学びの時間。

 

ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

いよいよ山が白くなり、冬シーズン到来ですね!

この時期の紅葉から真っ白になる自然の移り変わりがとても綺麗で好きです。

農作業もひと段落しまして、除雪用具の点検や雪囲いも終わり、

冬越しの準備もばっちりです。

 

この秋終わりから降雪のあいだは雪国農家にとっては

ちょっと一息つける時間になります。

そんな時間を利用して若手の農家仲間と共に視察に行ってきました。

場所はお隣、山形県。

一泊二日で二つの農業法人さんへ訪問です。

 

一つ目は鶴岡市の「有限会社 米の里」さんです。

http://komenosato.com/

早くから農業法人化して規模拡大を進め、

ここ数年で一気に加速して約80haもの農地を管理しているそうです。

そのライスセンターを見学させていただきました。

 




 

自社のお米の販売のほか、周りの農家からも仕入れ販売しているようで、

取り扱いは3万俵以上になるそうです。

 

二つ目は、南陽市の「株式会社 黒沢ファーム」さんです。

http://www.kurosawa-farm.com/

お米の精米販売を積極的に取り組み、

こちらも周りの農家から仕入れて販売しているそうです。

今回は新しくできた精米工場を見学させていただきました。

 




 

農家の精米施設とは思えないほど立派でびっくりしました。

ASIAGAPの認証もとっており、とてもきれいに整備された環境でした。

 

どちらの農業法人さんも生産・販売と共に規模が大きく、

今後の自分たちの経営をどのように発展させるか、とても参考になりました。

また、こういう機会に共に学びに行ける

若手農業者が周りにいること、とても貴重だと思いました。

これからも学ぶ姿勢を忘れずに行きたいと思います。

 

 

★ひらくの里ファーム株式会社

ホームページ https://www.hirakunosatofarm.com

フェイスブック https://www.facebook.com/hirakunosatofarm

 

記:青木 拓也

カテゴリー: 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.