笑)

記:若井 勝也

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.