お子様連れで楽しむ「湯沢高原」

 

こんにちは。酒井 晴香です。

 

9月初旬、南魚沼の田んぼは一面、黄金色と化しました。

まさに実りの秋です。

 

こっちを見ても、あっちを見ても、一面が黄金色。

お天気の良い日にはキラキラ輝くようにさえ見え、

いい景色だなぁ~と、日々感じながら過ごしています。

 

9月中旬にもなると「コンバイン(稲刈り機)」のお目見えです!

(コンバインや稲刈りについては、先日の青木拓也さんのブログをご覧ください☆)

稲刈りスタート!

 

キレイに刈り取られた田んぼを見ると、ちょっと寂しくなりますが、

今は新米が頂けることを心待ちにしています(*^^*)

 

このところの南魚沼の気候は、

時に夏に戻ったのかと思うような暑い日も挟みながらも

おおむね秋となり、気温も過ごしやすく、

屋外での観光をより楽しめる季節となりました。

 

そこで、子どもと一緒に遊べる観光施設として、

南魚沼市のお隣「湯沢高原」をご紹介したいと思います。

 

「湯沢高原」といえば、上村さんも先日ブログに書いていましたね。

湯沢高原オータムフェスティバル2019

今回はまた違った視点でご紹介できたらと思っております♪

 

「湯沢高原」は越後湯沢駅から徒歩で約10分、

お車の場合は関越自動車道・湯沢ICより5分ほどで到着します。

 

雪のない時期は、ロープウェイステーション建物の裏、

ゲレンデが駐車場となっています。

 


 

ゲレンデ(駐車場)と隣接している「ロープウェイステーション」

と書かれた青いゲートが入口です。

 

入口から入ると左手方向にチケット販売ブースがありますので、

そちらで乗車チケットを購入します。

 


 

改札そばの大きなパネルは、湯沢町の「GALA」「湯沢高原」、

南魚沼市の「石打丸山」スキー場がリフト・ロープウェイなどで

つながっていることを表しています。

 


 

そしていよいよ、ロープウェイに乗車です。

湯沢高原では2つのロープウェイがあり、

赤の「アルペンフローラ号」と青の「ホワイトシュプール号」が運行しています。

 


 

約7分の乗車でパノラマステーション(山頂駅)に到着。

 

降りるとすぐ、山々の緑と美しい景色に圧倒されます!

コチラの↑は湯沢町方面の景色。

 


 

こちらは南魚沼市方面の景色です。

南魚沼市の先の先まで広く望むことができます。

 

湯沢町にも南魚沼市にも、どちらにも縁のある私にとっては、

この景色を見ているだけで感慨深くなります。

 


 

いつまでも景色を見ていたいところなのですが、

この遊具を見た娘は待ってくれません(笑)

 

パノラマステーションから少し下ったところにある「ツリーキャッスル」は、

キッズにはもってこいの遊び場です。

 

左側に、緑のシートがかかったすべり台のようなものが

あるのがおわかりになりますでしょうか。

地面との高低差がかなりありますので、

もちろん今は使えそうにないのが見て取れます。

 

スタッフの方に伺ったところ、

このすべり台は、冬季に使うすべり台とのことでした!

スキー場ならではの工夫のされた遊具ですね。

 

また、写真はありませんが、すぐ近くに「ストライダー」という、

小さなランニングバイク(脚こぎ自転車)コースもあります。

 



 

周辺の山々を望みながら、少し急な傾斜を下って行きます。

道中にはマウンテンゴーカートのアクティビティーも。

写真はほんの一部ですが、更にぐんぐんと歩みを進めていくと、

ハンモックスペースとアスレチックスペース、

あやめヶ池、ふれあいやぎ牧場が見えてきます。

 




 

ここまでは下り坂でしたが、これより先は少し登り坂。

 


 

高山植物園「アルプの里」で小さな可愛らしい花を見たり。

 


 

なんとグランピング施設もありました!

 

※グランピングは事前予約制です。

詳しくは湯沢高原ホームページをご覧ください。

湯沢高原HP グランピングエリアのご紹介

 


 

遠巻きに撮影したので少しわかりにくいですが、

「こもれびテラス」という、樹木の間にイスやテーブルが設置されています。

 

他のお客様がいらしたので実際に見ることができなかったのすが、

ゆったりとした大きなイスが備えてあり、木漏れ日がキレイで

とても落ち着けそうな場所でした。

 


 

途中「ガレバハウス」にて、ジェラートをいただきました。

 


 

ジェラートだけではなく、ホットスナックなどの軽食や、

クラフトビールやソフトドリンクもあるので、

ひと休みする方も多くみられました。

 

さて、ここからは高台の「眺望の坂道」を目指します。

ただ、徒歩で行くと、長い坂道となるので…

「やまびこリフト」に乗ってらくらくと移動!

 


 

リフトに乗れるか心配…という方にも問題なく乗れるよう、

超低速で運行しています!

これには感動しました~。5歳の娘も問題なく乗れました♪

通常、リフトというと上りのみの運行ですが、

「やまびこリフト」は上下線共に乗車可能なリフトなのです!

 

園内全てを徒歩となると、かなりの移動距離になりますので、

上下線運行は広い年齢層の方に楽しんでいただけるサービスですね。

 

私は生まれも育ちもこの地域なので、冬場のリフトには慣れているのですが、

スキーを履いていないうえに、雪がない分地面が遠く感じ、

少しだけ不思議な感覚でした(笑)

 


 

リフトを降りると、すぐ横がサマーボブスレーのスタート地点です!

(写真は親子で楽しんでいる一般のお客様です。)

我が家の娘は怖いということで、今回は断念。

 

ボブスレースタート地点の先には、レストラン「エーデルワイス」があります。

 


 

メニューは和食をはじめ、カレーやお蕎麦も楽しめます。

 


 

エーデルワイス横「眺望の坂道」から見下ろす景色は、南魚沼市です!

私たちは、この坂を下ったろことにあるレストラン「アルピナ」を目指します。

 


 

キレイに整備されていて、お花がとても鮮やかです。

 


 

こちらがレストラン「アルピナ」

岩原スキー場にある「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」さんの姉妹店です。

ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ

 

私は以前にアルピナでもお仕事をしていたので、とても懐かしく思いました。

他のお客様がいらしたので店内の写真はありませんが、

大きな窓から見える山々の景色がとっても美しいのです。

 


 

美味しいイタリアンに舌つづみ(*^^*)

 


 

そのまま坂を上ると山頂駅。下山の時間です。

ロープウェイの発車時刻までは、「雲の上のテラス」にある足湯でひと休み。

娘は、湯沢町の景色を眺めながらゆっくり足湯に浸かっていました。

 

只今湯沢高原では「オータムフェスティバル」開催中(~11/10まで)です。

 

詳細は湯沢高原HPと、

先日の上村さんのブログをごらんいただけますと幸いです。

 

お米の収穫を終えると秋が深まり、しだいに紅葉の時期を迎えますね。

お子様連れでも楽しめる湯沢高原へ、足をお運びください!

 

《湯沢高原(スキー場/パノラマパーク)》

〒949-6101

新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490

お問い合わせ:025-784-3326

HP http://www.yuzawakogen.com/

 

 

記:酒井 晴香

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『温泉&足湯』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『食事処&カフェ』, 女子プロ観光モデルコース, 子育て パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.