産直市は海外の観光客にも大人気でした!

ブログをご覧の皆さんこんにちは。
南魚沼出身・埼玉在住の南雲祥代です。

11月もあっという間に過ぎようとしています。
日に日に気温が下がってきて、
だんだと季節は冬へ向かっていることを実感しますね。
朝などはそろそろ暖房がないと起きるのがツラくなってきました(笑)

2019年10月1日~12月31日まで、
ディスティネーションキャンペーン推進協議会とJRグループが連携して、
[新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン]
が開催されている関係で、JR線各駅を中心として
都内のいろいろな場所で「新潟」と書かれたポスターやアナウンスに遭遇します。
つい注目して見てしまったり聞いてしまったりしています。
https://niigata-kankou.or.jp/2019dc/concept/index.html
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14807.html

先日上野駅で開催されていた[新潟・庄内産直市]に
立ち寄ってきましたので様子をご報告します。
私が立ち寄ったのは金曜日の夕方だったので、
産直市に寄る人はもちろん、お仕事途中のビジネスマンの方や
観光客で駅構内にはたくさんの人が溢れていました。

とても目立っていたのはこちら。
最初はただ「何かシルバーのオブジェがある~」くらいにしか思っていなかった
のですが、近づいてみたら巨大なスプーン&フォークでした。
「世界最大のスプーン&フォーク」ということでギネス認定されているそうです!
普段は燕市産業資料館に展示されていて、インスタ映えするということで
人気の写真撮影スポットになっているとのことでした。
https://tsubame-kankou.jp/model_course/photo_spot/

ひと際存在感があったのはコシヒカリの量り売りです。
大崎の[株式会社ナカジマ]さんのお米です。
約140の審査項目のあるJGAPという食の安全や環境保全に取り組む
農場に与えられる認証を取得しているそうで、これを取得しているのは
魚沼エリアでもまだ数か所しかないそうです。

※JGAPについて
http://jgap.jp/index.html

近寄れないほど人が集まっていたのが日本酒コーナー。
試飲コーナーはほろ酔いで話が弾み、
立ち飲み屋さんのような雰囲気になっていました(笑)

私も自宅にお土産をと思い、佐渡のおけさ柿をGetして帰りました。
その日のうちに頂きましたが、甘くて実が柔らかく、種もないので
とっても食べやすく美味しかったです!

嬉しいな~と思ったのは、産直市に立ち寄るお客さんの中には
海外からの観光客の方もたくさんいたこと。
今回は東京観光かもしれませんが、首都圏以外にも日本は魅力的な
場所がたくさんあるので、新潟や山形に興味を持っていただく
きっかけになるといいですね。

産直市は上野駅で3日間開催されたあと、
翌々週には大宮駅構内で4日間開催されました。
きっと大宮駅でもたくさんの方が訪れてくれたことと思います!

さて、ここからは余談ですが。
先日、母が埼玉に遊びに来てくれました。
そのときに持ってきてくれたお菓子がとっても美味しかったのです!
[新之助 米粉のポルボローネ]。
http://shinnosuke.niigata.jp/shop.html
お土産屋さんで見かけたときは、
手土産はもちろん自分用におススメです(笑)

それでは、今回はこの辺で。
はちゃま(^^)

記:南雲祥代

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.